【ウラジオストク】私がオーロラ航空を航空を選んだ理由

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

成田空港からウラジオストクへ行くのに、オーロラ航空を利用しました。

2019年現在、日本―ウラジオストクを結ぶ空の便は、オーロラ航空S7航空が就航しています。

それぞれ就航する曜日や時間、都市がびみょーに異なるんですが。

どっちを利用するか迷ってるかたも多いのでは?

 

実は私、オーロラ航空親会社のアエロフロート・ロシア航空にはちょっとしたトラウマがあり
(実際にオーロラ航空に乗ってみた感想とともに、トラウマについても触れてます↓)

【ウラジオストク】オーロラ航空に乗ってみた。2時間ちょいのフライトなら快適!

そんなにアエロフロート・ロシア航空にトラウマがあるなら、S7航空使えばええやん!って言われそうだけど。
たしかに、S7航空のほうが運賃がちょっと安いんですよね(2019年現在。時期にもよると思いますが)。

S7航空のほうが安いし、アエロフロート・ロシアにはトラウマがある。

なのにS7航空ではなく、オーロラ航空を利用してウラジオストクへいったのはなぜ?
少しですが、理由がちゃんとあります。

とるに足らないかもだけど、迷ってる方はぜひご覧ください。

 




①預入荷物が無料!(S7航空は追加料金が必要)

 

 

オーロラ航空を利用すれば、荷物がひとつ無料で預けられるんです!(23キロ以下)
これが一番の理由です。

5泊6日、ランドリー施設のなさそうなホテルにがっつり滞在。

着替えの入ったおおきなスーツケースを持っていくことになったので、かなりありがたかったです。

おみやげもたくさん買って帰ったしね!重たいワインやウォッカも買って帰ったしね!!
帰国前にはスーツケース13キロくらいあったで(笑)

 

アエロフロート・ロシア航空で無料で預け入れOKな荷物の範囲

・ひとつ23キロ以下
三辺の合計が158センチを超えないもの

相当大きいスーツケースでなければ、余裕で範囲内ですね(笑)
23キロを越えれば、カウンターで追加料金を払うことになるかと思います。

 

対してS7航空は、預け入れ荷物が有料です。
事前にウェブサイトでチケットを購入しておくか、空港で払うかになります。

値段はその日の外貨レートによると思いますが、片道数千円くらいかと。

きっとユーロやルーブルで払うことになるんだろうな。

 

追加料金を往復分払ったらとても高くつきそうだったので、オーロラ航空にしました。

カウンターで追加料金を払うのもアレだし、ロシア語で問い合わせできないもん。この選択は正解だったと思います。

S7航空を利用して追加料金を往復分払ったときと、ふつうにオーロラ航空を利用したときは、だいたい同じくらいの値段になるんじゃないかな?

荷物が多い人は、どっちでもよさそう。でも、のちのち追加料金が判明するのって…ねえ…

事前に買うのもロシア語もしくは英語のウェブサイトでとなると、不安です。

 

もちろん、手荷物が1個で収まるなら、S7空港がお得かと。

ただ、1キロの超過まできっちり確認されると聞いたので…カウンターで超過が分かったときのショックは大きいと思うよ…

これを踏まえてどっちにするか決めるのが良いのでは?

 



②日本の問い合わせ先あり!

 

オーロラ航空はがっつりロシアの航空会社。万一何かあったときに、ロシア語で電話するなんて無理←
だけど、日本国内に問い合わせ先があります。おそらく日本語でも問い合わせ可能です。

いっぽうS7航空に問い合わせしようと思うと、国際電話かメールでの問い合わせになりそう。

問い合わせページもロシア語もしくは英語だしね…

万一のときを考えると、これはかなり大きいのでは?

ちなみにオーロラ航空とS7航空、このサイトの比較がわかりやすかったです。
http://www.rtb.co.jp/page/012.htm

 

 

 

荷物の追加料金がめんどくさかっただけ

 

 

ウラジオストクへ向かう際、オーロラ航空を利用した理由について述べましたが…

S7航空はまだ使ったことがないですが、2時間ちょいのフライトならどっちを使っても差はなさそうだな…ってのが感想です。

追加料金がなんとなくイヤだったのでアエロフロート・ロシア航空にしたものの。

よほどのことがない限り、どっちを使ってもイヤな想いをすることはないはず(笑)

 

バックパックひとつでおさまるくらいに荷物を減らせそうだったら、今度はS7航空を使ってみようかな。

2泊3日とかで(笑)

サンドイッチが美味しいと聞くし、関西国際空港からも就航してるもんね(2019年現在は週1。アエロフロート・ロシア航空の就航はなし)。

 

ウラジオストクへ日本から、飛行機でアクセスする人が多いと思うから。
ひとつの判断基準として、ちょっと参考にしてみては?

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です