【ハンガリー】寒くてこごえた、雨のゲデレー宮殿。行き方・見学ポイントを紹介

スポンサーリンク
ハンガリー

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

きらめきのブダペストを離れて、北東30キロのところにあるゲデレー(Gödöllő)宮殿

ブダペストを愛したシシィことエリーザベト女王が、しばし滞在していたことで有名な「ハプスブルク家ゆかりのスポット」です。

雨のゲデレー宮殿は、とても寒くてお散歩どころじゃなかったけど

 

郊外にあるし、地下鉄だけじゃ行けないので…
ブダペスト中心部からゲデレー宮殿への行き方と、ちょっぴり様子も紹介します。

天気が良かったら、シシィも愛したお庭をお散歩してもよかったんだろうけどな…

 




 

 

スポンサーリンク

「ゲデレー宮殿」地下鉄と電車でアクセスする方法

 

 

ブダペスト中心部から、ゲデレー宮殿に行くには?

地下鉄と電車でアクセスする方法を紹介します。

 

まずは地下鉄2号線の終点、Ors vezer tere駅までアクセスします。

私は、デ・アーク・フェレンツ広場すぐそばのAstoria駅から地下鉄に乗りました。

 

 

地下から地上へ出て、次はブダペスト郊外列車HEV(ヘーヴ)8番線に乗ります。

チケットを買う場合は、出てすぐのところにある丸い建物へ。めっちゃ天気悪いけど。

自動券売機も窓口もあります。券売機が故障していました…(笑)

郊外へ出るので、ブダペスト中心部の地下鉄やバスで使えるシングルチケット1枚だけでは乗車できません。

シングルチケットに加えて追加チケット(片道370フォリント)がかかります。

個人的には、ここでチケットを買うよりも、地下鉄分のチケットを持ってそのまま乗り、車内で追加料金分を買うほうが便利かと。

チケットを見せれば、いくら必要か教えてくれるはず。ブダペスト市内交通の乗り放題チケットも同様です。

 

 

ちなみにチケット売り場のすぐそばには、大きなショッピングモールや小さな市場が。

昼は1時間に1~2本しか電車が来ないようなので、来るまでモールの中をふらふら散策して過ごしました。

哀愁漂うブリキのぞうさんとか。

 

【ハンガリー】ブダペスト郊外の哀愁漂うショッピングモールをふらふら
ブダペスト郊外にある「Sugar」というショッピングモールへ。レトロで哀愁漂う子どもの乗り物、のんびりとした地元の雰囲気に浸ってきました。

 

ちなみに、HEVの電車に改札はありません!よって、チケットは持ったまま車内へ。

乗り間違えのないよう、電光掲示板でホームをしっかり確認してから。

 

 

ゲデレー宮殿へ向かう車内の雰囲気はこんな感じです。見ての通り暗いです。
電気はPM3時過ぎたくらいからぷつぷつつき始めます。

超寒かったのに、あんまり暖房もきいてなかったような…。

 

 

ちなみに、宮殿の最寄り駅・ゲデレー駅はこんな感じ。17駅ぶん、約40分電車に揺られ、ここで降ります。

小さな駅でした。交通量がとても多いです。目印になるようなものや、わかりやすい車内アナウンスはなし。

シシィゆかりの地となれば、訪れる観光客も多いだろうに…

 

 

駅のはす向かいにある建物が、ゲデレー宮殿です。
駅チカすぎでしょ。

横断歩道を渡ればすぐ、入り口へ。

うっそうと木々に隠れていて、全体は見えないんだけどね。

 

入り口には、ゲデレー宮殿のインフォメーション看板が。数か国の言葉で。

ただ字がちいさくて読めないよー。いちおう10:00~18:00が開館時間ですが、11月~3月末までは時間短縮されます。

しかしこんなの読んでられん。電車を降りてから、雨に打たれてるんだもん。中心部は降ってなかったのに…
走って駆け抜けました。

 

 

遊歩道をまっすぐ走ると、ゲデレー宮殿の正面入り口へ。
これがシシィも愛した宮殿…!

淡いピンクの壁、装飾がなんともロマンチックです。

でも、じっくり見る余裕もなく、宮殿の中へ…(雨が冷たすぎて…)

 

 

ちなみに、ゲデレー宮殿は撮影禁止です(チケットを確認した後~)。
撮影できたエントランス部分から。とっても広いわけではないんだけど。

1階は天井、あまり高くなかったですね。
この気取らなさがシシィも気に入ったのかしら??

18世紀半ばに建てられた宮殿ですが、しっかり修復も済んでいる様子です。

 

 

雨で出られなかったお庭の様子。

とにかくお庭は広くて、春になると花いっぱいになるようですが…これじゃなんもわかんないですね。

 

宮殿内の見学を終えてからもしっかり雨が降っていたので、散策せずに帰りました。

ここでシシィも乗馬とかしていたのかな…

 

とりあえず、撮影禁止エリア(宮殿2階)の様子や覚えていることを、メモ代わりに箇条書きで書いておきます。

 




 

  • 扉が重い
  • 日本語音声ガイドあり。内容はかなりのボリュームです。ハプスブルク家の歴史や面々、この宮殿での出来事まで。音声ガイドを聞きながらしっかり見学すると、軽く2~3時間はかかるかと。
  • 大きな荷物を預けるクローク・チケット販売所・音声ガイド受付カウンターはそれぞれ別々。ときどき休憩で係の人が不在なこともあります。音声ガイド返せなくて、チケット販売所のお姉さんに託しました←
  • 見学エリア出口にカフェあり

こんな感じです。

 

 

展示の様子も、覚えていることを紹介していきます。

展示のメインは、当時の家具や調度品など。

子ども部屋や皇帝執務室、寝室などを再現していて、見ごたえがありました。

 

宮殿内には教会もあります。見学したときは、ガラス越しに眺めることしかできませんでした。

中には入れなかった…でも、すばらしい装飾は外から見ても分かる。

 

宮殿の廊下に飾られた、ハプスブルク家の人々の肖像画が印象に残ってます。ずらっと並んでいて、圧巻でした。

実際に宮殿と関連のあるシシィ周辺の人物はもちろんのこと、マリア・テレジアの肖像画もありました。

いやー、ハプスブルク家の人々って豪華絢爛。

 

音声ガイド必携です。

ハプスブルク家の歴史や家系図がぜんぜんイメージできないなら、なおさら。

シシィの周りには、いろんな人がいますよ…

もう一度いうけど、音声ガイドをぜんぶ聞きながらじっくり見ていくと、軽く2時間はかかりました。

時間に余裕を持って!季節によって開館時間が異なるので一概には言えませんが、午後3時までには入館しておくと◎かと。

 

 

今度は晴れの日、なるべく春に訪れたいですね。

もう一度ハンガリーを訪れるために、シシィが残してくれたフラグだと思って、心待ちにしておきます。

 

 

ゲデレー宮殿

 

 

【住所】Gödöllő, Grassalkovich-kastély 5852, 2100
【開館時間】9:00~17:00(金~日は10:00~18:00)
【入館料】2600フォリント(日本語音声ガイドは800フォリント)

 

 

 

 

【ハンガリー】よどみのない青の空間。「カジンチィ通りのシナゴーグ」で思いをはせる
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ハンガリーの首都ブダペスト、ペスト7区にはシナゴーグ(ユダヤ教徒の教会)が点在しています。 ヨーロッパいちの規模を誇る「ドハー...

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました