【ウラジオストク】(噂には聞いていたけど)行ってみて驚いたことまとめ

お世話になっております。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ウラジオストクに1週間近く滞在していると、

今まで見てきたヨーロッパではない、もちろんアジアでもない光景が広がっていました。

ネットやガイドブックで事前に知ってはいても、いざ現地で目の当たりにすると、驚くことばかり。東京から2時間半のフライトで、こんな体験ができるなんて…!

 

ウラジオストクといえば、なことや、そうでないことまで…

私の備忘録としても、残しておこう。

 

 




美人が多い

 

ロシア美人」とは言いますがね…

アジアに近いウラジオストクでも、例外なく。

着飾っていたり、メイクばっちりしたりしてなくても美しい人が多い。

 

そりゃ日本人とは遺伝子レベルで違うってのはわかってるけど…

それでも、なんでだろうね。年齢問わず美しい人が多いぞ…!

なんでみんなそんなに綺麗なのだ…!

どこの国にも一定数の綺麗な人はいると分かってはいてもねえ。

 

 

【意外】ジョージア料理、美味しい!

 

 

 

ガイドブックをめくると【ウラジオストクで食べるべきグルメ】

ロシア料理といっしょに、ジョージア料理が紹介されていました。

ロシア料理やないんかいって(笑)

 

ジョージア(旧グルジア)とは、コーカサス地方の国。黒海に面していて、古くから温暖な気候を活かしたワインづくりがさかんです。

あと、旧ソ連の国ですね。スターリンの出身地なのか

旧ソ連の国といえば、モルドバとウクライナに行ったことがあるから、なんだか親近感ありました。

 

モルドバ人と話した日本のこと。日本に対するイメージのこと。

興味津々で、ジョージア料理を満喫しました。

 

肉汁いっぱいの牛肉をつつんだヒンカリ

餃子のようだけど、餃子よりもがっつり系。ジューシーでスパイシー

 

 

ハチャプリ。具をパイで包んだ、ピザのような、ピザじゃないような。

とにかくボリューミーです。

 

 

もちろん、ジョージアワインといっしょにね。深みと渋みと甘みが…はうぁ…

ジョージアの料理ってスパイシーで、エキゾチックな雰囲気を勝手に感じていました(笑)

 

 

日本じゃジョージア料理店なんてそうそうないけど、ウラジオストクではあちこちで見かけました。

こっちじゃジョージア料理ってそんな珍しくないんだろうなあ。

モルドバワインはぜんぜん入ってきてないのに、ジョージア料理店じゃないレストランで普通にジョージアワインが出てくるのもね。

ガイドブックで見てはいたものの、あらためて驚きです。

 

 

中国・韓国・日本のものがごった混ぜ

 

ショッピングモールに、中国語。

 

街のスーパーに行っても、日本で日常的に食べてる食品が普通に置いてありました

フェットチーネグミ、ガーナチョコ、お醤油…

だいたいどのスーパーもそう。もちろん、日本で買うよりも高いけどね(笑)

もちろん日本だけでなく、韓国や中国のものもたくさんみかけました。

 

現地の一般家庭におじゃましたときも、家電はほとんど中国・韓国・日本のもの

同じ東ヨーロッパでは、今までモルドバ・ウクライナの一般家庭におじゃましていますが、そこではありえない光景です(中国製はちょくちょくあったけどね)。

逆に、ロシア製のものは多くなかったような。日本周辺のものがたくさん入ってくるのは、距離の問題なんだろうか。

 

 

日本製はすごい

 

さっきの話に続いてですが…

韓国や中国製のものを紹介しながら、「日本製はすごいよ!使いやすいし壊れないし、日本製大好きなんだ!」ってべた褒めしてくれました。

 

あと、家にある日本製のもの、いろいろ見せてもらいました。

電気ポット、自動ゴミ箱、ハンドソープ、ミキサー…

日本製のもの、いっぱい使ってましたね。ここロシアだよな…??

たしかに、ヨーロッパを旅しているときや、韓国でヨーロッパの人と出会ったときも「日本はすごい」ってみんな言ってた気がする。メイドインジャパン!!!

 

 

観光スポット・お店の日本語表記対応はほとんど進んでいない

 

とはいえ、韓国みたいに街のあちこちで日本語を見かけたり、あらゆるものが日本語に対応していたりすることはなく。

観光スポットやレストランに行っても、スタッフさんが気をきかせて持ってきてくれるのは中国語OR韓国語表記のパンフレット。

 

Y氏
あのう…日本語か英語のやつがあれば持ってきてください…

 

と伝えると、申し訳なさそうな顔して持ってきてくれるのは、たいてい英語のやつ。

こっちが現地語を話せないのが悪いんだけどね。

これから日本人観光客が増えれば、変わりそうだなあ。

 



 

トヨタの中古車ばかり見かける

 

 

街を走る車は、トヨタ車ばかり。ときどきホンダやスバル車、中国車を見かける感じでした。

まさに世界のトヨタだな~と思いました。

ほとんど中古で、右ハンドル車。ええ、ロシアは右車線ですよ??

日本から船で運ばれてきたのかな。

 

滞在中に2回乗ったタクシー、両方ともトヨタ車でしたが。

両方とも、ガソリンや速度表記、カーナビが日本語。

ナビの現在地が「愛媛県大府市」のまま、なんてことも(笑)

それでも、慣れたように操作して、BGMを流しはじめるのはすごいと思う

 

Y氏
あんまりロシアにいる感じがしないですね~

 

 

日本語の書いてあるトラックも!!

 

日本車ばかり見かけたことに関係して。

ときどき、日本語の書いてあるトラックを見かけましたね。

豆腐屋さんや魚屋さん、トラックにひらがなと漢字が書いてあった。

とくにカンガルー便のトラックは2回以上見かけました。えっと…ここはウラジオストクですか?

 

Y氏
これも中古なんですかねえ

 

 

道が舗装されてない

 

ウラジオストクの道はガタガタです。到着早々、その洗礼を受けました。

空港から中心部まで約1時間半、郊外の幹線道路をバスで向かいます。

中心部に近づくまで、信号や横断歩道はほとんどなし。

 

舗装されてない道を、ボロッボロのミニバスがひたすら飛ばしてくれるんですが…もう、車体が跳ね上がるような感じ。

ガタガタ。車酔いするかと思いました。運転も荒いからねえ…

 

 

夕方の中心部はとにかく混むぞ!!

 

 

日本から飛行機でアクセスすると、夕方ごろにウラジオストクへ到着することになるかと思いますが…

(2019年現在)

中心部へは、だいたいバスやタクシーでアクセスすることになるかと。

この時間帯の電車(アエロエクスプレス)は不便です…

 

となると、通勤ラッシュの時間帯とかぶりますね。

郊外はめっちゃ空いてますが(だから運転手さんがめっちゃ飛ばしてくれる)、夕方の中心部はすごく混みます。車が動かないし、運転も荒いから事故らないかかなりヒヤヒヤでした。

 

渋滞していることを加味してスケジューリングすると安心かと。

渋滞してても1時間半くらいで到着しました。

 




 

中心部はキエフ(ウクライナ)、郊外はモルドバみたいだった

街並みはとてもヨーロッパな雰囲気ですが、「ザ・ロシア」という感じはしませんでした。

ロシアとはまた別の国のよう。そりゃあ、首都モスクワとかなり離れてるもんね…

 

その代わり、近しいものを感じた国があります。

まず、ウラジオストク中心部はキエフ(ウクライナの首都)の雰囲気。

そこから車で30分くらい離れれば、モルドバの郊外みたいな感じでした。

どちらもロシアの隣、すぐそばにありますが、ロシアとは全く別モノ。

影響を受けつつも、独自の文化を大切にしています。

 

とはいえ、ウクライナもモルドバも、あまり経済的に豊かではありません。

ウラジオストクにも同じような雰囲気を感じました。

高層ビルはそれなりにあるものの、廃墟もあちこちに残ってるし。

道が舗装されてなかったのも、ウクライナやモルドバっぽさを感じた理由かも。

 

ロシアにある街だけど、ロシアっぽさをしっかりと感じることはなかったです。

私の感覚なだけかもしれませんが(笑)

 

 

ウラジオストクでは驚いたことばかり。楽しかった

 

 

ウラジオストクの港が国際貿易港になり、観光客がたくさん訪れるようになって30年近く…

日本のものはたくさん入ってきてるけど、現地での様子を見てると、まだまだ日本人にとって身近な旅先にはなってないのかな~と感じました。

 

ここで紹介したのは「驚いたこと」でしたが…

2泊3日あればじゅうぶん観光できたし、自分好みのカフェやバーがたくさん見つかったし、市場をふらふらするのも楽しかったし、海辺を歩いてるだけでなんだか幸せだったし。

文化や生活の面で驚いたことは多かったけど、ぜんぶ刺激になったし、そういう発見自体を楽しめました。

東京から2時間半のフライトで行けるのに、しっかりヨーロッパの文化と風景。それでいてアジアのものもよく見かける…そんな場所、なかなかないよ。

【ウラジオストク】オーロラ航空に乗ってみた。2時間ちょいのフライトなら快適!

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です