【ウラジオストク】朝9:00~お酒が飲める「PIZZAIOLO」で朝ごはん

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ウラジオストク滞在2日目。朝9:00

Y氏
まだ眠たい

 

とはいえ、私はお腹が空いてるので…

朝ごはんを食べに行きました!

 

滞在していたホテルから歩いて3分。「PIZZAIOLO」

Y氏
早く、たくさん食べたいです

眠たいけど食べるのは大好き。(笑)まるでパンダ

ウラジオストク観光をはじめる前にも便利だったので、ちょっと紹介します。

 




あったかスープが美味しかった

 

 

「PIZZAIOLO」はピザが売りのお店ですが、ピザ以外のメニューがとっても充実しています。
この日私たちが食べたのも、実はピザではありませんでした(笑)

 

かぼちゃのスープ。小さなパンつき。230ルーブル(約460円)

 

 

チキンスープ、半分たまご入り。140ルーブル(約280円)。

透明なスープ。あっさり系で、チキンが入っていました。ハーブがしっかりと効いています。

 

朝の始まりによいのでは?チキンしっかり、たまごもあってお腹いっぱいになりますよ。

どっちのスープも器の色合いがかわいい。マーブル模様?かわいい。

 

 

ドリンクメニューも満足

 

ホームメイド・レモネード。110ルーブル(約220円)。

300mlたっぷりジャーに、カットしたレモンをいっぱい。炭酸強め。

すっぱさと炭酸に頭がしゃっきりしました。
ビビッドな色のストローを2本さしてくれました。

 

スープも頼んじゃったから、お腹たぷたぷ。(笑)

ほかにも、たっぷりフルーツティーとか。
レモネードだけで3種類くらいありました。

ノンアルコールだけど、ミントざっくざくの「モヒート」も!
アメリカーノは100ルーブル、ラテやカプチーノは140ルーブルで飲めるの、かなりリーズナブルでは?

休憩に1杯、って気軽な使い方もOKですね。

 

 

朝9:00~アルコールOK!

 

Y氏にとって重要なのは

Y氏
美味しいお酒

美味しいお酒を飲むのには時間帯など関係ないようで。
メニューにお酒が載ってるの見て、迷わず頼んでました。

9:00開店で、朝からお酒が飲めるお店です!

 

黒ビール。私は遠慮しましたが…(笑)
黒じゃないビールや、ワインもありましたよ。

 

朝イチのお客さんだからか?まだお店がフル回転してない雰囲気もあり。
お客さんが他にいなかったのに、料理の出てくるスピードは遅かったような。

最初にY氏が頼んだスープも「まだ朝だから用意するの時間かかる、別のにして」と店員さん。

料理はおいしかったけどねん!やはりランチやディナーがメインのお店かしら。

 

 

インテリアもかわいい

 

 

でね、インテリアがかわいいんですよ。
インスタ映え?を狙ったような、ライトのついた全身鏡もあるし。

ソファ側はゆったり過ごせましたよ。クッションが各席に並んでいて。

ソファ側じゃない椅子も、ずっと座ってても痛くならない椅子。

 

 

店内は広々とはしてないけど、2階席があります。

1階には子どもが遊べるようなちょっとしたスペースも。

階段下に、ちょっと隠れ家みたいでかわいかった。

 

店内はWi-Fiつながるみたいですが、なぜかうまくいかなかった。。。

 

 

支払いや注文は席ではなく、こちらのカウンターで。

黒板かわいい。ロシア語で「カフェ」って書いてあるけど、しっかりご飯もお酒も出てきます。

ちゃんとピザ窯もありました。

 

 

ウラジオストク中心部のおしゃれなお店

 

 

場所は、ウラジオストク中心部。

私たちが滞在していた「マリンウェーブ ホテル」すぐそば、歩いて3分です。
地下はミュージック・バーらしい。

 

 

中国語や韓国語が窓に書いてあったけど、日本語メニューはなかった(そりゃね)。

ロシア語オンリーでも、写真付きメニューがほとんどだったのでそれほど困りませんでした。

ドリンク込みで、500円前後でちゃんとごはんが食べられるとは…

おしゃれなお店だし、おいしかったし、街中にあって、観光の途中にもいいと思いますよ。

 

こっちはお酒の出てこないカフェだけど、やわらかな雰囲気とかお気に入り

【ウラジオストク】看板がないと気づかなかった隠れ家カフェ。「TOK COFFEE」

 

 

PIZZAIOLO

 

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です