ポーランド航空(LOT)搭乗レポート!機内食は?サービスは?口コミします

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

2017年11月のハンガリー旅行では、ポーランド航空(LOT)を使いました。

初めてのポーランド航空。日本には2016年初頭に就航したばかり。気になってはいるけれど、まだ利用者の口コミも少なく、実際どうなんだろう?と思いながら乗りました。

スカイスキャナーで検索すると、ポーランド航空のチケットが最安値で出てくることが多いんです。
今までは中東経由のチケットが安いことが多かったけれど、この様子ならポーランド航空も格安旅の定番になりそうだと感じています。

そこで、みんな気になるポーランド航空の様子をレビューします
(すべてエコノミークラスの様子です)

機内食は?サービスは?快適度は?利用するうえでぜったい気になることを口コミ。
もっとヨーロッパを旅する人が増えてほしいと思いつつ…

まずは日本―ワルシャワ便(長距離便)のレポートから。

機内の様子

座席は3×3×3という並びでした。

カジヤマシオリは華奢なことで有名ですから(笑)特段狭いということもなく。やっぱり前の人に背もたれ限界まで倒されるとキツイですね…

背もたれがちょっぴりカーブして、フィットするように。テーブルとは別にカップホルダーも。

座席の後ろにUSBケーブル用のコンセントあります。充電し放題です。

イヤホンの穴はひとつ。ふつうのイヤホンも使えるやつでした。

やはりみんな複数回使うからトイレはきれいじゃない。古くはないけれど、たぶんフライト中はほとんど清掃に入ってない様子。

仕方ないか…

機内アメニティ

機内アメニティは「なし」といってもいいと思う。

中東経由の航空会社は缶ケースやポーチ入りでアメニティくれるのに、ポーランド航空はほとんど何もなかった。アエロフロートでもアイマスクとスリッパくれたのに。

まあ荷物になるし、必要ないこともあるので、あまり気にならなかったです。よってアイマスクとスリッパ持ち込みをおすすめします。

とはいえ、枕とブランケットはあります。

わりと大きめのブランケットでした。

エンターテイメントモニター

長距離移動に必要不可欠なエンターテイメントモニター。
日本に就航したばかりだから、日本語メニューはあまり期待してませんでした。

意外にも充実していてびっくりです。カタコトですが日本語対応メニューも。
日本の映画作品も数本ありました。ハリウッド系映画は30本以上、次いでポーランド映画、ロシア・中国・韓国映画が少々といったところでしょうか。

少ないものの、ハリウッド系映画については日本語吹き替えがありました。ほんのわずかですが…

あらすじが日本語で出てくるのに日本語の字幕出てこないってナンデヤネン

ドラマ・バラエティ番組やその他

ドラマ・バラエティに関しては日本のもの・日本語対応はゼロです。

ですが、大好きなディズニーチャンネルドラマや「アイ・カーリー」が入っててうれしかったです

アイ・カーリーは、サムが気になる人のために女らしくなろうと奮闘し、カーリーも協力するというストーリーでした。数作品だし英語だけど!

さらに、ワルシャワで乗り継ぎする人向けの「LOTトランジット」という動画も。日本語もあって、到着前の心構えにちょうどよい。

音楽

 

日本の音楽はありませんでした

イギリスやアメリカの著名なアルバムも入っていなかったような気がします。ポーランドの人気曲が多かったです。

ポーランドは有名音楽家・ショパンの故郷とあって、クラシック音楽はいっぱいありました。特にショパンのアルバムは何枚も入ってました。

睡眠導入に重宝しました。

ゲーム

ゲームに関しては、他の航空会社と同じようなラインナップ。

時差ぼけ防止のため、定番の「テトリスAir」を延々とやってました。

たぶんCAさんからは「このアジア人またテトリスやってるw」と思われてたに違いない。

コントローラーはこんな感じです。わりと新しい機体なのか、綺麗で使いやすかったです。

機内食・機内サービス

出発後まもなく、ドリンクといっしょにお菓子のサービス。

グミの小袋です。ハリボーっぽいけどハリボーではありません。ポーランドでは有名なんだろうか。

このほかにもピーナッツ類が配られたことがありました。酒のつまみ

ドリンク

ドリンク、一通り定番は揃っていたと思います。プラスチックでも、紙のカップでも提供してくれます。すっごく濃そうなベリージュースもありました(既視感)。

ポーランドっぽい飲み物でいえば、ポーランドのビールでしょうか。

デザインがツボでした。

ヨーロッパのビールは飲みやすくて好きだけど、普段飲めないのでわずか缶の半分で飲んだくれになってしまいました。

お酒は適量でね!

スポンサーリンク

機内食

機内食は2種類。ヴィーガン用機内食は事前申し込みが必要です。
片道で2回(夕食、朝食)の食事があります。

機内食の全容を紹介します。

日本発の夕食はチキンOR白身魚、朝食はパスタOR牛肉となっていました。
ワルシャワ発の朝食はオムレツORパスタ(おそらくうどん)、夕食はチキンと何か(失念)

ここでは、私が日本発で選んだチキン、牛肉と、ワルシャワ発で選んだオムレツ、チキンの機内食をレビューします。

まずは日本発の夕食。チキンはあんかけ。ほうれん草がそえてありました。
・サラダ(フレンチドレッシング)
・パン(バターつき)
・野菜盛?(食べてない。オクラとれんこんとトマトと…)
・kiriチーズ

あんかけチキンはなかなかいけた。

つづいて朝食。牛肉はたぶん牛丼風で甘辛い。紅ショウガ添え。
・サラダ(フレンチドレッシング)
・パン(バター付き)
・そば(めんつゆ・わさびつき)

こちらの牛肉もなかなかおいしかったです。

和風のほうが日本人の好みに近づけてあるんだろうか。

ただ、そばのわさびは別添えではなくそのまま上に(写真は残骸)苦手な方は必ず食べるまえに別皿によけといたほうがいい。つゆの味も濃い目。

日本発の食事のパンは山崎製パンでした!

つづいてワルシャワ発。

最初の食事セットは…

・ハムのオムレツ(トマトとほうれん草添え)
・パン(かため)
・チーズ盛り合わせ
・フルーツ
・チョコレートのお菓子(ウエハース?)

あんまり好きじゃなかった。オムレツも野菜もくったくた

次は…

・蒸しチキン(じゃがいも添え)
・春雨とニンジンときゅうりの和え物
・パン(いちごジャムつき)
・卵焼きと枝豆としょうが
・チョコレートケーキ

食傷気味のところにはなかなかきつかったけどふつうに食べれる。チキンも無難な味。

ケーキはとにかく甘い

あまり意識せず頼んだら、気づけば日本発の食事は和風、ワルシャワ発の食事は洋風になっていました。

記憶は確かでないけれど、こちらが希望をいう前に半強制的に種類決められたこともあったような…

セルフの軽食(スナック)、ドリンク類

機内食以外にも、お腹がすいたらつまめるセルフのスナック・ドリンクサービスがありました。
エコノミークラスの機内後方にあるギャレーに、自分で取りに行くシステムです。

スナックは、先ほどのお菓子の小袋と、OYAKATAラーメンというカップ麺

カップ麺は2種類ありました。ここでお湯を入れてもらって、お席でどうぞ。

麺はまあ日本のようなおいしさじゃないけど…鶏風味のあったかスープは機内食あんまり食べれない自分にはありがたかったです。

無料なら麺残しても罪悪感ない。

ドリンクもいちおう揃ってます。あったかいコーヒー・紅茶をご希望の場合、CAさんに一声かけないといけない。あとカップ麺もね!

ワルシャワ―ヨーロッパ便(近距離)

そうそう、ワルシャワからヨーロッパ(私の場合はブダペスト)便はコレで飛んでいきます。

でっかいプロペラ。うわさには聞いていましたが、本当だったんだ…

カジヤマ母がウン十年前に乗ったオランダ―フランスの飛行機もプロペラだったらしいので、1時間くらいのフライトならコレなんだろう。

ブダペスト発の際にプロペラの真横に座っていたので、目線をやるとめっちゃプロペラ回ってました(笑)

機内座席は2×2でした。短距離便ですから。

1時間ちょっとのフライトでしたがドリンクの提供がありました。あとチョコレートのお菓子(長距離便でも配られたアレ)をもらいました。

CAさんの印象


悪くないと思います。やっぱり英語が通じにくいんだろうか。「ん?」ってなることがあった。女性CAさん美人やった…

長距離便のCAさんはわりと人数多かったです。てきぱきしているというよりも、仕事を淡々とこなしている…(笑)

食事サービスもなくなってみんな寝静まってる時、ギャレーにスナック取りに行くと、みなさんとてもリラックスされていたようで(笑)食事やドリンクの提供、離着陸や対応がある際を覗いてみんなギャレーにいた。

仕事を探して歩き回っている感じはなかったので、ある程度ほっといてくれたのはストレスがなかったです。

短距離便のCAさんは2人です。2回のフライトともに男性CAさんでした。

カジヤマ父と同年代くらいの男性(わかりづらい)とイケメンという組み合わせ。長距離便よりもてきぱきしててびっくりしました。仕事が早い。仕事ちゃちゃっと終わらすぜっていう雰囲気(笑)

トータルでの感想

悪くない

もっとサービスがずさんで機内食まずい航空会社知ってますから…(笑)それを考えればサービスは及第点。

不自由はありませんでした。10時間ちょっとのフライトなら問題ないです。むしろ余計なものが一切なくてちょうどよい。

参考にはならないと思いますが、2017年11月に使った日本ーワルシャワ便は往復ともに空いていました。ツアー利用さんは同じグループの人が近くに固まって窮屈そうでしたが、個人客は超広々と使えました。座席を3つ占領できるくらい人いない(席の占領は周りの状況をよく確認してから!)

逆に近距離便は満席でした。日本人は2~3人くらいしか見かけなかった。

いつも長距離便がこのくらい空いてて、広々使えるんならポーランド航空一択かもしれない(笑)

そしてポーランド航空がヨーロッパへ行く最安値なら、今後も使ってみようかなと思います。最安値はスカイスキャナー
で検索です。



【決定版】ポーランド「ワルシャワ・ショパン空港」での過ごし方ヒント!

女子ひとり旅専門家が語る!フィンエアーでヨーロッパへ行くメリットTOP8!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です