【モルドバ】首都キシナウに現れる青い教会…聖セオドア大聖堂へ行ってきた

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

 

モルドバでの日曜日はふらっふらして過ごしてたわけですが…(笑)

キシナウの地元の人で混み合う市場をふらふらした後は、中心部から少し離れたところにある聖セオドア大聖堂(Catedrala episcopală Sf. Teodor Tiron)でのんびりしました。

青いものが好きな私にとってはたまらない場所だった。
そんな、かわいい大聖堂の様子をご覧ください。

 

旧ソ連時代の建物ばかりの中に現れる、小さい黄金のたまねぎ型ドーム。

教会の上半分だけのぞいていても、すでに、かわいい!

 

立派な門には、イコン(聖像)が描かれています。
地元の人が日常的に訪れる教会です。

 

門をくぐると、黄金の三角屋根をした青い教会が出迎えてくれます。
入り口の上にはキリストが描かれ、黄金にきらめく。

ずっと入り口があいていて、とてもウェルカムな雰囲気でした。

観光客だけど吸い寄せられるようにして近づく。

周りは旧ソ連時代の無機質なビルばっかりだから、こういう建物はちょっと目立つ。
周辺の風景には溶け込んでないけど、ちょっと非日常な感じがしていい。

 

外観はほんとうに真っ青なんですね。
たまねぎ型のドームの上には、ひとつずつきっちり十字架が建っています。

快晴のキシナウの空の下のきらめき。

 

塔の鐘も鳴るんだろうか。

タイミングが悪かったのか、聞けませんでしたが…

 

地元の人の邪魔をしたくなかったので、教会内でカメラをぶん回さなかったけど…

教会の中も青を基調としたペイントで彩られ、厳かな雰囲気でした。

イコンもあちこちに描かれていて、あちこち見まわしてしまった。

内装もすばらしかったけれど、ひとりぼっちで目を閉じて、静かに祈りを捧げられたのもありがたかった。

高さもないし、広くない教会だけど、それがまたよきかな。

 

すぐそばに、同じ真っ青な、一回り小さな教会。

こちらもきらびやかな黄金のたまねぎ型ドームと、イコンが特徴的。

こっちはさらに小さい空間で、人がひとり入るともうぎゅうぎゅう←

 

聖セオドア大聖堂は小さかったけど、立派な事務所やお土産屋さんもしっかりと併設してあって、ちゃんとした印象です。

日曜の昼過ぎだったからか、お土産屋さんはあいていませんでした。

だけど大聖堂の中でろうそくを買いました。

1本5グリブナ(約25円)、気持ちばかりですが、この場所が気に入ったので。

 

入場料はとくに必要なく、ほんとに地元の人が日常的に通うことができる教会です。

モルドバいち栄えてるエリアの大聖堂なのに、ここだけ都会の喧騒を忘れることができるような場所でした。

 

 

聖セオドア大聖堂(Catedrala episcopală Sf. Teodor Tiron)の基本情報

 

住所:Strada Ciuflea Chișinău

アクセス:キシナウ凱旋門から徒歩30分。いちおバスもあるけど、運動がてら歩いて。

入場料:無料(ろうそく等ぜひ寄付を!)

 

 

【モルドバ】奇跡が起こる場所。「聖クセラウカ(Cușelăuca)修道院」で捧げた祈り

モルドバでは、心くすぐるかわいい教会とたくさん出会えました。
中でも気に入ったものを、ピックアップ。

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です