オランダ旅行リピーターおすすめ♡オランダがきっと好きになる、ふたつの映画を紹介

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

私のヨーロッパひとり旅を盛り上げるもの。それは、映画

もともと映画大好きで、日本でのひとり時間はもっぱら映画を見てるってほど。

その国でロケした映画、国の歴史をストーリーにした映画などなど…
やはり気分がアガります。「こんな景色があの国には…!」と。
見てから旅に出ると、感動もひとしおですね。

ヨーロッパ女子ひとり旅を満喫しているカジヤマシオリが、
旅行気分をもっと盛り上げるであろう、おすすめの映画をちょこちょこ紹介していきます!

まずはリピートするくらい好きなオランダから。

ん?オランダ映画ってあんまり聞いたことないよな?でも意外と、オランダでロケしてる映画って多いんですよ。

まだオランダへ行く予定がなくても、見ておくとイメージが膨らむかも!?

真珠の耳飾りの少女(2003年、イギリス・ルクセンブルク)

 

 

 

「真珠の耳飾りの少女」…あなたはこの作品、知ってますか?

 

 

オランダのデルフトという小さな町で生まれ育った、ヨハネス・フェルメールという画家の作品です。私は彼の作品に導かれるようにして、ひとりでヨーロッパを旅するようになりました。

もしこの作品に強く惹かれたというのなら、この映画を見て、オランダを訪れてほしい。

 

この絵をモチーフにした、完全フィクションの小説「真珠の耳飾りの少女」が出版されました。

 

 

ベストセラーとなったこの小説を原作にした映画を、オランダ旅行の前にぜひ見てほしいと思うのです。




舞台は17世紀オランダ。画家の家で召使として働く少女・グリートが、作品のモデルに抜擢されます。その画家こそが、ヨハネス・フェルメールです。

モデルとして、フェルメールとふたりきり。グリートは窓から差し込む光が作品の印象を変えることに気づいていて、「窓を拭いても大丈夫ですか?」と彼に問うのです。そんなグリートに、フェルメールは絵の具の調合を任せます。

そこから二人の仲は急接近。もちろん、アトリエにふたりきりになっていることは憶測を呼ぶわけで…

 

モデルかつ絵のアシスタントとなったグリートに強い嫉妬をしていたのは、フェルメールの妻・カタリーナ。アトリエでふたりっきりなことに怒りをあらわにするシーンも。

フェルメールは無事、真珠の耳飾りの絵を描き上げることができるのか?ふたりの関係は!?

 

全くのフィクションではあるものの「真珠の耳飾りの少女」から膨らむストーリーにどんどん引き込まれていきました。グリートを演じたスカーレット・ヨハンソンの美しさにも、どこか謎めいたところがあって、ハマり役だなあと思いました。

どこか意味深であり、本質を見抜かせないようなミステリアスさがある絵だからこそ、こんなストーリーを作れるんだと思います。

衣装や小道具もフェルメール作品から飛び出してきたみたいな再現度で、見ごたえあると思います。

美しくもはかなげで、本当に「何を考えているのかわからない」存在。触れられそうなのに、触れることができない、尊さを感じます。

映画では召使でしたが、本当のモデルは明らかになっていないし、そもそもモデルがいないという説もあります。あなたはどう思いますか?

作品が気になったら「デルフト」と「マウリッツハイス美術館」へ!

この映画が気に入ったら、ぜひ「デルフト」を訪れてほしいです。

なぜなら、フェルメールは生まれも育ちもデルフトだから。彼が登場人物の映画なので、デルフトの古い街並みは世界観そのものです。

 

 

ここだけ、ゆっくりとした時間が流れてるようです。かわいい景色はいつまでもふらふらしていたいくらい…!

あと「真珠の耳飾りの少女」に会いに、デン・ハーグにある「マウリッツハイス美術館」を訪れるのも外せない。デルフトから電車で10分くらいだから近いよ!

 

 

もともと貴族の邸宅という美術館。規模はそれほど大きくないけれど、質の高いコレクションを誇ります。展示も多すぎないから疲れません!

 

 

展示室の中で、きらきらと輝く彼女。大きい絵じゃないし、派手さもないのに、なぜかここにだけスポットライトが当たってるような。まさに「真珠」のようなまばゆさでした。

 

しあわせな人生の選択(2015年、スペイン・アルゼンチン)

 

 

 

日本では2017年に公開されたばかりですよ!パンフレット買うくらい気に入った映画です。

 

映画のロケ地のメインは、スペイン・マドリード。ゆえにオランダの映画ではないものの、ちょこっとオランダの風景が登場します。

カナダで暮らすトマスが、マドリードにいる友人のフリアンを訪ね、4日間を過ごす物語。
フリアンは実は末期がんなのです。人生の終わりを感じたフリアンが、死ぬまでにやっておきたいことにトマスがとことん付き合います。

葬式屋の手配、愛犬トルーマンの引き取り先、治療の停止…フリアンの一人息子へ会いに行くというのもひとつ。そのためにふたりは、アムステルダムに飛行機で飛びます。なんと日帰り!

直前に「よし、行くか」とチケットを手配。がんを知らない息子には何も伝えず出発。息子には「トマスの仕事についてきた」とごまかすフリアン。まさに「思いつき」の旅です。

 

ここで登場するアムステルダムの街はとてもノスタルジックで、それまでのマドリードの景色とはぜんぜん違う。伝統的なカナルハウスが、運河に並ぶ風景。

坂はなく、自転車が行き交う。マドリードの風景とのギャップがまた新鮮に映ります。

 

まず二人が訪れたのは、運河に浮かぶボートハウスでした。

そこに息子が居候してるとのことでしたが、彼は大学に行ってるため留守でした。同居人から「大学にいると思うよ」と住所を教えてもらいます。ボートハウスの風景も、運河の街・アムステルダムならではです。

「音楽ガンガンで「ドラ●グパーティー」やってたんだろ」と悪態をつくフリアン。これもオランダなんだよな…(笑)

アポなしで息子と面会し、彼の彼女も紹介してもらったふたり。フリアンはバツイチで、別れた妻との息子。

一緒に暮らしていないけれど気にかけている、息子自身も気にかけてる。大げさすぎない、等身大の親子愛が描かれたのがアムステルダムでのシーンでした。

決して「お涙ちょうだい」ではなく、おっさん二人のゆるい友情にほっこり、愛犬トルーマンの名演技に涙、そんな映画です。

 

風光明媚なアムステルダム!!

映画の舞台となったアムステルダムは、オランダの首都!おもしろいスポットがぎゅっとつまった街で、ぜったいに退屈しないと思う。

運河沿いの景色はほんと絵画のような美しさ。ちょっぴりノスタルジー。

ボートハウスもふつうに浮かんでます。

伝統的なカナルハウスの並ぶ運河をふらふらしてもいいし、点在するギャラリーを覗いてみてもいい。ナイトスポットもいっぱいあるし、廃墟をリノベしたようなアーティスティックな場所も山盛り。

歴史ある街なはずなのに新しいものがどんどん生みだされていて、その混沌とした感じも愛すべき街です。

 

まとめ

ほかにもオランダでロケをした映画はちょこちょこあるけれど、とくに気分がアガったのはこの二つですかね。映像美というか…

ストーリーもしっかりとしていて「オランダ行きたい!」ってきっと思ってもらえるはず。レンタルDVD店で作品選びに悩んでいるアナタにも、ぜひ手に取ってほしい!

【あなたの背中を押します】ひとり旅に出る勇気をくれる映画5選

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です