【ハンガリー】ブダペストの廃墟バー「シンプラケルト(Szimplakert)」のアンダーグラウンドな魅力

こんにちは!!ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

ブダペストにいる間は、きらびやかな場所ばかり訪れていたのではなく。
ナイト・シーンを彩る、現代的なスポットめぐりもしていました。

ペスト7区にある「シンプラケルト」は、廃墟となった集合住宅を改修してできたバー。

すでに、入り口の前はこのパーティーぶり。

カジヤマ
若干カオスな雰囲気やけど心惹かれる…

どんな体験が待っているのか、期待が高まります。

さっそく、中へ入ってみましょう。



ブダペストの、アンダーグラウンド・ナイト

細長い通路のような空間に、バーカウンターつきのホールがいくつも面しています。

低い天井にはいくつも電飾がぶら下がっていて、お祭り気分を演出しているかのよう。

壁にはたくさんの落書きとステッカー。

ところどころ剥がれかけてるところもあって、ここが相当古い建物だと想像させます。

階段の格子もレトロな表情。ぼろぼろなところと現代っぽさが共存し、ひとつの場所として成り立ってる…

 

アートなのかただのがらくたなのか。古ぼけた人形やランプもインテリアの大切なアクセントです。

経年劣化による汚れや影が、不気味な表情にも見える.…

クラシックな形の車に、カラフルなペンキアートと無数のステッカー。

座席はそっくり作り変えられ、客席のひとつとなっています。

古ぼけた建物の中に、がらくたに手を加えてアートにしたものがいくつも転がっている。
これが、ブダペストの街に増えてきている「廃墟バー」の特徴。

2000年代から、廃墟同然の集合住宅の中庭にイベント的なバーが出現し、今では通年営業する「廃墟バー」に。

シンプラケルトは、その先駆け的存在。観光客や若者に大人気です。

もともと、バーからは少し離れたところにあるシンプラ・カフェが2002年にオープンしたもの。

中庭とは言うけれど、しっかりと暖房設備や雨除けが整い、季節・天気問わず楽しめます。

使われなくなったものを、自分たち好みに手を加えて新たな価値を生み出す。

一見斬新な場所だけど、しっかりとブダペストの街に受け入れられていました。

通路を抜ければ、中庭部分の広いホールに出ます。

カラフルなつぎはぎのテントの下で、人々はグラスを傾ける。思い思いに楽しむのです。

平日の夜はこのくらいの混み具合だけど、休日はもっと賑わうんだとか。

バーとはいうものの、午前中から(月~木・土は午後~)営業していて、どの時間帯・曜日もわいわいしてます。

朝からお酒を飲める場所です。

 

日曜の朝~昼は、同じ空間でファーマーズマーケットが開かれます。

バーとマーケットの表情、それぞれ違ってまた楽しめる。

隣の集合住宅の中庭は、フードトラックが集う。

「フードトラック・キャラバン」として、こちらも連日にぎわっています。

イートインスペースも広くて、軽めのランチにもおすすめです。(ただ雨の日はさむい…)

Airbnb滞在にも!ブダペストのストリートフード・キャラバンに行ってみた

フードトラックのごはんや雰囲気のレポートはこちら。

ただでさえ飲み屋やカフェがひしめき合うエリアなので、散策がとにかく楽しいんです。

 

シンプラケルトはなぜできたのか。現代ブダペストの新たなニーズ

ブダペストの街には、歴史あるレストランやバー、カフェが点在する。

シンプラケルトをはじめとする廃墟バーは、今までのオーソドックスとは一線を画するもの。

自分たち好みに新しく作り変える、ということのエネルギーをしっかりと感じることができる場所でした。

 

シンプラケルトの周辺は、同じような経緯でつくられた廃墟バーばかり。廃墟バー巡りも楽しめるはずです。

ぴかぴかの新しさはないのに、不思議とその混沌の中に迷い込みたくなる。

廃墟バーでグラスを傾ける新鮮さを、ぜひ。

私もグラスを傾けてみましたが、初対面の地元の若者と大爆笑していた記憶しかなく、写真が残っておりませんでした…(´;ω;`)

楽しかったよ、うん

 

【ブダペストの晩ごはん】最後の晩餐はドッグフィッシュ…バー「Vicky Barcelona」での夜

シンプラケルト(Szimpla Kert) Infomation

住所:Budapest, Kazinczy u. 14, 1075 ハンガリー
営業時間:月~木・土曜は12:00~04:00、金曜は10:00~04:00、日曜は9:00~05:00
英語メニュー・英語対応可。
公式サイト:https://szimpla.hu/

 







ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

【ハンガリー】ブダペストの廃墟バー「シンプラケルト(Szimplakert)」のアンダーグラウンドな魅力” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です