【ウラジオストク】オーロラ航空に乗ってみた。2時間ちょいのフライトなら快適!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

成田空港から飛行機でウラジオストクへ向かう際…

はじめて「オーロラ航空」を利用しました。

 

オーロラ航空の親会社は、なんと「アエロフロート・ロシア航空」

約5年前、チェコ・オーストリアを旅するときに、モスクワ経由で利用したときは…

遅延するし、日本語のできるCAさんいないし、エンターテインメント機能にも日本語ないし、食べ物は合わないし…

なにより、CAさんが怖い印象。以前利用した際に、荷物棚の上から水滴が落ちて来て、CAさんに訴えたらめっちゃ怖い顔で怒鳴られたことがあり…(何を言ってるのかわからず)

できれば二度と乗りたくないと思っていました。

 

オーロラ航空もそうじゃないんか?ってね

 

 

日本からウラジオストクの空港に就航しているのは、オーロラ航空とS7航空。預け入れ荷物の都合で、オーロラ航空のほうがお得そうだとわかったものの。

(そう、オーロラ航空とS7航空は、料金以外にも違いがあるんやで!)

 

けっこうなトラウマになってて、「いっそウラジオストク行き自体をあきらめるか…」と悩んだものの。

背に腹は代えられぬと、利用を決意。

 

今度は、心地よい空の旅ができたのか?

乗り心地はもちろん、混み具合、機内の様子までしっかりレポートします。

 




 

座席:3×3

 

もちろん、エコノミークラスを利用しました(ビジネスや隣が空席のエリアもありますが、2時間ちょいだし…)

やはり席は3×3。青い皮張りの。

 

とくに席に不備はなく、2時間ちょいなら身体も痛くならないレベルです。

設備に関しては、他のエアラインの短距離便(エコノミー)とさほど差はないです。

 

 

 

エンターテインメント機能:ない!

 

 

長時間のフライトに必要不可欠な、エンターテインメント機能(前座席のうしろについてる液晶モニター)。

 

ついてませんでした。

たしかモスクワ―チェコ・オーストリア便もそうだった。モスクワ―日本便にはついてたけど。

 

まあ、2時間ちょいのフライトだから、なくても全然苦にならんかったです。

前座席のポッケに入ってる雑誌もロシア語と英語だったしね(笑)

 

Y氏
のびのび過ごせました~

 

機内食:2時間ちょいのフライトでも軽食・ドリンクサービス

 

短いフライトだし、軽食はなくてもいいかなと思ってましたが…

軽食にサンドイッチが出てきました。しっかり使い捨てカトラリーキットも一緒に。

 

パンにはさんでまっぷたつに切っただけ、って感じ。パン耳もそのままついてました。

具材はそのときによるとは思うものの、チキンORポークORベジタブルからランダムらしい。

野菜はきゅうり、トマト、アプリコットだったような。

 

手のひらサイズ。ロゴ入り

 

味はほんと普通です…具だくさんということもなく。

サンドイッチといっしょに、ドリンクサービスもありました。一般的なソフトドリンクはちゃんとそろってましたよ。

 

Y氏
トマトが食べれないシオリ氏のぶん、2つサンドイッチ食べちゃった

 



 

CAさん:美人が多い

 

 

ロシア美人」とはよく聞きますが、やはりCAさんも美人さんが多かったような

やはり日本のCAさんに比べると愛想がないというか、冷たい感じはしますが。

美人は多いです。目の保養になりました。

 

カタコトの英語(飲み物やサンドイッチをお願いするときに必要なレベル)は問題ないですし、仕事もてきぱきやってた印象です。

以前「アエロフロートのCAさん怖い」と感じてたのは、長距離フライトのモスクワ―日本便でCAさんがいらいらしてたからか。もしくは私が疲れていただけか。

特段怖いと感じることはありませんでした

 

 

 

混み具合:まったく混んでいない

 

 

無料の電子ビザ制度ができてから、日本人も気軽に行けるよ!週末旅行におすすめ!って聞いて、日本人が殺到しているのかと思ってました。

韓国や中国、台湾や香港へのフライトみたいに、満席状態なのか…

 

と思いきや。

席は20%も埋まってませんでしたよ。

往復ともにロシア人の家族が2~3グループ、日本人観光客が4~5人(私たちを含め)、あとはビジネス利用が10名前後という感じ。ガラガラでした。

平日だから、ゴールデンウイーク前だからってのは関係ない気がする…

 

たしかに、現地でも日本人観光客を見かけたのは1回だけ。

中国人や韓国人は殺到していますが、日本人観光客はまだまだ少ない感じですね。

ゴールデンウイークや長期休暇は日本人観光客が増えるかもね。

 

これから日本人観光客が殺到するかもしれないし、もしかしたら電子ビザが終了して従来の手続きを踏まなきゃいけなくなるかもしれないし。

そう考えると、今がチャンスなのかもしれません。

すぐ着いちゃうのに、まだ電子ビザが必要ということや、どんなに近くてもロシアだということが、まだ日本人の海外旅行先として定着してない理由なのかな…

電子ビザでOKになって2年近く経つのにね…

 

【ウラジオストク】現地の人に交じって教会のミサへ。「プラトーク」デビューしたよ

 

Y氏
あっという間に着くし、食べ物はおいしいし、街並みはヨーロッパなのにね

 

結論:2時間ちょいのフライトなら、とくに問題なし

 

 

オーロラ航空。

おっかなびっくりで利用したものの、とくに不快な思いをすることなく帰国しました。

 

CAさんに特別何かを頼んだわけでもないし、たった2時間ちょいのフライトだし。

さらに周りが空いていて、ふたりで3席を使って過ごせたのもあってか、快適だったような。

ほとんどストレスがなかったです。もちろん怒鳴られてもないです(笑)

 

さすがに日本のエアラインのような「至れり尽くせり」さはないものの、丁寧すぎる接客が苦手な私にとってはちょうどいい具合でやってくれてたような。

ウラジオストク―日本のような短距離便なら、これからもオーロラ航空を使って旅しようかなと思ってます。

まだ長距離便はトラウマがあるので悩みますが…(笑)

 

Y氏
とくに不満はないです

 

アエロフロート・ロシア航空で行くウラジオストク。

まずは航空券の値段だけでも調べてみませんか?

スカイスキャナー」ならささっと最安値を検索・予約できちゃいます。

検索だけでも旅気分を(笑)



ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です