【ハンガリー】センテンドレで出会った「マジパン・ミュージアム」がかわいすぎた

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

ハンガリーの首都・ブダペストから電車で約40分。
かわいいかわいいセンテンドレの街で出会った「マジパン・ミュージアム」に心をすっかり奪われました。

ミュージアムの多いセンテンドレの中でもとくにお気に入り…!

 

カラフルで心ときめくマジパン・アートたちをとくとご覧あれ。



圧倒的なマジパンのアート

まず、マジパンというのは…
砂糖とアーモンドをこねこねして、固形にしたもの(Byカジヤマ母)。

超ざっくり説明するとそんな感じですが、もっと詳しくいうと…
砂糖とアーモンドを挽いて、練り合わせて、餡みたいにしたお菓子のこと。

緑とかピンクとか、カラフルな色を練りこむことができるお菓子でもあります。

オーストリアのお土産の定番「クーゲルチョコ」の中身としても有名かと。

ヨーロッパのお菓子にはよく使われています。日本ではケーキの上のお人形がポピュラーかな。

 

センテンドレの「マジパン・ミュージアム」は、そのマジパンだけで作ったアートを展示する場所。

ハンガリーでは有名な「Szamos」という老舗お菓子店が経営するもの。

職人技を駆使して作ったアートがずらりでした…!

 

マイケル・ジャクソンに故ダイアナ妃。マジパンで再現したオールスター

マジパンのアートを展示しているのは、ミュージアムの2階。

チケット600フォリント(約300円)を購入し、早速向かうと…

階段の上で出迎えてくれたのはマイケル・ジャクソン。等身大らしいです…!

マネキン並みにリアルなマイケル・ジャクソンがいきなり現れるので、かなりびっくりしました。

こちらのマイケルは62キロ。本人と同じくらい…?336時間もかけて作り上げた大作です。

今にもにょきにょき踊り出しそうなくらいに、リアルな存在感。

マイケルもだけど、すぐそばに飾ってある白い馬車、ケーキのマジパンもかなり丁寧につくりこまれてますよね。ひとつひとつ見入ってしまう。

 

向かい側に立っていたのは、なんと故ダイアナ妃!のマジパン・アート

心なしかちょっと表情が堅い気がするけど(笑)

今にも歩み寄ってきそうなフレンドリー感。

 

こちらも340時間かけて作られた超大作。

重さの話はやめときましょ(笑)

 

同じフロアには、大きいミッキーマウス

レトロな質感がツボです。

 

まさかのスピードスケート選手をそのままマジパンで再現してしまったこの作品。

かなり動きが縮こまってるように見えないでもないけれど。

スポーツに明るくないのでどなたか存じ上げないのですが、オーストリアのスター選手みたい。

ここ…ハンガリーなのに(笑)

 

しょっぱなから、ワールド・ワイドな有名人たちを再現したマジパン・アートに出迎えられて。

クオリティもなかなかのもので、期待値が上がりました。

 

ハンガリーの歴史もマジパン・アートに

ハンガリーの歴史上の人物や建物たちのマジパン・アートもありました。

マリア・テレジアの胸像もマジパン・アートに。

何歳くらいの頃のマリア・テレジアなんだろうか。妙にリアルすぎる…

装飾品まできっちり再現しています。

女帝とも呼ばれたマリア・テレジアは、ハンガリーを支配していたハプスブルグ家の女性。

同時にハンガリー女王でもありました。

ハンガリーの歴史にとって重要な人物なのでここに飾っているのですね…

 

ハンガリーの首都・ブダペストにある国会議事堂

左右対称のファザードを持つ、均整のとれた美しい建物。

 

ブダペストの人気観光スポットのひとつも、こうやってマジパンでつくられていました。

ファザードの細かいところまできっちり表現しています。気の遠くなるような細かい仕事。

 

実際の国会議事堂はこんな感じ。ライトアップされるとこんなにも美しいのです。

実際の国会議事堂を見てるから、そのまま縮小されたみたいなクオリティに感動です。

 

おとぎの世界も、マジパン・アートに。

カラフルなときめきの世界観を表現できるのも、マジパン・アートならではだと思うのです。

「SLEEPING BEAUTY」こと眠れる森の美女の世界を、マジパン・アートに。

物語の場面がひとつずつ区切ってつくってあって、台座が少しずつ回転していました。

回るアートをその場でじっと見ていれば、眠れる森の美女の世界を楽しめるというもの。

 

ストーリーのカギを握る荊もあちこちにはりめぐらされていて、かわいい。

王女が生まれたときの様子。

ちいさなベッドで眠る王女、かわいい…

 

眠る王女のそばに、あくどい表情を浮かべる魔女の姿。

王女の行方にくぎ付けになるような高いクオリティです。
このように、4つの場面が描かれていて、ひとつの物語に。

そりゃつくるのに2か月かかりますわ…うん。

 

スノーマンの世界もマジパン・アートに。

雪だるまのちっちゃなコミュニティがマジパンでつくられているぞ!
雪のさらっとふわっとした感じをマジパンでここまで再現できるとは…!

ずんぐりむっくりなスノーマンたちの愛くるしい表情もかわいい。

 

スノーマンたち、めっちゃ着込んでる(笑)

おそうじしている子もいれば、雪合戦しようとしている子もいますね。

ほっぺがつやつやでかわいい!

キュートなダルメシアンたちの「101匹わんちゃん」も。

カラフルなおもちゃ箱みたいな家の前で、たくさんのダルメシアンと飼い主のふたり、ダルメシアンたちの毛皮を狙う悪役・クルエラの姿。

ドタバタ劇の幕開け前ですね。
石畳や家の質感もマジパンとは思えないくらいリアル。

 

ダルメシアンたちの表情や模様もみーんな違って、見比べるのが楽しくなる。

表情豊かでかわいい。道路のマンホールや石まできっちり書いてある。

そしてクルエラの顔が濃ゆい(笑)

 



ロシア名物も「マジパン・アート」に

ロシアのお土産といえばマトリョーシカ。かわいいまるいケーキに乗っかったマトリョーシカたん。

つやつや加減が本物のような質感。マジパンにここまで細かい絵を描きこめるのか!

だけど左奥の人物、存じ上げない(笑)

 

「ロシアンケース」ということで、マトリョーシカの隣に楽器もディスプレイしてありましたが。

これもマジパンなのよね。

実際に弾けそうなくらいにしっかりしたつくりでびっくりです。

 

いちばんのお気に入り「オズの魔法使い」のマジパン・アート

数あるマジパン・アートの中でも、特に気に入ったのが「オズの魔法使い」。

もともと映画が好きっていうのもあるけれど、それ抜きでもこの仕上がり、素晴らしい。

 

ドロシーとゆかいな仲間たちが、願いをかなえてもらうためにオズの魔法使いのもとを訪れる直前でしょうか。

奥の緑の建物は、オズの魔法使いの居城。

そこに至るまでは、物語のとおり「黄色いれんが道」が伸びています。

花の彩りと緑にあふれる世界観、かわいすぎる!

 

いざ行かん!っていう場面なんだけど、4人のおどけた表情もたまらない。

ドロシーの飼い犬・トトもしっかりそばについています。

この世界観、好きだなあ。

 

私が紹介したのはごく一部。かわいいマジパン・アートがつまった素敵な場所でした。

そこまで大きいミュージアムじゃないんだけど、ひとつひとつをじっくり見てると、2時間くらいかかってしまった。

ガイドブックには載ってないけれど、私はセンテンドレ観光にマジパン・ミュージアムを推したい!

 

マジパン職人による実演も。

ミュージアム1階には、お土産屋さんとマジパン職人の実演ブース

「マジパン・マニュファクチャー」って看板もちゃんとある。

ひとつひとつ、職人たちが丁寧に命を吹き込んでいる最中。

 

ケーキに乗せる用のかわいいマジパン細工が手前に。

マジパンなのに動物たちの表情が生き生きしていて、思わず手をのばしそうになりました。

バラの花のマジパンも、質感がリアルですき。

 

手前の職人さんは、マジパンでつくったぶあつい本の上に、またマジパンで物語を描いています。

どんな童話が作られていくんだろう…細かい作業にこっちも黙って見入ってしまった。

 

奥のほうには、とびきりカラフルなケーキ。

本の中から飛び出した「不思議の国のアリス」のゆかいな仲間たちが、にぎやかにケーキを彩っています。

遠目からでもわかる彩りと、細かい仕事ぶり。

トランプの兵隊たちがとくにかわいい…!

 

路地を挟んで隣には「Szamos」の経営するかわいいカフェも。

見学した後はここでひといき…(ひといきするヒマなかったけど)

 

 

マジパン・ミュージアム(センテンドレ)の基本情報

住所:Szentendre, Dumtsa Jenő u. 14, 2000 ハンガリー
時間:9:00~19:00
入館料:600フォリント(約300円)

 

【ハンガリー】ブダペストから日帰り観光♡かわいいセンテンドレを散策

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です