【ウクライナ】リヴィウで泊まったお部屋(Airbnb)をレビュー!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です

ウクライナの世界遺産の街・リヴィウ(Lviv)を訪れた際、エアビー(Airbnb)で手配した現地のアパートに2泊しました。

2泊だけでしたが、とても充実したリヴィウライフをおくることができました。
私のようなひとり旅の女子には使いやすいお部屋だったと思います。

果たしてどんなお部屋に泊まっていたのか?
徹底レビューします!

 



 

Cozy apartment in the city centre

 

1泊1801円~(2018年4月現在)
ホスト:Nazarii(ナザリ)さん
中心部まで徒歩8分!ナザリさんのお部屋

部屋をまるまる貸切るタイプです。
(ナザリさんは一緒の部屋・アパートに住んでいません)

それでは、私がのびのびと過ごした部屋の様子を紹介していきましょう。

 

内装:広くはないが、ひとり旅にちょうどよい

アパートの1階、入り口そばにある部屋。荷物が大きくても大丈夫!

ワンルームの部屋には、大きいベッドひとつ、ソファがひとつ。

ソファもベッドになるので、最大4人まで泊まれます。

 

ベッドめっちゃふかふかです。しかも綺麗。

しっかり爆睡できましたよ!枕もふたつ、ふたりで寝ても十分な広さです。

大きくて寝心地のよいベッドは、長旅には必要不可欠!

 

枕元には(ちょっと高い位置だけど)コンセントもあります。

ウクライナのコンセントはC型で日本のものと異なるので、変換プラグ必須!

 

ベッドのそばにはテレビもあります。

寝る前はずっとミュージックチャンネルを見てました。

 

机はあまり大きくないけど、ひとりならじゅうぶん。

目の前が壁だから、黙々とパソコン作業できそう。机のそばにはアイロンもあります。

 

机では何度も物撮りしました。アパートの近くの小さな店で買った謎のジュース。

レモンかと思ったらりんごやった。微炭酸。

 

洗濯機・クローゼット。クローゼットはめっちゃ洗濯物が干せる(使い方)。

洗濯機の説明はウクライナ語です。それはしかたない。

 

キッチンがとにかく広め。これをひとりじめ…!うちの2倍以上の広さ。

2泊だったので自炊はしなかったのですが、自炊しやすそう。オーブンもあった。

冷蔵庫も大きめ!電気ポットは重宝しました。

 

キッチンの上の棚にはお皿類が入ってました。カトラリーやカップも自由に使えます!

めっちゃ至れり尽くせりやん。

 

バスルームも綺麗です。バストイレ一緒です。

バスタブもあるけれど、たぶんお湯ためてつかるのには向かないタイプ。

ちゃんと熱いお湯も出るし、水圧もちょうどよい!

 

個人的には貝のカーテンが気に入りました(笑)ちゃんとカーテン閉まるから床も水浸しになってないし!

ドライヤーもタオルもあって(2泊だけなのに4枚もくれた)、快適なバスタイムでした。

 

もちろんWi-Fiもさくさくつながります。生活に不自由することはありませんでした!

住みたくなってしまうような(笑)清潔で使いやすいお部屋でした。

 

立地:良好!世界遺産エリアのアパート

リヴィウの街(旧市街)は、世界遺産として登録されています。

もちろん、このアパートもそのエリアにあります。

街の中心部へのアクセスが抜群によいのです!

 

プライバシー保護の観点から、具体的な場所は申し上げられないものの…

 

歩いてすぐのとこにあるトラム停留所「Staryi Rynok Square」から徒歩8分で、リヴィウ市庁舎に着きます。

 

この市庁舎から徒歩圏内に、観光スポットやウクライナ料理のレストラン、お土産屋さんが集まっています。

リヴィウの観光は旧市街がメインなので、ここにアパートをとればめいっぱい楽しめますよ。

 

私がリヴィウの街を観光できたのはまる1日。時間が限られていたので、やはり観光スポットに近いアパートはとても便利。

お土産いっぱい買った後、それを持って観光するのはちょっと大変。

だけどアパートが近いから、いちど荷物置きに帰るのもラクチンです。

首都キエフやその他の街からリヴィウに電車で訪れた場合、街の中心部まではバスやトラムでアクセスすることになります。

アパートまでは、6番トラムで「Staryi Rynok Square」まで20分少々。

いちおうバスでもアパートの近くまで行けますが、トラムのほうがアクセスが分かりやすかったです。

 

やっぱり立地のよさって大切ですね…!

 

すぐそばに、賑やかなエリアがあるにもかかわらず…
部屋は超静かでした。トラムの走る道路に部屋が面してないからかな?

アパートの前には緑豊かな公園があり、夜8時くらいでも地元の子どもたちが遊んでます。でも寝る頃にはすっかり静か。

中心部の喧騒はほとんど感じられないので、ぐっすりでした。

日当たりも最高!朝カーテンを開けると、とても心地よい。
観光スポットから近いところがいいけど、落ち着いた雰囲気も譲れない。

まさに理想の場所にあるお部屋でした…!

 

チェックイン:ナザリさんがアパートの外で出迎えてくれる。到着予定時間を伝えよう

ナザリさんのアパートを予約したら、チェックイン予定時刻を伝えましょう。

駅や空港に到着する時間でもいいと思います。その時間に合わせて、ナザリさんがアパートの前で待ってくれてます。

そこで合流したら、アパートの扉のパスワードを教えてもらい、部屋のカギを受け取って、部屋の説明を聞きましょう。

やっぱり、チェックインの時に直接ホストと会えると安心しますね。

カギの使い方がわからんくてあたふたってこともないし、ちゃんとわからないこと聞けるし。

よほどのことがない限りはこちらに合わせてくれると思いますよ。

ちなみにチェックインは13:00~。遅い時間帯でも対応してくれるはずです。

私は20:00~に到着しましたが、ちゃんと出迎えてくれました。

チェックアウトは11:00まで。その際もナザリさんが直接やってきて、部屋に不具合がなかったか?忘れ物がなかったか?確認してくれます。

問題なければカギを返し、お礼を言ってチェックアウト完了です!

 

ホストのナザリさんについて

部屋を貸してくれたホストのナザリさんは、超フランクでイケメンだったぞ…!

たぶん私とそう年齢差もない。しかもカッコイイ自転車を持ってる。力持ち。優しい。

イケメンすぎてどきどきして、緊張のあまりしゃべりすぎてしまった…

いっぱいオススメのレストラン聞いてしまった(笑)

 

メッセージもまめですし、細かくコミュニケーションをとってくれました。

私の「洗濯機のウクライナ語が読めません」というアホみたいなSOSにも丁寧に対応してくれました。

 

だけど、彼は一緒の部屋・アパートに住んでいないので、こういうSOSやお願い事はメールを通してやりとりすることになります。

直接コミュニケーションを取りたい人にはちょっと不安かもしれません。

それでも返事は早いし、適切に対応してくれるので、私は不自由さを感じませんでした。

 

ナザリさんは、ウクライナ語やロシア語だけでなく、英語でのやりとりにも応じてくれます。

私もカタコトだし、彼もあまり得意じゃないみたいだけど、特に困ったことはありませんでした。

部屋を借りるのに必要な英語に関しては問題なしです。

お互いカタコトなことに関しては、グーグル翻訳でカバーできる範囲(笑)

 

私以外の日本人は泊めたことがないみたいですが、ナザリさんは日本人を歓迎しています。

リヴィウを訪れる際は、ナザリさんのお部屋を検討してみては?

充実した滞在ができますよ。

 

Cozy apartment in the city centre

リヴィウの街に泊まるなら、エアビー使ってみませんか?

こちらのリンクから予約すれば、3700円のクーポンがもらえるってよ。
ナザリさんのお部屋に2泊できるよ!私も欲しい…

www.airbnb.jp/c/8a813f

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






【ウクライナ】リヴィウで泊まったお部屋(Airbnb)をレビュー!” への1件のフィードバック

  1. いつもカジヤマさんの感性に触れ、瑞々しい世界を感じています!
    いつも比較的読者も行きやすい場所を選んで下さっているのでしょうか、私も行けそう?!行っちゃう?!と思わせられる記事が多く、ワクワクしながら読んでいます。
    (これがカジヤマさんの文章の力かもしれません!!)
    更に珍しい文化や地域などもカジヤマさんの感性を通して見る事が出来たら…と想像は膨らみますが、女子一人旅ですので、これからも安全第一で魅力的な旅を続けて頂きたいと思います。
    これからもご活躍を楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です