【ウクライナ】世界遺産・リヴィウの街でトラムに乗ってみた

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

 

ウクライナの首都・キエフから電車で約5時間かけて、到着したリヴィウ(Lviv)の街。

駅から街の中心部にあるアパートまで自力で向かいました。

タクシーでもよかったけど、トラムを使ってみました。
滞在していたアパートの前にトラムの停留所があったから。

 

風情のあるリヴィウの街を駆け抜けるトラム。
駅からアパートまで、トラムでどのように向かったのか?乗り場や乗り方をレポートしました。

トラムでめぐる街の様子もあわせて。



リヴィウ駅から、世界遺産の旧市街へ向かう!

 

駅の外に出て後ろを振り返ると、駅がこんな風に見える。

リヴィウの中心部に向かうには、駅の東側へ出てください。

 

トラムの乗り場は、駅を出て左側。レールがあるほうへ向かってください。

降車も乗車も同じターミナルから。

路線によって微妙に乗り場が異なるので注意!

 

トラムに乗るときは、車両の前ドアから。
運転手席のすぐ後ろです。かなり段差があるので、大きなスーツケースを持ちあげるのはかなりきつかった。

焦らずに乗りましょう。私は荷物が重たすぎて他のお客さんに助けてもらいました←

 

チケットは1枚5グリブナ(約20円)。終点まで乗ってもこの値段。

ぺらっぺらのチケットを、入り口のすぐそば、運転手席の後ろにある小さな窓口で購入します。券売機はありません。

このように分厚い鉄の壁で仕切られているので、運転手さんとちゃんとやりとりしてる感がない…(笑)

お金をトレーの中に入れると、運転手さんがチケット(+おつり)を入れて返してくれるというシステム。

超原始的。だって1枚5グリブナだもんね…(笑)

 

チケットを受け取ったら、車両の壁にある機械でがちゃんと穴をあけて刻印を。

他のお客さんもやってるはずだから、見様見真似で…!

 

トラムは基本、各駅停車。

降りる駅を知らせるボタンなどはないので、駅が近づいてきたら最寄りの出口へ!

どこの出口からでも出れます。

車窓からの風景。リヴィウの旧市街は美しく、首都キエフとは全く違う表情をしています。

私のお気に入りの風景です。

古い街並みをぽけーっと眺めながら、ゆっくり移動できるのが醍醐味ですね。

 

リヴィウの駅から旧市街へ、1・6・9番のトラムで行こう

ちなみに、駅からは1・6・9番のトラムが運行。

旧市街の市庁舎や広場へ行きたい時は1・9番が便利です。

人気の観光スポットを経由して、街の外れに向かう路線です。

 

私が泊まっていたアパートから近いStaryi Rynok Squareの停留所。

6番トラムのみ停車します。5駅に停車し、約12分かかります。

車内に、次の停留所の表示はありません。

ウクライナ語の聞き取りにくい車内アナウンスが頼りです。

ちょっと心もとないので、あらかじめグーグルマップでの予習や、何駅停車するか書いたメモを持っておくと、旅慣れていない人は安心かもしれない。

 

6番トラムは、目印代わりになるような建物のそばをゆっくりすすんでいきます。

こちらはサーカスの劇場らしい。

 

あまり新しい建物じゃなさげだけど、ウクライナ語の看板と外観がちょっとユニーク。

聖オルハ&エリザベス教会。ゴシック様式のごつめの教会で、トラムの窓から見ても威圧感がありました。

トラムの中から眺めるのもよきかな。

 

とりあえず、6番トラムに乗って駅から中心部に向かうルートを載せておきます。

 

乗り換えもなく、スムーズに到着できましたよ!

 

私が6番トラムに乗って向かった、アパートのレビューはこちら。

 

【ウクライナ】リヴィウで泊まったお部屋(Airbnb)をレビュー!

ホストのナザリさん、めっちゃイケメンだし親切です。かっこいい自転車を持ってらっしゃいます…!

リヴィウにひとりでふらっと滞在するのにおすすめのお部屋でしたよ。

 

ぜひ、リヴィウの6番トラムに乗って向かってみてください!

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です