【韓国】ソウル・梨泰院の「PUNTO 9°」で、ひとりおしゃれごはん

お世話になります。カジヤマシオリ(@Kindemer)です。

 

土曜の夜のソウル・梨泰院(イテウォン)地区。

サムスン美術館Leeumでどっぷり現代アートに浸かったあと、ふらふら。

 

 

ハロウィン直近の土曜ということもあってか、コスプレした若者や、イベント中のお店でわちゃわちゃ。

とんでもない時期に来てしまったような気が(真顔

 

完全に人酔いしてしまった私は、休息の場を求め梨泰院をさまよう。

私がたどり着いたのは「PUNTO 9°」というレストランでした。

 

この建物の2階。

外からカウンター席が見えたので、ひとりでもOKと判断してレッツゴー!

 




 

隠れ家的レストラン

 

 

階段で、2階の「PUNTO 9°」へ。

隠れ家的な雰囲気とはこのことか。こっそり向かってる感がすごいね。

 

 

店内はテーブル席がほとんど。壁にかけたアートが好き。

4人がけが多いけど、大人数のグループやちょっとしたパーティーによさげな大きめテーブルもありました。

 

カラフルなサラダとかがっつり肉料理が映えそうな、落ち着きのあるごつめのテーブル。

 

 

もちろん、私は入り口そばのカウンター席に通されました。

お水や取り皿、カトラリーをひとまとめにしたスカーフもいい感じにかわいいじゃん

 

ちょっとイスが高いので、ミニマムな私は座るのが大変でしたが、ひとりでも気兼ねなく過ごせる席です。

グラスを傾けてたそがれる(笑)

カウンターの目の前はガラス張り。にぎわう梨泰院の夜を、ぼーっと眺めて過ごす。

おっきな観光バスが目の前に鎮座してたけど(笑)

 

 

そんなこじゃれたカウンター席で、私がオーダーしたのは…
カチョエペペ(ローマ名物のパスタ)と、白のサングリアです!

何人かで分ける用のメニューやボリューミーな肉料理もあったけど、ひとりならこのくらいがちょうどよいね

 

 

しゃくしゃくフルーツ入り「サングリア(白)」

 

 

まず出て来たのは、白のサングリア。フルーツをいっぱい入れたワインですね(ざっくり)

のどに心地よい冷たさでした。

細かくきざんだフルーツは、ほどよく凍らせたシャリシャリ感が残ってて、おいしかった。

サングリアを考えた人ってすごいと思うんだ。

もれなくすぐに酔っ払いましたが(笑)
太いストローつけてくれたのが、飲みやすくて好印象です。

 

 

贅沢な味わい「カチョエペペ、トリュフオイルがけ」

 

 

サングリア1杯しか飲んでないのに…
しっかり酔っぱらったころに、お待ちかねのカチョエペペ

アツアツのやつがやってきました。

カチョエペペは、玉子や生クリームを使わずに、濃厚クリーミーな味わいに。

チーズをいっぱいからめるから、このクリーミーさなんです。

味のアクセント・コショウはたっぷりめ。厚切りで食べごたえ十分なベーコンも。
お皿のカーブにそうようにして、トリュフオイルをリッチにまわしがけ。

 

 

しっかりフォークをくるくるさせて、ソースをからめる。
クリーミーなんだけど、チーズの味がしっかり。

くどさはなく、食べやすいです。

チーズそのものの美味しさに、ときどきやって来るコショウの刺激がやみつきに。

厚切りのベーコンもすっごくジューシー。食べごたえをプラスしながらも、ソースの味を邪魔しない。

 

かなりパスタてんこ盛りだし、ベーコンも食べごたえあったし。
すっかりお腹いっぱいでございます。

 

 

おしゃれだし、味もいいし、ロケーションや店内もまずまずだからか?

お値段は全体的に高めかな~と。カチョエペペは19000ウォン(約1900円)、サングリアは8000円(約800円)でした。

 

そりゃそうか。麻布十番のちょっと雰囲気がよくて、カジュアルめなレストランで食べるようなものか。

韓国旅行で連日通うのはキツイ値段だけど、一晩くらいならね。
満足クオリティだったもの。

 




 

 

ハロウィンだから「パンプキンケーキ」

 

 

カチョエペペを食べ終わり、残りのサングリアをちゅーちゅーしてたら、イケメンな店員さんが。

「ハロウィンだからサービスです(キラッ)」
って持ってきてくれました。

 

 

パンプキンケーキ。
ホームメイドなパウンドケーキに、濃厚かぼちゃソースと粉砂糖をふって。

手作りのあったかい味わいと、ほどよい甘さがたまらんっ!
(゚д゚)ウマー

無料サービスです。こういうイベントが近いときしか持ってきてくれないと思いますが。

イケメン店員さんのあまい笑顔に、不覚にもどぎまぎ…

 

もちろんおいしかったけど…
うん、安定のお腹いっぱい☆

 

 

ヨーロピアン・ホーム・スタイル

 

 

「PUNTO 9°」のコンセプトは「ヨーロピアン・ホーム・スタイル」
たしかに韓国グルメはメニューに一切見当たらなかった←

ヨーロッパの家庭の味を、おいしくおしゃれな料理でご用意ってところでしょうか。
(アッつい仕事のクセで文章がぐ◎なび風に)

 

手作りの、ホームメイド感のあるメニューが多かったです。

決して不格好じゃなく、味があっておしゃれなんだよ。しかも色とりどり。

 

 

ひとりごはんスポットとして重宝するだけでなく…

ひとりでも気兼ねなくおいしくておしゃれなお酒が飲めるってのは、かなりうれしい。

ひとり旅でも、たまにはおしゃれなお店でひとり酒したいもん。

ランチとディナーの合間にもごはんメニュー食べれるし、デザートやドリンクも豊富だからお茶休憩にも◎

 

レストランの出口でお会計しようとしたら…

まず、英語で「おいしかった?」って聞かれて、素直においしかったことを伝えると、女性店員さんに「日本の方ですか?」と。

日本語で聞かれました。英語でのやりとりで、相手が日本人やって確証が持てたんかな?

日本人であることを伝えると「ご旅行ですか?」って。カタコトでもそれ日本語で聞けたらすごくない…?

韓国人のかわいい店員さんだったし。

 

サングリア飲みながら日本語の地図見てたから、日本人だって分かったのかもね。

ひとりだから話しかける相手もおらんしw

ちゃんと「ごちそうさま」と「ありがとう」を日本語で伝えて帰りましたよ。

 

 

料理やお酒もおいしいし、ひとりで使いやすくて、おしゃれ。

店員さんは男女問わずスイート。たまらんかったです。。。

 

 

 

 

「PUNTO 9°」

 

住所:236 Itaewon-ro, Hannam-dong, Yongsan-gu, Seoul, 大韓民国

営業時間:11:30~22:30(ラストオーダー:21:30)

 

「PUNTO 9°」公式ホームページ:

Home

 

 

 

【韓国】おひとり歓迎♪外せない韓国グルメ6選(おすすめ店レポートあり!)

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







【韓国】ソウル・梨泰院の「PUNTO 9°」で、ひとりおしゃれごはん” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です