超特急・タクヤ(草川拓弥)くんのフォトブックロケ地(ロンドン)を徹底追跡!/ノッティング・ヒル編

こんにちは!ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

これまで、大好きなアーティスト「超特急」がフォトブックの撮影をした、
イギリス・ロンドンのロケ地を紹介してきました。

(今まで、2号車カイくんがロケした「ボロ・マーケット」と、5号車ユーキくんの「ホクストン」について紹介してます)

とうとう満を持して!?

4号車・タクヤくんのフォトブック撮影地を紹介します。

フォトブック内は、ロンドン中心部でスーツを着て撮影したカットと、ちょっと離れた「ノッティング・ヒル」で撮影したデート感あふれるカットと、8号車驚愕の○○なカットに分かれてます。

ロンドン中心部のロケ地は別メンバーの記事で紹介済みなので、今回はおしゃれな「ノッティング・ヒル」のロケ地を徹底解説します!

おしゃれでスタイリッシュさも漂うノッティング・ヒルの街。

タクヤくんのかっこよさが際立つのもそうですが、「ここかわいい!」ときゅんきゅんした8号車もたくさんいるのでは!?

ぜひ、ロケ地巡りにお役立てください。

(フォトブック内の写真やタクヤくんの画像はありません。著作権の都合です…)



タクヤが美しくフィットする街、ノッティング・ヒル

ノッティング・ヒルは、シャープでフォトジェニックな4号車・タクヤくんがフィットする街でしたね。

ほかのメンバーはロンドンの東や南で撮影してるのに、彼だけロンドンの北のエリア。何か思惑があるんだろうか…?(勘ぐる)

白い壁、ましかくのフォルム。このコントラストが気に入ってます。
高級住宅街ゆえ、ロンドン中心部のごみごみとした感じや、薄暗い感じはないです。

そして映画「ノッティング・ヒルの恋人」のロケ地ですね。

フォトブックでも、そのことについて触れられてます。

こんなおしゃれな場所で、タクヤくんみたいな美しい男性と知り合えたら…なんて思うけれど、フォトブックの中にしまっておいた(笑)

でも実際、私がここを訪れた際、しびれる歌声をもつフィンランド人歌手と知り合いました。ギターの弾き語りに酔いしれました。かっこよすぎて挙動不審ぶりを披露しましたが(笑)とても素敵な思い出。

観光客に人気のエリアだから、休日はところどころでストリートライブを見かけます。楽しかったな。

素敵な何かとの出会いがぜったいにある。

ロンドンっ子の日常と、日本で感じることのできない空気を感じることができるエリアです。

個人経営のかわいいお店がちょこちょこあるのも、個人的にツボでした。

タクヤくんが歩いていた通りを、反対側から撮影してみた。

外に古着がいっぱい飾ってあって、ブルーの店構えがかわいい。

あの古着屋さん、遠目から見てもよく目立ってましたよ。

ヒルっていうだけあって丘にあるエリアなのですが、狭い道路を背の高いロンドンバスが走っていくのもまた趣があります。

最寄り駅:地下鉄セントラル/サークル/ディストリクト線ノッティング・ヒル駅

ポートベロー・ロード

タクヤくんも映えるこの道。

ポートベロー・ロードと呼ばれる、ロンドンでは言わずと知れた通りです。

とくに入り口を中心に撮影していたようです。中の方もディープな感じでお気に入り。

少し進んでいくと、白やパステルカラーの建物の1階に、通りに面してお店がずらりと並んでいます。

大きなお店やチェーン店はないけれど、個人経営のニッチなお店が多い印象。

あと、グラフィックアートのボードが並ぶお店、古本屋、古着店、アンティークショップが多いですね。

かわいいカフェも点在してます。店構えから看板までかわいい!

数々の映画のロケ地になってる場所でもあります。
最近は「パディントン2」のロケ地にも。

映画「パディントン2」のロケ地を紹介!(ポートベロー、タワーブリッジ…)

エレクトリック・ダイナー

タクヤくんがフォークとナイフを手に、食事を今か今かと待っていたレストラン。

エレクトリック・ダイナーというそうです。

隣接する映画館「エレクトリック・シネマ」のほうがロンドンっぽくて目立ってた記憶。おそらくこの映画館に付随するレストランです。

ジューシーなハンバーグと、チーズとろっとろのスープ。

8号車を飯テロしたあの写真は、手元にフォトブックがあればわかりますね。
革張りのソファがクラシックな雰囲気で、私は一発で気に入ってしまいました。

デザートのワッフルもおいしそうだなー。

イングリッシュブレックファーストやボリューミーなハンバーガーも気になる。

朝8時から日付変わって以降も営業しているお店です。タクヤくんは撮影で来ていたのでランチ利用だと思うのですが、個人的には夜に来てみたい。
(詳しい店内の様子はグーグルマップさん参照です…)

エレクトリック・ダイナー 公式サイト(英語)

カフェネロ(Café Nero)

ちなみに私は、このダイナーの向かいにある「カフェネロ」で軽くごはん食べました。青い看板が目印です。

ポートベロー散策中、ふらっと立ち寄りました。

エレクトリック・ダイナーの様子の写真がないので、ここのカフェの中から通りを見た様子をお届けします(わかりづらい)。

イギリスのチェーン系カフェでいちばん好きなカフェネロ。

アンティーク風の内装が可愛かった。
ソファ席ふかふかで、チェーン系カフェとは思えないおしゃれさ。無料Wi-Fiもつながります。

ハムチーズのホットサンドがおいしかったです。
店員さんの手によってふわっふわに泡立てられたレモネード(謎)。

おそらく、女子ひとりだとエレクトリック・ダイナーよりもカフェネロのほうが入りやすい。

好きなだけのんびりできるし、セルフサービス形式で気取らない。コーヒーも本格派。



ハミングバード・ベーカリー

タクヤくんがおいしそうにほおばったスイーツ。

イメージカラーの緑色のカップケーキに、かぷっとかぶりついた表情がちょっと無防備でかわいいと8号車を騒がせたアレですよ…

そのカップケーキ店も、ポートベロー・ロードに面したところにあります。
茶色とピンクがラブリーな「ハミングバード・ベーカリー」というお店です。

ロンドンでは言わずと知れたカップケーキ屋。ロンドンでカップケーキ、といえばここです。

というのも、ロンドンで人気なのは、大きくて色とりどり、ポップなカップケーキ。そのカップケーキ・ブームの火付け役が「ハミングバード・ベーカリー」と言われてます

店内は8号車カラー。ビビッドピンクですよ!ラブリーすぎる。

壁にかけられた小鳥たちのグラフィックもかわいい。

色とりどりのカップケーキが並びます。見ているだけで楽しい。

写真集には店内の写真なかったけど、時間なかったのかなー。それともお客さん多くて撮影難しかったんかなー。

私は「写真撮っていいよ!」って言ってもらえたけど…

そして、8号車のあいだで話題になったカップケーキ

クリームてんこ盛り。

すごく甘そうですが、チーズクリーム系のケーキを選べばわりと胃もたれしないです。

タクヤくんが持ってたのはスモールサイズ。あの写真みたいに片手に持って食べ歩くのにちょうどいいです。

私が食べたのはふつうサイズ。通常サイズのはずなのにとても大きい…スイートなふたりははんぶんこしてください。

自分の推し色のケーキを探すのも楽しそう。ぜったいに思い出になる。生写真持ち込んで…

レッドベルベット(赤)とオレオ(黒)、タクヤカラーのケーキがあることは確認しました。他の色はわかりません。

ですがレインボーケーキ(断面が虹色)があるのは確認しました。

タクヤくんとの相性がよいだけでなく、インスタ映え確実なかわいいカップケーキばかりです。ウーピーパイもあります。

スイーツ好きの8号車さん、かわいいもの好きな8号車さんにおすすめです。

詳しい様子は、旅行サイト「たびねす」でも紹介してます。

ロンドン・カップケーキブームの火付け役!?「ハミングバード ベーカリー」

ケンジントン・テンプル

ケンジントン・テンプル(Kenginton temple)はポートベローエリアのそばにある教会?です。

ペンテコステ派教会ということですが…私は通り過ぎただけです。

大きくて存在感がありますが、それよりもポートベローが待ち遠しくて(笑)

おしゃれで個性的、かつ現代的な風景のポートベローに対して、石の壁の古い建物。

やっぱりこういうのもタクヤくんにしっくりきますね。

彼はどこの公演で虹を見たのか

8号車をどうにかさせそうな○○シーンの後…

タクヤくんのロケ地は、大きな公園へ。
ポートベロー散策は雨模様だけど、ここでは晴れてます。空には虹!
虹とたわむれるタクヤくんもかわいい…

実は公園はあまり見て回ってないので、場所の特定をあきらめました。
「丘」というだけあって、大小さまざまな公園が点在してます。

ノッティング・ヒル近くで大きい公園といえば、ケンジントン・ガーデンやホーランド・パークでしょうか。

でもケンジントン・ガーデンは大きくて、ノッティング・ヒル以外のエリアにもまたがってるので違うかな…

どうしても特定したいなら、ノッティング・ヒル、いやロンドンじゅうの公園をしらみつぶしに探してみることをおすすめします。

あなたが思ってる以上にロンドンって芝生のある広い公園だらけなので、かなり時間かかると思いますが…(笑)
それに、写真集のカットに特徴的なものが映ってなかった。

これで特定するんはなかなか難しい。

おしゃれさんにはたまらない、ロンドンきってのおしゃれエリア

超特急のロンドンロケの半年前に訪れたノッティング・ヒル。

ほんとタクヤくん抜きで、私はこのエリアが大好きです。彼が訪れてからもっと好きになったけど!

歴史のある建物が多いエリアではないけれど、今のロンドンっていう雰囲気を強く感じることができて、刺激を受けます。

映画のロケ地になるくらいフォトジェニックだから、その世界観に浸りながら歩いたこともあります(笑)

ぜひ8号車には、フォトブック片手に、お気に入りの服を着て、自分のペースで溶け込んでほしい。そんなエリアでした。
今すぐ行く予定なくても、スカイスキャナーで航空券比較検索してるだけで楽しい。探しやすくて、ロンドンまでの最安値がすぐわかる。






超特急・ユーキ(村田祐基)くんのフォトブックロケ地(ロンドン)を徹底追跡!

超特急・カイ(小笠原海)くんのフォトブックロケ地(ロンドン)を徹底追跡!

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です