【オランダ】15分あれば楽しめる!ロッテルダム中央駅の建築めぐり

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

 

私はオランダの古い街並みを愛していますが、実は現代建築もすき。

オランダの中でも、港町ロッテルダムには超個性的な現代建築があちこちにあります。

ぜんぜん時間がとれなかったけど、ちょっとだけでいいからふらふらしたくて、アントワープへ日帰り旅行の前におさんぽしました。

 

ロッテルダムの中央駅前だけでも、魅力的な建築はいっぱい。

15分くらいあれば見て回れる、すてきな現代建築を紹介していきます!

 



ロッテルダム中央駅:いかつめなルックスがすき

 

ロッテルダムの陸の玄関口、ロッテルダム中央駅そのものがおもしろいデザインだと有名なんです。

今の駅舎は、2014年にオープンした新しいもの。時代の最先端をゆくような、シャープな装い。

 

屋根がつきだした、左右非対称なデザインがいかつい…!

 

ガラス張りの正面ゲートからは、やわらかな光が差し込む。

目の前に広がるロッテルダムの街に心が躍ります。

 

電車が来るまで駅の中で暇つぶししてもよかったけれど、この光景を見たら、少しだけでもお散歩したいって気持ちになった。

 

ロッテルダム中央駅前をお散歩

 

せっかくなので、ロッテルダム中央駅前を少しお散歩してみました。

 

駅のすぐ隣にあるビルも個性的なデザイン。企業のオフィスがたくさん入ったビルだそうで。

ふたつの細長いビルが向かい合うように建っていて、それがひとつの建物になっている。

何かの要塞?みたいな(笑)近未来的な雰囲気を感じるぜ…!スタイリッシュですき。

 

もうすこし歩いてみると、また個性的な建物が見えてきた。

 

手前のベージュ色の真しかくな建物は、高校と音楽学校です。窓の形がすごく個性的!

こんなおしゃれな建物で学ぶのか、うらやましいぜ。

建物の1階にピザハットとかお寿司屋さんが入ってたのもなにげツボ(笑)

 

 

奥に見える、真っ赤な建物に惹かれ…もう少し歩いてみる。

 

アバンギャルドとはこういう見た目のことを言うのだろうか…?

 

不規則に並ぶ窓、音楽に合わせて波打つようなデザイン。

色合いの違う赤がいくつも並んでいるのもすき。これは現代アートの領域…!

 

奥側に並ぶ白い建物も気に入りました。

建築なんだけど、不規則にゆがんだ感じとか、波打つ感じが現代アートみたいにおしゃれで…!

 

 

見回してみると、向かい側にもおしゃれな建物。

 

気になって吸い寄せられてしまった(笑)

ここも、オフィスやお店の入るビルみたいです。

建物ももちろんだけど、人の顔がいっぱいかいてある看板もすてき。

 

どんな人がここで働いているんだろう。

 

 

 

ただのオフィスビルなはずなのに、ロッテルダム中央駅前の建物はスタイリッシュなものばかり。

ここ一体が現代アートの美術館みたいでした。

 

駅前のクライス広場わきの道をふらふらしただけなのに、自分好みの建築にいっぱい出会えた!

アントワープ行きの電車の時間が迫っていたので、お散歩はここまで。

 

時間があれば、しかくい部屋がつらなるキューブ・ハウスや、華やかなデザインの屋内マーケット、マルクトハルなど、個性的な建物を見に足を運ぶのもいいと思います。

 

 

それだけ素敵な建物があちこちにある街なのです、ロッテルダムは!

 

街歩きが楽しいぞ!

アムステルダムからの日帰りがオススメ♡かわいいオランダの街14選

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です