【ウラジオストク5泊6日のカップル旅】到着&観光1日目の全スケジュール公開!

スポンサーリンク
ウラジオストク(ロシア)

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ロシアの極東・ウラジオストクでは5泊6日もしましたが…

ネットを見てると、みんな2泊3日~3泊4日が基本なのかな、と。旅行記ブログやツイートもそういうのが多いから。

 

でも、ウラジオストクであくせく過ごさず、でも観光もグルメも楽しみたい!なら5泊6日あるとめっちゃ楽しいですよ!

実際、ウラジオストクで5泊6日も何をしていたのか?その全容を公開します。

 

といってもちょくちょく説明入れたらボリューム満点になったので、

1日ごとに公開しますね。2泊3日の滞在なら、この記事だけでも参考になるはずです。

(ってくらい、初日はウラジオストク中心部の見どころをまんべんなく網羅できていて、望ましいスケジュールだったのではないでしょうか)

 

カップル旅の参考にもぜひぜひ。4泊5日以下の旅の計画でも、ウラジオストクで楽しめること、だいたい網羅できると思うから目を通してみて!

 

(便宜上、ウラジオストク到着日は観光0日目、次の日からは観光1日目~と表記しました)

 




スポンサーリンク

観光0日目 ウラジオストク到着は夜

 

夕方に到着するも、空港の外は少し明るい。だって4月だもの。

 

17:30ごろ ウラジオストク到着

 

成田空港を14:00ごろに出発し、到着は17:30ごろでした。

(ウラジオストクは+1の時差あり)

 

飛行機はガラガラ。入国審査や荷物の受取も滞りなく終了し、バスで中心部へ向かいます。

この旅、最初のミッションは空港から中心部へのバス移動。不安だったけど、空港出口の目の前がバス停だったから迷わず乗車できました。

 

Y氏
バス古くてこわかった…

空港からのバスの乗り方や金額等は↓で解説

(タクシーもいいけど、やはり安さにはかなわん)

【ウラジオストク】空港‐ホテル間の交通手段。バスとタクシーを試してみた
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクの空港に到着し、 入国審査や預け入れ荷物の回収を無事に終え… ウラジオストク観光の前に、最初に立ちはだかる...

 

19:00すぎ ホテル「マリンウェーブ」到着

 

(次の日の昼に撮ったから明るいけど、この場所です)

 

バス停セラヤ・ロシャジ前で下車。終点のひとつ前(終点はウラジオストク駅)。

夕方、バスで中心部に到着するまでは1時間強でした。

 

ホテル「マリンウェーブ」に到着したのは19:00ごろ。

サクっとチェックインを済ませ(られず、スタッフさんがパスポートのコピーを取りはじめるも、私のやつはスタンプが多すぎて時間がかかった)。

 

20::00すぎ 最初の晩さんは「ポルトフランコ」

 

ウラジオストクでの最初の晩さんは「ポルトフランコ」で。ガイドブックにも載るレストランにて、Y氏ははじめてのボルシチでした。私はジョージアワインとソリャンカを堪能。

(カニは高かった)

Y氏がごくごくとジョージアワインを飲み干します。↓

【ウラジオストク】最初の晩餐は老舗レストラン「ポルトフランコ」で
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストク滞在1日目、夕方に日本から到着し、ぶじホテルへのチェックインを終え… 最初の晩餐に選んだお店は「ポルトフランコ」...

 

21:30 ホテルで晩酌を始めたY氏

Y氏
もっと飲みたい

ウラジオストクでは、法律で22:00以降はお酒をスーパー等で買えないことになってます。

(飲食店は除く)

ジョージアワインだけじゃ物足りなかったY氏。

買えなくなる前に、急ぎ足でホテル近くのスーパーでビールとおつまみを調達。

棚にあったビールの中でいちばん度数が高かった^^

 

ロシアといえばなアリョンカチョコ、カニのチップスもあわせて。

ウラジオストクのお酒事情、スーパーで買うお酒のこと↓

【ウラジオストク】お酒を買うならどこで買う。+ウラジオお酒事情、おすすめおつまみ
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 私、ウラジオストクにいたときは毎日お酒を飲んでいました。 (ヨーロッパひとり旅ではまずありえなかった) ...

 

23:00 就寝

 

Y氏が心ゆくまでアルコール摂取できたので…

明日からのウラジオストク観光にそなえて就寝。

Y氏
   

 



観光1日目 2泊3日旅にもよさそうな、ウラジオストクの魅力を凝縮した1日

 

Y氏よりも早く起きてシャワーと身だしなみを整え、

7:30くらいから数回に分けてY氏を起こす。

ホテルを出たのは結局9:00前。

 

9:00 朝からやってるイタメシ店「PIZZORIO」で朝ごはん

 

朝ごはんを求めて20分くらいさまよい、入ったのはピザのおいしそうなお店でした(笑)

スープメニューも充実していたので、朝ごはんにチキンのスープを。胃にやさしかった^^

 

ええ、Y氏は朝からビール。

かぼちゃのポタージュ、ハムとチーズのホットサンドをしっかり食べ、黒ビールをぐびぐびいってました。

Y氏
美味しいお酒はいつ飲んでもいいの!

 

10:00過ぎ 「サミット銀行」で両替

 

昨日のバス代と宿泊費と夜ご飯代くらいしか両替してこなかったため、両替。

ガイドブックに、日曜もやってる両替所として載ってた「サミット銀行」へ。

 

日本の空港で両替していくよりもレートが驚くほどよかったです。

スタッフさんの手際もよく、ぼったくりの心配もありません↓

【ウラジオストク】日本円→ルーブルに両替。サミット銀行がダンゼンお得!!
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 海外旅行のとき、現地通貨はどうやって手に入れてますか? クレジット(デビット)カードを使ってATMから現地通貨を引き出...

やっぱり実際のレートって気になるよね。日本で両替していくほうがレート良かったらショックだもん。

 

10:30前 教会での必須アイテム「プラトーク」を購入

 

ウラジオストクで現地の人に混ざって教会で過ごすには、女性は「プラトーク(=スカーフ)」が必須。

ロシア正教では、女性はプラトークをまいて髪の毛を隠してミサに参加するのが基本。

 

プラトークデビューに備えて、100%シルクのかわいいプラトークを買いました。

専門店だから品質も心配なしです。

【ウラジオストク】現地の人に交じって教会のミサへ。「プラトーク」デビューしたよ
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクというか、東ヨーロッパの国をめぐるときに楽しみにしてること。 それは、現地の人に交じって教会で祈りを捧げ...

 

11:00前 Y氏、トイレに駆け込む&窓のない観覧車

 

Y氏
トイレ!もう我慢できない!むり!むり!

両替も済み、プラトークを手に入れたところで、いざ観光!と思ったら

予期せぬトイレタイム、よくあることなのでもう慣れました。

でも、トイレを借りれそうなカフェやコンビニのようなものもない…ホテルに戻るまでにタイム・オーバーなパターン。

そのかわり見つけたのは遊園地。さすがにあるやろトイレ、とY氏は駆け込みました。

でも25ルーブルかかった。トイレにお金を払うという経験にあっけにとられていたY氏でした。

 

ちなみに、遊園地の観覧車には窓がなかったです。(笑)↓

【ウラジオストク】レトロな遊園地の観覧車には窓がなかった+ちょっぴりトイレ事情
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクを街歩き中、高台にある要塞博物館を目指していたら急に と予期せぬトイレタイムが発動(Y氏あるある...

 

11:00過ぎ 要塞博物館へ

 

予期せぬトイレタイムを乗り切ったあとは、遊園地のそば、高台にある要塞博物館へ。

かつて要塞だった場所を博物館にするという。戦車や魚雷、キャタピラ的なものがそのまま置いてありました。迫力

ミリタリーファンなら一眼レフを手にワクワクすること請け合い。

 

12:00過ぎ かわいいレストラン「サヴォイ フェーテ」でランチ

 

噴水通りのレストラン「サヴォイ フェーテ」は内装がおしゃれでした。

ここでも昨日のディナーと同じくY氏はボルシチ、私は肉入りソリャンカを。あとサーモンのサラダをシェアしました。

Y氏は楽しみにしていたウォッカも。ロシアといえばウォッカ、でしょう。

Y氏
お腹いっぱいになった
【ウラジオストク】噴水通りのかわいいロシア料理店「サヴォイ フェーテ」
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 まだまだ、ウラジオストクで立ち寄ったレストラン紹介は続きます。 ウラジオストクで最もにぎわう通りのひとつ、噴水通り。たくさんの...



 

13:30 さっそくプラトークをデビュー

 

先ほど買った青いプラトークを、さっそく身に着けて教会へ行きました。

ディナモ・スタジアムすぐそばの聖イゴール教会。真っ白な内装に金ぴかのイコンがいっぱい飾ってありました。

 

のんびりしようかと思ったけど、Y氏があまりにも寝そうなので10分少々しかいられなかった。

 

14:00~ お昼寝タイム

 

Y氏
   

16:00前 グム百貨店裏を散策

 

Y氏を起こしてグム百貨店裏へ。街いちばんのおしゃれスポットを散策しました。

 

シャリク マロージュナヴァ」のフレッシュな牛乳アイスクリームを食べ、

(いちごの果肉がつぶつぶ、あまくておいしい)

品ぞろえのよいスーパーでお土産になりそうなものを物色しました。

 

17:00 C56潜水艦博物館

途中、ニコライ二世の凱旋門(思った以上に小さい)、アンドレイ教会(工事中だからか入れなかった)を外観だけ見てから、潜水艦博物館を見学。

 

潜水艦の中はソビエト時代までの軍港都市としての役割をしっかり伝える展示。

配管むき出し、天井から吊り下げた簡易ベッドなどもそのままです。ほえ

天井に頭ぶつけそうになりながら見学。

 

18:00 フードコートで手づくりハンバーガー、腹ごしらえ

 

夜の酒盛りにそなえて、グム裏の東側にあるモールへ。

5・6階の「マーリーグム・フードコート」。

 

手づくりのハンバーガー店で腹ごしらえしました。

肉汁どっぷり、チーズもとろり。チキンがジューシーでうまかった。手袋をつけてかぶりつく。

 

同じフードコートには中華や韓国料理、カフェやスムージーなど種類がいっぱい。

とくに食べたいものが思い浮かばないときや、グループで食べたいものの意見が合わなかったときにもよさげ。

 

19:00 ワインセラー併設レストラン「ニビーニー・ラーダスチ」

 

腹ごしらえを終え、またグム裏へ戻ります。

というのも、セラー併設レストラン「ニビーニー・ラーダスチ」で美味しいロシアワインを心ゆくまで堪能するためです。

 

セラーのスタッフさん(英語可)と選んだロシア産の白ワイン。

もう酔っぱらってどんなワインだったか説明覚えてないんだけど(おい)、ロシア産うめえや!ごくごく飲みました。デザートやおつまみもなかなかのものでしたよ。Y氏もご満悦です。

Y氏
ロシアのワイン飲んでみたかったんだ~♡

 

【ウラジオストク】ワインにこだわる人へおすすめのセラー併設レストラン「ニビーニー・ラーダスチ」
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 日本のワインショップでは、ロシア産のワインなんてそう見かけないですよね。少なくとも私はそうです。 でも、2時間...

 

21:00 スーパーに駆け込んでウォッカを手に入れるも

 

ジョージアワイン1本をほぼひとりで飲み干しても、まだまだ飲み足りないY氏。

ホテル近くのスーパーに駆け込みました。22:00になる前に間に合いました!

 

昨日はビールだったけど、今日はロシアといえばなウォッカをまるっと1本購入。

スーパーのフレンドリーなおじさん店主がすすめてくれたウォッカです。

 

でもホテルの部屋に冷蔵庫、製氷機があるはずもなく。

(そりゃ日本のホテルじゃないからね)

 

飲む直前までホテルの窓際で夜風にあてるも、あまり冷えず…

Y氏
冷蔵庫ほしかった…

少しだけ飲んで就寝しました。滞在中にちみちみ飲んでいくことにします。

ウラジオストク観光1日目までを振り返って

 

入国や中心部へのバス移動、ホテルのチェックインは特にトラブルもなく。

美味しいジョージアワインでいいスタートを切り、ウラジオストク中心部をじっくりと観光できました。

2泊3日の旅だったとしたら、見どころをまんべんなく網羅できていて、望ましいスケジュールだったのではないでしょうか。まだまだ旅は続くけどね。

博物館に行ったり、海辺を歩いたり、ボルシチを食べたり、流行りのスポットを散策したりして。ロシアワインでシメるのは心惜しくて、ウォッカで晩酌して一日を終える。

お酒ばかり飲んでますが(笑)

(Y氏の突然のトイレタイムとお昼寝にはもう慣れましたよもう)

 

2日目以降もたくさん観光して、食べて、飲んで、楽しい時間を過ごします。

ウラジオストクでの過ごし方のヒントにもなるかと思うので、2日目以降の報告にもお付き合いいただけると幸いです。

 

(ウラジオストク旅からもう半年…記憶が新しいうちにざっくりでも1日をどうやって過ごしたか、記事にしとくべきだった…細かいところまで書けなかった…)

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました