【あたためるだけ】ヨーロッパの冬の風物詩!ホットワインをおうちで楽しんでみた

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

まだまだ寒い日が続きますが
(それでも日本の冬は暖かいと思います)
寒いヨーロッパの夜に飲みたいドリンクナンバーワン、それはホットワイン

 

 

今まで、寒空の下クリスマスマーケットでしか飲んだことなかったけど…

おうちでもぬくぬくホットワインが楽しめたら、とっても素敵だなと思って。

 

でも、シナモンやハーブをいちから買いそろえて、分量はかってまで作るのはめんどくさい。
ワインそのものをあたためるだけじゃ、クリスマスマーケットで飲む味にはならないんだな、これが。

 

おうちでも簡単にホットワインを飲む方法は、おもにふたつ。
ホットワイン用のシナモン入りワインをあたためるか、ホットワイン用のティーバックを投入したワインをあたためるか

両方とも試してみました。

あくまでも個人の感想ですが、どっちがおいしかったか?本場の味になったか?などなど、くわしくレビューします。

 




 

【あたためるだけ】ホットワイン用のワイン

 

 

究極に簡単なのはこれだと思います。ホットワイン用のワインです!

ハーブ・スパイスがあらかじめ入っています。

オレンジやレモン、ブルーベリーなど、天然のフルーツの香り入り!はかりいらずでホットワイン!

ある程度お砂糖も入っていて、あたためるだけで飲みやすい味にととのっています。
もともと甘みはあるけど、私にとっては足りず。。。はちみつをスプーン2~3杯追加しました。

 

メーカーによっては白バージョンもあります。

赤ワインの渋みがどうしても…という人にとってはこっちのほうがいいかもしれない。

あまりヨーロッパのクリスマスマーケットでは見かけないけどね。次はこっちを買うかもしれません。

 

 

超簡単な作り方

 

(写真にするとわかりづらい…)

 

電子レンジや鍋であたためる
(電子レンジだと500Wで2分くらい?ふんわりラップをかけて)
(鍋だとかるーくふつふつしてくるまで数分、かきまぜながら)
温度は50度くらいが目安だそう。

あたためムラがあったら、様子をみつつ追加加熱

③甘さを調整(はちみつ・砂糖)

 

これだけ。簡単すぎる…

しかも、ちゃんとヨーロッパのクリスマスマーケットで飲むホットワインの味に。

しっかり身体もあったまるし、おいしかったです。

 

 

どこで売ってる?

 

 

このあたためるだけでOKのホットワイン…
今のところ、実店舗では「カルディ」「成城石井」しか見たことありません。

 

 

カルディで売ってるやつはこれ。ドイツ産の「ラプンツェル グリューワイン」です。

私が今回試してみたやつです。

 

 

赤も白もあります。クリスマスが近くなると店頭に並び始めるけど、クリスマスが終わるとセール価格で売られていました。

たぶん「ラプンツェル」のホットワインはカルディオリジナルの商品です。

たっぷり1000ml。毎晩のようにコップ1杯飲んでも、飲み干すのに10日くらいかかった。

 

 

成城石井で売ってたのは(おそらく)これ。シュテルンターラーの輸入ホットワインです。

クリスマスシーズンじゃなくても売ってました。
でも値段は高かった…

 

私としては、楽天市場で買うのがおすすめです。楽天市場には、赤も白も売ってます。

赤と白、という区分よりも、チェリー・アップルシナモン・ブルーベリーと加えているフルーツの名前で売ってる感じ。

 

 

ハニー・レモン・ジンジャーなんてぜったい美味しいと思うし、身体もあたたまりそうです。

お店で買うと、重たくて持って帰るのがかなり大変。

でも楽天市場で買えば持ってきてもらえるし、たくさん買えば安いです。

赤ばっかり、白ばっかり注文してもOKだし。

 

来年は楽天市場でまとめ買いかな。

 

 

養命酒製造のホットワインもあるのか!たしかにホットワインはハーブが重要です。
身体によさそうな気が…!(養命酒)

 

 

【ふつうにおいしいハーブティー】PONPADOUR Gluhfix

 

 

続いては…
市販のワインに入れてあたためる、ティーバッグタイプを試してみました。
メーカーはポンパドゥールです。
(ドイツの紅茶メーカーとして有名)

 

 

箱をあけた瞬間、ハーブの香りがただよいます(癒し)

オレンジピール、シナモン、ハーブの入ったティーバッグです。もう、見た目は紅茶といっしょ…

ということで、ふつうにハーブティーとしても飲んでみました。

めっちゃおいしいです。ジャスミンティーやカモミールティーとはまた別のおいしさ。

ほっとするおいしさで飲みやすいです!

 



 

超簡単な作り方(鍋)

 

 

小鍋にワインとティーバッグ1~2個を入れ、ふたをして加熱(中火で軽くふつふつし始めるまで)

火を止めて、蓋をしたまま5分くらい蒸らす

フタをはずし、ティーバッグを取り出してからかきまぜる

 

 

超簡単な作り方(レンチン)

 

 

①ティーバッグとワイン、お砂糖やはちみつを入れたカップにふんわりラップをかける

②レンジでチン(500Wで約2分)

③あたためムラがあったら、様子をみつつ追加加熱

④1分くらい、ラップをかけたままおいておく

⑤甘さを調整(はちみつ・砂糖)

 

ティーバッグタイプだから、甘さは自分で調節を。

砂糖よりもはちみつのほうが合うと思います。

オレンジピールは入っているけど、個人的にレモン果汁を入れて味を調えたい気分です。

ワインじゃなくてぶどうジュースでつくっても◎白ワインやりんごジュースでも作ってみたいな。

実店舗では売ってるのを見たことないので、私は楽天で買いました。

カルディでも売ってるといううわさだけど見たことない…

 

ここまで、あたためるだけ・ティーバッグを入れるだけ両方のホットワインを作ってみましたが。

ひとつだけ、作り方で注意したい共通点がありました。

 

 

【注意1】あたためすぎに注意

 

 

いくら寒いからって、これでもかというくらいあたためるのはNGです。

ハーブやシナモンが煮詰まった感じになって、むせます

赤ワインの苦みやぶどう風味が凝縮されて、確実にむせます(経験済)。

あたためたあと、1分くらいおいてから飲むと◎

とくにティーバッグタイプは気を付けて。

ティーバッグいれたままあたためすぎると、ハーブ感が強烈な味に。

 

少しずつ頃合いをみて、あたたまり加減を確認しながらが無難かと。

(とくにレンチンで作った場合は、レンジから取り出してすぐに飲むのではなく、よくスプーンでかきまぜてあたためムラをなくしてからね!)

 

 

自分好みに仕上げるには、どちらにせよ調整が必要だった

 

 

ホットワイン用のワインをあたためても、ワインにティーバッグを入れてあたためても、簡単に本場の味が楽しめました。

めちゃ満足。お値段的にもうれしい◎

ティーバッグを入れてつくるなら、ワイン選びにこだわるのもいいと思うし。

でもね、どちらにせよ自分好みの味にするには、自分で調整が必要でした。
はちみつやレモン汁を入れて…

でも、そこまで手間とは思いませんでした。

ホットワイン用のワインやティーバッグに加えて、はちみつ(砂糖)を用意するのがマストだと思います。

 

簡単にヨーロッパのクリスマスマーケットの味が再現できて満足しております。

冬の終わりが名残惜しくなるくらいです…(笑)

 

ハンガリー土産の定番!「パプリカパウダー・ペースト」でグヤーシュスープを作ってみた

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です