映画「パディントン2」のロケ地を紹介!(ポートベロー、タワーブリッジ…)

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です

公開当日に「パディントン2」を見て…

大好きなロンドンの名所がいっぱい出てきて、ひとりでキャッキャ(*´艸`*)してました(笑)
くまのパディントンが歩いてるのもまたかわいさ増すような。

映画のレポートはこちら↓

映画「パディントン2」を見て来たよ!ネタバレほぼなしレポート

ロンドン大好きなんですよね。ほんとに…!

ポートベローでお買い物して、ナショナルギャラリーに入り浸って、大きくてカラフルなカップケーキにかぶりつき、その日の気分でミュージカルを見て帰る…

そんな過ごし方ができるのはロンドンだから。
好きな映画に好きな場所、もうたまりません。

私はまたロンドンに行きたくなりました。たぶん、ロンドン行きたいっ!て思ってる人多いんじゃないかな?

ということで…
映画「パディントン2」のロケ地を紹介します。ロンドンに思いをはせるのはもちろん、ロケ地巡りもぜったいに楽しいと思う!同じ格好して…(^▽^)/



ノッティング・ヒル地区

主人公のパディントンが居候している、ブラウン一家が住むエリアです。

あの映画「ノッティング・ヒルの恋人」をはじめ、ロンドンのラブストーリーといえばここですよ!(とまではいかないけれど)映画やドラマのロケ地としてひっぱりだこの、有名な場所です。

作中であまり住んでるところについて話してはいないものの、真っ白、パステルカラーのおうちが並ぶのは、ノッティング・ヒル地区ならでは。

というのも、高級住宅街として有名なんです。ブラウン一家も裕福な家庭なんだと思います…

ブラウン一家に出会えてよかったね、パディントン…!

ポートベロー・ロード

パディントンが初めて働きはじめたのが、同じくノッティング・ヒル地区にある、ポートベロー通りのお店。そして、働くきっかけとなる飛び出す絵本に出会うのも、同じくポートベローの骨董店。

ポートベロー通りにならぶ建物はとってもかわいい。パステルカラーで、看板もかわいい。

この通りにはアンティークショップや古本屋さん、アートショップやおしゃれなカフェ…


このアンティーク調のおちついたカフェ「Café NERO」もポートベローに面してます。

一発で気に入りました。カフェネロ大好き。

あと、カラフルなカップケーキ屋さん「ハミングバード・ベーカリー」もここにあります。ロンドンに数店舗ありますが、ノッティング・ヒルのお店がはじまりです。

内装も鮮やかなピンクでかわいいし、ケーキもカラフルで、とびきり甘くて、大きくて…
ポートベローでおすすめしたいスポットのひとつです。

「たびねす」でも紹介しました。

ロンドン・カップケーキブームの火付け役!?「ハミングバード ベーカリー」

パディントンも仕事帰りに、あまーいカップケーキを食べ歩きしてるんだろうか。
ブラウン一家は、食後にこんなデザート食べてるんだろうか。

そんな妄想をしながら歩くのもまたいいんだよな~。

セント・ポール大聖堂

堂々たる二つの塔からのぞく、大きなドーム。

ここも映画ロケ地のひとつです。大聖堂内の大きな像が落下する、という事件が発生するのですが、実は…

近くの建物の間からのぞく姿もなかなか。

1981年、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた場所としても有名です。

実はイタリア・バチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂に次ぐ大きさなんですよ。

テムズ川にかかるミレニアム・ブリッジから。存在感がすごいです。

実は中もとても広くて、装飾がすごくて…ぜひ映画の中でお楽しみください。

タワーブリッジ

テムズ川にかかるいくつかの橋の中でも、最も存在感があるといっても過言ではないタワーブリッジ。

テムズ川との風景はまさにロンドンの象徴です。お城みたいなファザードがついているけれど、橋です。

この橋がロンドン橋だと思われることも多いみたいですが、実はロンドン橋は別にあります。

橋は可動橋で、大きな船がここの下を通る時は橋の真ん中が持ち上がるようになっています。

今でも現役で、運が良ければ可動の様子が見られるかも…!?

橋を渡るのは無料ですが、タワー内部の見学や博物館は有料です。

橋の可動に関する展示もあるそうです。興味のある方はぜひ。

このタワーブリッジも、物語のストーリーを握っています。

夜のタワーブリッジ、ほんまに素敵です…!

パディントン駅

くまのパディントンと同じ名前のついた駅です。

ロンドンの地下鉄はハマースミス&シティ線、ディストリクト線、サークル線、ベーカールー線が乗り入れています。

そしてヒースロー空港へ直接行けるヒースロー・コネクト、ブリストルやバースなどへ向かうナショナルレールも乗り入れているので、ロンドンの交通の要所の一つといえます。

ロンドン観光の拠点。

実は、ここがクマのパディントンの名前の由来となっているのです(お察しかと思いますが)。


パディントンが見つけられたのがここだから、みんな彼をパディントンと呼ぶようになったのです。

それに関連して、駅にはパディントンの銅像が。

ロケ地巡りには欠かせない場所だと思います。

もちろん、パディントン2にもここが登場しています。物語の転換となる大事なシーン。見逃せません!

まとめ

このように「パディントン2」のロケ地ってすごく魅力的です…!

パディントンを意識して観光してもぜったい楽しい!パディントン抜きにしてもぜったい楽しい!

まだ映画を見てない人は、映画「パディントン2」をぜひ見てほしい。きっと、ロンドン行きの航空券を探したくなるはず。
検索はスカイスキャナーがおすすめ。最安値がすぐわかる!


それでは、よい旅を!







ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

映画「パディントン2」のロケ地を紹介!(ポートベロー、タワーブリッジ…)” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です