【お酒好き必見】ビールがおいしい!ヨーロッパの国5選

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

 

美味しいお酒、飲んでますか?

私はもともとお酒が弱いのですが、ここ1~2年くらいで、美味しいお酒なしではヨーロッパ旅ができなくなってしまいまして…(笑)

ワインが美味しい国を訪れることが多いのですが、ビールを楽しむこともしばしば。
異国で飲む現地のビールは、格別です。

 

今まで私が訪れた中で、美味しいビールを楽しめた国をレコメンドします☆
旅先でお酒を呑むようになったのは最近のことなので、あんまりピックアップできてないけど。(笑)



オランダ

 

オランダで飲むビールは格別です

スーパーでも、ビール24本入りのケースがずらっと並ぶ光景をよく見ました。

みんな24本ケース買いするのが当たり前なんです。そんなに買っても飲めないよ…(笑)

 

オランダ国内で売っているオランダのビールは、1瓶(350ml)で1ユーロ、高くても2ユーロ。

この価格、かなり魅力的。デザインもおしゃれでカラフルなものが多いし、お土産にもしたくなる!

 

 

オランダのビールといえば、緑のハイネケン!実はオランダ産のビールなんです。

 

日本でもハイネケンは飲めるけど、現地で飲むとおいしさもひとしお。

実は私、ビールがあまり得意じゃなくて(あのぐっとくる苦み)。

ハイネケンはあの苦みがないので、飲みやすくて好き。

 

ホテルのバーで、ハイネケンを傾けながら過ごした思い出。

旅の疲れでぜんぜん飲めなかったけど(笑)チーズの盛り合わせとの相性が抜群でした。

 

山盛りチーズ。けふ

 

オランダのアムステルダムには、出来立てハイネケンを自分自身で作って楽しめるという「ハイネケン・エクスペリエンス」たるミュージアムがあります。

 

ビール好きをうならせる場所です。

 

 

 

イギリス

イギリス人もお酒好きな人が多いですよね、うん。

滞在中にお世話になったアパートのオーナーさんも「イギリスの男の子と仲良くなりたいなら、たくさんイギリスの音楽を聴いて、たくさんビールを飲んで…」とアドバイスされました(笑)

 

イギリスのビールの歴史は、紀元前にまでさかのぼります。

紀元前55年~5世紀のはじめまで古代ローマの統治下にあったイギリスですが、当時ワインをつくる文化は根付きませんでした。

それもそのはず、寒い気候ではぶどうが育ちにくかったので、原住民が飲んでいたのはビールだった、ということです。

イギリス人のビール愛は遺伝子に組み込まれているのか…?

 

イギリスのパブ文化も、ビール好きを象徴するもののひとつ。

重厚感のあるパブで、体格のいい男の人がビール瓶片手に、豪快に笑う…そんな風景をイメージします。

 

パブには昔ながらの暗黙のルールもあるけれど、イギリスを訪れるなら挑戦してみたいことのひとつ。

 

 

ちなみにイギリスは、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの地域に分けることができます。

それぞれの地域でまた特色も違うみたいなので、ビールをめぐるイギリス全土の旅、楽しそう…!

 



チェコ

チェコも、安くておいしいビールが楽しめることで有名な国です。

周りの国に比べて物価が安いこともあるんだろうけど、ミネラルウォーターよりもビールのほうが安いくらいって例えがあるほど、ビールが安くて美味しいんです。

横幅の広い特大ジョッキに、ビールをいっぱい注いでもらう。この上ない幸せでした…!

 

自分のお店オリジナルのビールを持っているお店も少なくない。

今度チェコを訪れたら、お気に入りのオリジナルビールを探したい気分。

思う存分飲んだくれたくなる思い出。(笑)

 

ベルギー

 

 

オランダのお隣・ベルギーで飲んだビールもおいしかったな。もはや芸術品のクオリティだと思う。

ベルギー国内には125の醸造所があります。

同じビールでも、度数・香り・味・色はどれも違う。地域によっても特色があるようです。

 

最近、ベルギーのビールが飲めるお店、日本でも増えてきますよね。

ベルギービール専門のバーもありますし。

 

 

先日、名古屋のBON CAFÉでベルギーのビールを飲みながらお仕事してました。ぱそぱそ。

赤い飲み物の正体は、チェリービールです(果物を使っているので、日本では発泡酒扱いされているそうで?)

ほんのりフルーティーで、ビールが苦手なおこちゃまにも飲みやすかったです。

甘酸っぱさと芳醇な香りがクセに…!

 

ビールを飲みながら仕事なんて、いい時代だな。

 

 

いくらいおいしいビールでも、全然お酒飲めないので、24本もとどいたらうろたえる。(笑)

 

 

モルドバ(実は…)

 

 

このブログでも何度も繰り返していますが…
モルドバはワインの国

安くて美味しいワイン(ひと瓶約300円~!)を国中で生産しています。

ワインで有名なモルドバは、実はビールも安くておいしい

ひと瓶(350ml)50~100円で買えます。にもかかわらず、日本のビールにひけをとらないおいしさ。

 

 

モルドバで最も有名なのが、首都の名前がついた「キシナウビール」。

私的には、モルドバでいちばんおいしいビールメーカーなんじゃないかと。青と白のロゴが特徴です。

 

私はグラスに移して飲みましたが(ぜんぜんお酒が飲めないから)、モルドバの人々はこれをそのまま飲みながら、夜を過ごすんだろうな。

瓶のデザインもオシャレだし、首都の名前そのまま書いてあるから、お土産にも。

 

そもそも、モルドバはお酒好きな人自体が多い気がする

別にワインじゃなくても、美味しいお酒なら関係ない、って感じでしたね。

滞在中にお世話になった人もみんな、お酒好きだったし。

値段も安くてちゃんとしたクオリティだし、お酒好きにはたまらん国だと思う。

 

 

このとおり、首都キシナウのスーパーには、ビールの瓶がずらり。

このスーパーはそこまで規模が大きいわけじゃないはずなのに。

お酒の売り場、めっちゃ広いです。もちろん、モルドバ以外のビールも多いけど。

 

この棚の裏側には、安くて美味しいワインが並びます。軽いカルチャーショックでした。

 

 

ビールが美味しい国を旅する幸せ

 

ドイツビールは日本でも飲めること多いし、おいしい(行ったことないけど)。

というか、どこの国でも(ある程度)おいしいビールって飲めると思うんですよね、うん。

あまり旅先でのんだくれたことがないので、数少ない「ビールおいしかったなあ」って記憶を掘り起こしました。

実際に行ったことある国から、おいしいビールの記憶を。

 

ヨーロッパは酒好きにはたまらんと思うのですよ。

ビールじゃなくても、ワインだったりウィスキーだったり、何かしら美味しいお酒が多い。

そして酒好きも多い感じがする。

 

酒好きならヨーロッパ旅、ぜったい楽しいと思うんだけどな。

 

【モルドバ】スーパーでも買える!おすすめのお土産3選♪

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






【お酒好き必見】ビールがおいしい!ヨーロッパの国5選” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です