【ウラジオストク5泊6日のカップル旅】観光3日目の全スケジュール公開!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ロシアの極東・ウラジオストクでは5泊6日もしましたが…

ネットを見てると、みんな2泊3日~3泊4日が基本なのかな、と。旅行記ブログやツイートもそういうのが多い。

 

でも、ウラジオストクであくせく過ごさず、でも観光もグルメも楽しみたい!なら5泊6日あるとめっちゃ楽しいですよ

実際、ウラジオストクでY氏と5泊6日も何をしていたのか?その全容を公開します。

 

(といってもちょくちょく説明入れたらボリューム満点になったので、1日ごとの様子を公開しています。今回は観光3日目です。1日目まではこちら↓)

【ウラジオストク5泊6日のカップル旅】到着&観光1日目の全スケジュール公開!

【ウラジオストク5泊6日のカップル旅】観光2日目の全スケジュール公開!

日本で考えていた予定ではなく、実際のヤツ。

カップル旅の参考にもぜひぜひ。ウラジオストクで楽しめること、だいたい網羅できると思うから目を通してみて!

 

(便宜上、ウラジオストク到着日は観光0日目、次の日からは観光1日目~と表記しました)

 




観光3日目 ジョージア料理と極上カクテルに大興奮

 

ここまでけっこう食べて飲んで、とY氏の本能が求めるままにウラジオストクで過ごしました。

もちろん、美術館や博物館めぐり、かわいいカフェや遠出にも付き合ってもらいましたが。

 

この日もそんな感じでした。

 

10:00すぎ ピロシキスタンド「ピラジョージニッツァ」で買い食い

 

ウラジオストクに来て、すでにボルシチやソリャンカは何度も食べましたが…

実はピロシキはまだ食べてない!ということで…観光客にも評判の良いピロシキ専門スタンド「ピラジョージニッツァ」へ。ウラジオストク駅前にあります。

簡単な日本語メニューもありました。

 

私は千切りキャベツとにんじんが入ったピロシキ35ルーブル(約70円)にしました。

Y氏はがっつりとふっといソーセージがまるっと入ったピロシキ67ルーブル(約130円)。

 

この値段でかなりお腹いっぱいになります。

24時間営業なのが便利だし、手軽でした。おいしい!

【ウラジオストク】本格揚げピロシキをテイクアウト。「ピラジョージニッツア」

10:45 「沿海地方州立美術館」へ

 

ピロシキスタンドのはす向かいくらいにあった「沿海地方州立美術館

ガイドブックどおり10:00~かと思ったら、寒い時期は11:00~とのことで。

入り口前のイスで待たせてもらいました。ここでも韓国語のパンフレット渡された←

常設展はロマノフ王朝の歴代当主の肖像画、風景画が展示の大半。

日本人になじみのある、ロシア出身の画家シャガールカンディンスキーの絵もありましたよ。

有名な作品がばんばん飾ってあるというわけではなかったけど、混んでなくてゆったり過ごせます。

【ウラジオストク】ならではな博物館・美術館5選。潜水艦や要塞、看板猫も!

 

12:00過ぎ 「サツィヴィ」でジョージア料理を堪能

 

Y氏
疲れた…ごはん食べよう…

私としてはまだ早いけど、ここらでランチタイム。Y氏が興味津々だったジョージア料理を食べてみることにしました。

美術館のそばにあったジョージア料理店サツィヴィ」へ。

日本じゃそんなジョージア料理店ってないけど、ウラジオストクではまあ見かけます。

 

もちろんジョージアワインは外せませんが。

肉汁たっぷりの牛肉ヒンカリ、伝統的なハラチョスープ、チーズたっぷりハチャプリ

スパイシーでボリューミーなジョージア料理にお腹いっぱい。

Y氏
ジョージアにはこんなおいしいものがあるのか…

 



13:30 お昼寝

Y氏
    

 

16:00 聖母被昇天教会へ

 

いつもよりお昼寝タイムをたっぷりとったY氏とともに、

グム百貨店よりもさらに東にある「聖母被昇天教会」へ。深い緑色の屋根が美しい。

前々日に購入した青いプラトークを頭に巻いて、現地の女性と同じように心落ち着く時間を過ごしました。

たまたまミサをやってて、私たちも静かに祈りを捧げました。

こういう偶然ってなんか嬉しい。

Y氏
つまんない…

知ってる、教会とか美術とか興味ないもんね…

途中でリカーショップ「ヴィンラブ」に寄り道しつつ、グム百貨店裏に戻ってカフェでお茶することに。

 

16:45 グム裏の「カフェイン」で休憩

 

よく考えると、ホテル「マリンウェーブ」から聖母被昇天教会まで20分以上歩いたもんな…

疲れるわそりゃ…

 

ということでチェーン系カフェ「カフェイン」で休憩しました。

 

夕方のカフェ、若者でにぎわってました。店内は広々としていておしゃれ。

かわいいハートのラテアートつきカプチーノ。

せっかくコーヒーのおいしいカフェに来たのにY氏はコーラ…(笑)のどかわいてたもんね、きっと←

【ウラジオストク】オシャレなチェーン系カフェ「カフェイン」

 

18:00前 街でいちばんのバー「ムーンシャイン」へ

 

ムーンシャイン」は個人的にウラジオストクでいちばんのバーだと思ってます(笑)

 

もちろんY氏も見逃すわけがなく。

結局2時間以上は居座って、Y氏はひとりで4杯くらいカクテル注文していました(笑)

 

「こんなのがいい」って言ったら柔軟に応じてくれるし、バリスタが淹れたエスプレッソを使ったカクテル、なんて本格的なのも楽しめました。

(英語でやりとりできるスタッフさんもいます)

 

私はそんなにお酒が飲めないので、最後は紅茶。紅茶の種類も豊富で、ポットにたっぷり用意してくれました。

まさか最後に紅茶で一息つけるなんて!目からうろこすぎる。

 

一緒に来た恋人や友達がお酒飲めないから…ってあきらめてるお酒好きに朗報かも。

 

Y氏はイケメン揃いのバーテンたちの技術を食い入るように見つめてました(笑)

お酒は飲むのもつくるのも、つくっている姿を見るのも大好きなY氏。

ムーンシャインでの時間は、ウラジオストクで心に残る思い出になったようです。

【ウラジオストク】人気のバー「ムーンシャイン」は、紅茶やコーヒーも本格派だった

 




21:00過ぎ 就寝

 

「ムーンシャイン」で美味しいカクテルを心ゆくまで堪能したY氏は、ホテルに戻ると速攻で就寝。

そうそう、旅はまだ続くからね。

 

ウラジオストク観光3日目を終えて

ジョージア料理をお腹いっぱい食べ、街いちばんのバーでカクテルを堪能し…

Y氏にとってはかなり大満足の一日だったよう。この日も結構歩いたので、お疲れだったようですが。

 

本格的な観光はこの日でおしまいでしたが、まだ心に残る体験やおみやげ調達、ショッピングが待っています。

観光4日目もぜひお読み下され。

 

ウラジオストク、観光やグルメ、ちょっとした観光のヒントまでこのガイドブックが網羅していました↓
はじめてのウラジオストク旅行には必須アイテム!

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です