【ブダペストの晩ごはん】カサブランカ/渋い雰囲気の中で、ひとりマンガリッツァ豚を喰らう

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

いい加減、2017年11月のブダペストでの思い出をまとめなければ…!
ということで、ブダペストでおすすめのレストランをひとつシェア。

冬にはクリスマスマーケットが開かれているヴェレシュマルティ広場から、にぎやかなヴァーツィ通りを歩いて5分くらい。

「今日何食べよう…一人だしなあ…」ときょろきょろしてた私が入ったのは

カサブランカ レストラン&ステーキハウス」でした。

店先で店員さんが呼び込みしてて入りやすかった。

名前のとおり、ステーキが売りのレストラン。

ハンガリーにいるから、それっぽいもの食べておきたい!と意気込んで頼んだのは、
マンガリッツァ豚のステーキでした。

超渋いインテリアとともに、美味しいステーキを紹介しますね。



石焼の豪快なマンガリッツァ豚!!

「マンガリッツァ豚なんて食べたことないよ…」
と席に腰かけながら考える。どうしても食べておきたかった。もう、迷わなかった。

石焼の鉄板でジュージューと音を奏でるマンガリッツァ豚。食欲をそそる香り。分厚い。

カメラを手にするのと同じタイミングで、店員のおいちゃんがおもむろにフォークとナイフを持つ。

ステーキの端を切り分け、断面をアツアツの石に押し当てる。

唐突に始めたので、私は一瞬固まってしまった。

 

「OK?」と聞いてきたので、ああ、こうやって食べろって意味で始めたんだと理解する(遅いよ)。

有無を言わさぬ雰囲気だったので、うんうんとひたすらうなずく。

そんなやりとりを終え、おいちゃんが切り分けてくれたのを口に放り込む。

とにかくジューシー。

無駄な脂っこさがなくて、どんどん食べすすめてしまう。火の通り具合が調整できるのもいい。

ステーキの断面に石を押し当てて火を通すのって、なんか、わくわくする。

筋や脂身はなく、食べやすい。ボリュームがあって、大満足の食べごたえ。

これが天下のマンガリッツァ豚なのかと感動する

塩コショウのバランスも絶妙。マンガリッツァ豚のおいしさをちゃんと引き立てている。

ポテトは鉄板の外、サイドにてんこ盛り。

これでもかというくらい。サイドディッシュの範囲をゆうに超えている。

マヨネーズとピリ辛ソースつき。ステーキよりもこっちのほうがボリューム的に半端ないけど、無心で食べ続ける。

ゴッドファーザーと私

半分くらい食べたところで、ステーキを持ってきてくれたおいちゃんが、「うまいか?」と再び有無を言わさぬような雰囲気で聞いてきた。

たぶん、私が一人で来ているというのと、無心でほおばっているからだと思う。

 

おいちゃんって言ってるけれど…雰囲気がゴッドファーザー。

ぜんぜん笑ってない。

ちゃんと食べ方のレクチャーしてくれたし、接客が悪いわけじゃない。素敵な男性ではあるけれど、雰囲気が、ゴッドファーザー。

ゴッドファーザーってパート3まであるんか…(恥ずかしながら)

無駄に身構えている自分(謎)

素敵なおいちゃんと、しばらくレストランの1階でふたりきり(ほかにお客さんがいないんだもん…)。

ハンガリーのトカイワインとかパーリンカとか、お酒を頼めばよかったんだろうけど…
ひとりで帰路につくことも考えて、水。

ハンガリーの母なる海、バラトン湖の。

瓶のデザインもフォトジェニックやんな。

映画「カサブランカ」の世界観

ひと段落ついたところで、改めて、店内を見渡す。

どこか宮殿の晩餐会を思わせる、アールヌーヴォーな内装。素敵。
あちこちに著名人らしき写真がかけてある。

それだけ有名な店ということだろうか。

そして、どこかで見かけたことのある白黒の写真を発見した。

黒人男性がオルガンを弾く。その傍らにジゴロ風の白人男性。

映像のワンシーンらしい。

 

今まで見た映画を思い返すと、心当たりがあった。
2017年にキャセイパシフィック航空の機内で見た「カサブランカ」という映画のワンシーンだった。

なるほど、だから店名が「カサブランカ」なのか。

 

1942年、戦時中のアメリカ映画。

モロッコのカサブランカという街で繰り広げられる、超ノスタルジックな恋愛劇。

主人公が経営する酒場で、彼がパリにいたときに付き合っていた女性と再会。しかし彼女には夫がいた。

この微妙な三角関係に、当時の世界情勢や暗殺劇が複雑に絡み合う。

 

主人公が経営していた酒場で、ピアノを弾いていた黒人男性と談笑していたシーンがこの写真にあてはまる。

ピアノを弾く黒人男性は、主人公に雇われている専属ピアニスト。

オーナーを信頼しきっている黒人男性と、自分が国外逃亡したあとの彼の行く末を悩む主人公。

傍らにいるのは、主人公の命を狙う警察…とても複雑なシーン。

映画の中では、主人公と再会した元恋人に「あの曲が聞きたいわ」と促され、弾き語りする場面も。

実際、作中での演奏はずっと音に合わせてフリをしていたんだとか…

 

…と、とにかく、超むずかしい映画でした。

ムードたっぷりでロマンチック、かつ劇的ではあるけれど、戦争や政治のことが複雑すぎて、頭がおいつかなかった記憶がある。

素敵な映画だけど、とにかく、難しい。

 

ノスタルジックな雰囲気漂う映画の世界を、頭の中で高速再生。

浸る。とにかく浸る。私は浸る。

昔とは違うふたりの関係、命をかけた生きざま…

 

そうやってひとりの時間を楽しんでいたら、先ほどのおいちゃんが伝票をおいていった。
値段を見る。8857フォリント。(約4425円)。

こんな値段の食事をすることは、私の旅ではなかなかない。

伝票をよく見ると、サービス料込(いわゆるチップ)の値段だった。

ブダペストの繁華街にあるアールヌーヴォーなレストラン、だからね。

マンガリッツァ豚自体の値段は6500フォリントほどだったと思います。

 

お金を用意して帰る準備をしていたら、ホールの担当が、おいちゃんからザック・エフロン系の超イケメンに変わっていた。

これはこれでまた挙動不審になる私。

横目でちらりとイケメンを確認し、お礼を言って、店を出た。

「バイバイ」と言われたけれど、在庫チェック中か何かで、こちらへ目線は向かなかった。

外にもたくさんのテラス席がずらーり。

店内には2階席もあったのに。このレストラン広すぎる。

私がふらっと寄ったときは雨だったのでアレですが、繁忙期にはこのテラス席も人でいっぱいになるんだろう。

しかし寒そうだ…

さいごに

  • ブダペストの繁華街にあるレストラン 分厚い石の鉄板でじゅーじゅー。肉厚マンガリッツァ豚は絶品
  • 牛ステーキや魚料理もありました。
  • アールヌーヴォーな雰囲気の店内で過ごすのがおすすめ。
  • 映画「カサブランカ」の世界観がモチーフ
  • ゴッドファーザーとザック・エフロン系のイケメン

午後6時前後までなら空いていて、ひとりでも入りやすい雰囲気です。

ひとり旅だけどマンガリッツァ豚食べたい!という人はぜひ。内装とゴッドファーザー的なおいちゃんも素敵だったよ。

あ、同じブダペストで朝食を楽しむなら、「サーカスカフェ」が一番いい!

おしゃれな店内でいただく絶品エッグベネディクト。

【ブダペストの朝ごはん】イチオシ!ペスト7区のおしゃカフェ「Cirkusz Cafe」







ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

【ブダペストの晩ごはん】カサブランカ/渋い雰囲気の中で、ひとりマンガリッツァ豚を喰らう” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です