【ハンガリー】ブダペスト郊外の哀愁漂うショッピングモールをふらふら

お世話になります、ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

私がハンガリー・ブダペスト滞在中…

シシィ(エリザーベト女王)ゆかりのスポット・ゲデレー宮殿へ向かう際、
ブダペストの郊外や、近隣都市に行くのに便利な電車・HEVに乗りました。



乗るのは8号線。意気揚々と起点のウルシュ・ヴェゼール駅(Ors vezer tere)へ…

 

券売機が故障していて、大行列のチケットカウンター。

 

次の電車は40分待ち。天気悪くて寒いし、外で待つのはつらい…
ということで、駅に直結しているショッピングモールをふらふらしてみることに。

もちろん観光ガイドブックにも乗ってない、ローカル感満載の場所。

中心部から少し離れて、ブダペスト郊外のモールの雰囲気をお届けします♪

 

駅に隣接する、モールは「SUGAR」。ロゴがかわいい。

その隣には、小さな市場。軽食や果物、野菜がメインの市場です。
ここもローカル感がなかなか強い場所。

それなりに人がいるはずなのに、天気が悪いからかどよ~んとした雰囲気。活気はあるのに…(笑)

 

さっそくモールに入ってみる。
ブダペスト中心部でもクリスマスマーケットが始まる時期に行ったからか、飾りつけもクリスマスな雰囲気。

でも、どこにもはっきりと「クリスマス」とは書いてなかった。

1階から3階まで吹き抜けになっていて、さまざまなジャンルのお店がずらりと並びます。

ブティックや雑貨店はもちろんのこと、病院や美容院も並んでいて、地元に根差している感じがしました。

もちろんアジア人は見かけませんでしたw

 

ショッピングモール1階には、老舗のカフェ「Szamos」がありました。

ちいさなオープンカフェ。地元の人の憩いの場のようで、の~んびりとした雰囲気でした。

中心部にあるSzamosと同じように、本格的なコーヒーと色とりどりのケーキ、お菓子が楽しめます。

もう少し時間があればここでのんびり、もよかったのですが。

 

観光スポットではないので、売っているものはとくに代わり映えしない感じ。

ここにこだわって買う必要はないかなあと思ったのと、このあとゲデレー宮殿に行かなきゃいけないのとで、何にも購入してません。

 

そんな中、私が目を引かれたのは子ども向けの乗り物。

日本のショッピングモールやデパートにもありますよね。

 

ここの乗り物は、どこか哀愁漂う。年季の入ったゾウや車の乗り物。

ほんとうに「哀愁」という言葉がぴったりです。

かなり前のものみたいですが、今もこのショッピングモールで現役。



機関車のちいさな乗り物もありました。すっとんきょうな表情がかわいい。

機関車だけど、手やひげ、口がついててどこか人間ぽかったりする。

この子も年季入ってるな…

私が乗るワケにはいかないので、遠くから「かわいいなあ」と見つめるだけ。

私がいる数分のあいだにも、子どもが乗って楽しんでました。

動いてるときにも音楽が流れるんだけど、それもちょこちょこ歪みがあって、またかわいかったな…

 

ホームページは若者向けでカラフルな感じだったけど、平日だからか子ども連れやご老人がまったりとしていました。そりゃそうか。

 

実は駅を挟んで反対側にも、別のモールがあって。
(「Sugar」の裏側にはIKEAもあるみたい…!)

陸橋でつながってたので、途中まで行ってみました。

 

 

駅の真上からの風景はこんな感じ。

やはり天気悪いのがネックですね。とても哀愁漂う東ヨーロッパの風景です。

 

ゲデレー宮殿へ向かう前や、観光スポットに食傷気味なときに、ローカルな雰囲気を感じることができるスポットだと思います。

とにかくあの乗り物がかわいかったんや…!

 

ショッピングモール「Sugar」

 

 

ふらっとブダペストまで旅をする?

航空券の最安値を知りたいならスカイスキャナーで検索してみて。



ディープなスポットといえば、

ペスト7区の「シンプラケルト」も好きです。廃墟バー。

【ハンガリー】ブダペストの廃墟バー「シンプラケルト(Szimplakert)」のアンダーグラウンドな魅力

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です