【ウクライナ】日本にポストカード送ってみたよ。宛先の書き方、切手など

お世話になります。ヨーロッパ女子一人旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ウクライナの旅では、新たな試みとして…
私の旅に投資してくださった人に、現地からポストカードを送ってみました♡

 

 

これまでヨーロッパ10か国近くを訪れていながら…
旅の中でポストカードを送るという経験は、初めて。

「ちゃんと届くんだろうか…?」とハラハラしながら送りました。
結果、日本にいるクラファン参加者2名さまに、ちゃんと届きました!!!

世界遺産・リヴィウの街が気に入って、ここの風景をおすそ分けしたいと思った私。
同じことを考えている人も、もしかしたらいるかもね。

 

そんな人のために!ウクライナの郵便事情(※あくまでも個人調査)や、切手の売ってる場所・値段等を紹介します!

 




 

 

ウクライナ―日本、ポストカードはどのくらいで届くか

 

 

まずは、気になる「どのくらいで日本に届くのか?」ということ。

2通しか送らなかったので統計も何もないけど、とりあえず結果報告。
(届いた日時は、届いた人からの自己申告です)

2018年4月26日 ウクライナ(キエフ)から発送
2018年5月8日前後 日本に到着

到着するまでだいたい13日。2週間くらいかかるということですね。

 

 

地球の歩き方 ロシア(ウクライナ・ベラルーシ・コーカサスの国々)にも、2週間かかると書いてありました。

まあそんなもんだ、日本みたいに郵便事情がいい国じゃないからね。

 

ということで、ウクライナから日本に送ったポストカードは、届くまでに最低2週間はみておきましょう。2週間で届かなくても焦らなくていいかと(たぶん)

 

 

ウクライナ―日本、切手代はいくら?

 

 

ネットで「ウクライナから日本にポストカードを送ると何円かかる?」と調べてみたところ…

日本語では情報が掲載されておらず。

 

いくらかわからなかったので、窓口で「日本にポストカードを送りたい」と伝えたところ、こちらの切手を渡されました。

 

 

ん、内訳がよくわからんぞ…
G?G?

船のやつはたぶん5グリブナ(約20円)だったかと。
ウクライナ語がさっぱり読めません…

 

肝心の切手代ですが、いくらだったか忘れてしまいました。すみません
1グリブナ=4円くらいの時に、日本円で100円くらいかな~と納得して購入しました。

外国にポストカードを送るのってめっちゃお金かかるイメージがあり、100円なら安い!と思った記憶が。
ひとり当たり30グリブナくらい用意しておけば大丈夫かと。

 

 

 

リヴィウで切手・ポストカードを買うなら「リヴィウ郵便博物館」へ!

 

切手は、リヴィウの中心部の外れにある郵便局で買ってもいいけど…
ルィノク広場から徒歩10分。途中で迷子になったらどうしよう。

郵便局のようですが、概要がウクライナ語でぜんぜんわからん。
(いちおう地図)

 

 

それよりも…
ルィノク広場に面した「リヴィウ郵便博物館(Lviv Museum of Mails)」入り口のオフィスで買うほうが便利かと。

 

 

ルィノク広場周辺には、ポーランド時代に建てられた大聖堂や、1735年創業の薬局など、歴史ある建物が集まる。

お土産屋さんやカフェもずらり。観光の途中で立ち寄りやすい場所です。

 

窓口で「日本にエアメールを送りたいので、切手を〇つ分ください」と伝えれば、その分の切手をちゃんと用意してくれる。

英語が不安だったら筆談です。

私は値段がわからなかったので「UKRAINE TO JAPAN」と紙に書いて見せたら正しく伝わりました。「何円分の切手をください」と伝えるよりもこっちのほうが確実。

この窓口では、切手と一緒にかわいいポストカードも売ってます。

リヴィウに行ってきたよ!って感じのデザイン。広場に面したお土産屋さんでもポストカードは買えますが、ここで一緒に買うと便利。

一枚100円もしなかったかな。

 

 

 



 

 

ポストカード、宛名の書き方

 

 

初めて外国から送るポストカード。宛名はどう書いたらいいかわからず…
しばらくネット上をさまよいました(笑)

 

たぶん正しい書き方じゃないけど、一応日本に届いたので…
宛名をどうやって書いたか載せておきます。

 

(縦長レイアウトのポストカード)

―――――

AIRMAIL(四角で囲う)
(すべて英語・ローマ字で)
To:
住所(#部屋番号 建物の名前 番地~都道府県の順番で)
郵便番号 JAPAN
名前

―――――

私はこの下に…
郵便番号+住所 のみ、日本語で小さく書いておきました。

 

続いて差出人の欄。

―――――

From:Shiori Kajiyama
住所(#部屋番号 建物の名前 番地~都道府県の順で)
郵便番号 JAPAN

―――――

という感じですね。

 

ポイントは、
名前と「JAPAN」は大きく書いておくことですかね。

とりあえず日本に届けばなんとかなる!と信じて送りました。

 

ポストカードや切手を買って、宛名もちゃんと書いて…
いざ、発送ですよ!

 

 

ウクライナの郵便ポスト、こんな感じ

 

 

 

リヴィウのルィノク広場に面した建物についてた、ポスト。

ウクライナの郵便ポストは黄色に青。中央部分に郵便のマーク?みたいなシールが張ってありました。

青い部分から投函します。ほかの街のポストも同じデザインでした。

そういえばモルドバのポストも黄色に青だったな。東欧諸国はこれがデフォ?

 

日本では郵便ポストの数が減っていると聞いたけど、ウクライナでもそうなのかな。

あちこちで見かける感じではありませんでした。

どこにポストがあるのか調べようがないので、見かけたときになるべく投函するようにね…

異国の地で「ポストドコデスカ」って延々と探し回ることになるよ…

 

 

初めて外国から日本にポストカードを送ってみて

 

「ちゃんと切手買えるかな?」「ちゃんと届くかな?」

「宛名の書き方わからん」「ウクライナから送るとかムリじゃね?」

と疑問と不安だらけでしたが(だってクラウドファンディングで投資してもらってる人に送るヤツだし)…

 

切手は簡単に手に入るし、意外と安かったし、ちゃんと届いたし、挑戦してよかったです。

相手にはお土産感覚で喜んでもらえるし、こっちも記念になるし。ぜひ挑戦してみて♡

 

 

え…
ウクライナの絵本といえば「てぶくろ」じゃないの…?

 

【ウクライナ】世界遺産・リヴィウの街でトラムに乗ってみた

リヴィウ観光に欠かせないトラム。おもちゃっぽいレトロな見た目がたまらんかった。

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です