【韓国】ソウルのホステル・ゲストハウスの選び方。+実際に泊まったゲストハウス3選

お世話になります。韓国はひとり旅もカップル旅も経験しました、カジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

旅の行方を握るカギのひとつといっても過言ではない、ホテル選び。

今までひとり旅・カップル旅の計2回、韓国・ソウルを訪れていますが、

観光を充実させたいし、寝に帰るだけだと思っているので、いつもリーズナブルなホステルやゲストハウスに宿泊しています。

(ひとり旅なら、女性専用ドミトリーのベッドだけで結構なんとかなる)

 

でも…値段だけで選ぶと、後悔するかもしれない。と、わりと慎重に選んでいます。

 

まずはソウルでのホテル選びで私がいつも重視してることを紹介したうえで、

実際に泊まってみておすすめしたいと思ったホステル・ゲストハウスを紹介します。




地下鉄の駅から徒歩8分以内、大きな通りのそばで探す

 

ソウル観光を充実させるカギは、地下鉄の駅のすぐそばに滞在することだと思ってます。

世界遺産の宗廟や歴史ある昌徳宮・景福宮、明洞や東大門のショッピング街など、観光スポットはほとんど地下鉄の駅から徒歩圏内に。

地下鉄を使いこなせば、ソウル観光は楽ちんです。空港からの電車が発着するソウル駅からも、地下鉄に乗り換えればらくらく中心部へアクセスできます。

地下鉄の駅のすぐそばに滞在していれば、思い立ったときに観光に行ける。ショッピングで荷物が多くなったときも、一度ゲストハウスに戻って荷物を置いてからまた観光へ、ってのがしやすい。便利です。

 

東大門や明洞でショッピング三昧したあとや、夜にミュージカルを観たあと、帰りが夜遅くなっても安心。長いこと夜道を歩かずに帰れます。

なるべく駅から徒歩8分以内のところに滞在できたらベストかな。

 

それと、なるたけ大きな通りのすぐそばで探します。バス停があって、タクシーもたくさん走っているような。

ピンク街や人気のない路地を歩かなくてもたどり着けるような滞在先がいいかな。

GoogleMapや、口コミに「ホテルまでの道が気色悪かった」みたいなのがないか確認しますね。

 

そういう場所はたいていコンビニも近いので、そういった意味でも便利かも。

 



スタッフについての口コミをチェック!

 

チェーン系のホテルや高級ホテルじゃなくて、ホステルやゲストハウスに泊まるメリットのひとつは、スタッフさんがアットホームで優しいパターンが多いことだと思ってます。

ホステルやゲストハウスに泊まると、バスルームやキッチン、洗濯機などが共用なことがほとんど。

使い方がわからない…という状況も何度かあったので、いつでも気軽に聞けるような雰囲気だと嬉しい。

そういう雰囲気だと、観光スポットへの行き方や公共交通機関の乗り方など、観光のことも聞きやすい。

ちょっと世話焼きなスタッフさんのほうが安心できますね。

 

そういうのって、施設の説明にはあんまり書いていないから…

Booking.comの口コミでチェックすることが多いです。

もちろん、スタッフさんのイメージは受け取る人によって違うと思うけれど…ひとつもそういう口コミがないよりはいいかなあ、と。



Booking.com

ひとり旅のドミトリーでは「カーテンの有無」「女性専用ルームの有無」を確認!

 

ソウルのひとり旅では、よくホステルのドミトリー(ベッド1台が専用で、同じ部屋に複数名が宿泊し、ベッド以外は共用スペース)を使っていましたが、これこそ選び方をミスるとげっそりします。

眠れない。汚い…みたいな。個室じゃないからさ。

 

でも、ソウルで泊まったホステルは居心地よかったです。同じ部屋の女子(ふたりともヨーロッパ女子だった)と英語で女子トークしました。楽しかった。

ハズレなかったのは、ホステル選びの際に

・自分のスペースのベッドにカーテンがついているか?

(こんな感じ↑)

唯一のパーソナルスペースくらい、しっかり確保しときたい。

 

・女性専用のドミトリールームがあるか?

 

男性と一緒だからどうってわけじゃないんだけど、女性専用のほうが安心できる。うっかり自分の裸を晒しちゃったり晒されちゃったりってこともないわけじゃないと思うしね…

 

ほかのホステルよりちょっぴり値段が高くても、カーテンと女性専用ルームは譲れませんでしたね。

 

もちろん写真も確認するけど、それよりもこういうこまこましたところを確認したいかもです。

長々と滞在先選びについて書きましたが、「実際に泊まってみてこんな感じだった」という感想や、本人が撮った写真のほうが参考になるかと思うので、

実際にソウルで泊まったホステルやゲストハウスを紹介しておきます。



世界遺産へ徒歩圏内!日本語ペラペラなスタッフもいる「ホステル トミー」

 

 

はじめてソウルを訪れたときの目的は、なんといっても世界遺産めぐり。

このとき世界遺産検定2級に合格したばかりで、実際に訪れなくては!と息巻いてました(笑)

ソウルにある世界遺産で、かつて皇帝が住んでいた昌徳宮と歴代の皇帝たちが眠る宗廟は、どちらも地下鉄鍾路3街駅から徒歩圏内にあります。

ということで、駅から徒歩5分のところにある「ホステル トミー」に宿泊しました。アクセス便利

 

女性専用のドミトリールーム。ちゃんとベッドにカーテンついてたし、部屋もきれいで居心地よかったです。

まだ10月なのに寒かったので、部屋全体がオンドル(韓国の床暖房)きいてたのがありがたかった。

床にじかに座って、同室のお客さん(ふたりともヨーロッパ女子)と英語でキャッキャしました(笑)すごく楽しかったな。

私が泊まったときは、偶然だけど日本語ペラペラ(泊まる1ヵ月前まで名古屋に住んでたという)なスタッフさんもいました。ありがたかった!

スタッフさんたちもフレンドリーです。

LINEトラベルjpにもガイド記事書いて紹介しました。女子旅におすすめです!↓

ソウル観光に!「Hostel Tommy」はひとり女子旅にちょうど良いホステル

 




設備は最低限だけど、オーナーさんが世話焼きであったかい「キム2 ステイ ゲストハウス」

 

 

節約していっぱいおいしいもの食べたい!ショッピング三昧したいでも個室はゆずれない!という人におすすめしたいキム ステイ 2

(キッチンや冷蔵庫は共用ですが)客室・バスルーム等は個室。

にしては、お値段が格安でした。設備は最低限だけど、とくに不便はないです。

 

特筆すべきはオーナーのキムさんの人柄でしょう。めっちゃ世話焼きです。

日本人観光客にたくさん泊まってほしいらしく、熱心に日本語の勉強をしていました。

漢字の読み方、これで合ってる?」と聞かれたので、ちょっと勉強の手伝いをしたらすごく喜んでくれました。

 

ほかのお客さんとの交流はなかったけど、キムさんが何かと声をかけてくれたからさみしくなかったです。

カタコトの日本語でたくさんあいさつしてくれて、ほっこりした。

 

地下鉄東大門文化公園駅から徒歩圏内。

交通量の多い大通りに面しているゲストハウスです。

ゲストハウスの入り口の隣にセブンイレブンがあるのもありがたかった。

LINEトラベルjpでも詳しく様子を紹介しています↓

ショッピングもグルメも楽しみたい!ソウル・東大門「キム ステイ 2」

 




東大門まで徒歩10分!ルーフトップで乾杯「エアホステル トンデムン」

 

Y氏とふたりで泊まったゲストハウス「エアホステル トンデムン」。

個室も大きなスーツケースをひとつ広げられるくらいのスペースがありました。Y氏がベッドから転げ落ちてましたが、Y氏が落ちてもスペースは広々(笑)

大通りのすぐそばだけどぜんぜんうるさくない。Y氏熟睡でした。

バスルームとトイレは専用、キッチンや広々とした共用スペースは5階へ。

Y氏が喜んでいたのが、5階屋上のかわいいルーフトップ。

天気が良い日はビールやおつまみを持ち込んで、ここで乾杯していました。風がとても心地よかったです。

 

ふたりで泊まればリーズナブルだからカップルにおすすめしたい。

スタッフさんもフレンドリーでカタコトの日本語で話しかけてくれました。その日本語がまたユニークでほっこりしちゃうんだよなあ。

 

最寄りの地下鉄鍾路5街駅までは徒歩5分ほどですが、実は東大門へも徒歩圏内。大通りを10分少々歩けば到着します!地下鉄で行くよりも早いかもね。

夜遅くまで東大門でショッピング三昧したあとでも、帰りは安心かと。

コンビニも徒歩5分のところに2軒ありました。

 

LINEトラベルjpでもガイド記事書きましたよ♡↓

夜はルーフトップで乾杯!観光にも便利なソウル「エアホステル トンデムン」

 

ソウル (ララチッタ)

楽天で購入

 

 

ソウル旅には、アットホームなホステル・ゲストハウスがおすすめ

 

故宮をバックにひとめぼれしたチマチョゴリを着て。

 

私が今までソウルで滞在していたホステル・ゲストハウスは、どこもスタッフさんがアットホームで好印象です。

慣れない土地ではとても安心すると思います。

 

はじめてのソウル旅が不安だったら、そういう選び方をしてもいいと思う。

迷ったら私がおススメしたところに泊まってみて♡LINEトラベルjpのガイド記事も参考にね。


Booking.com

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です