【ブダペストの朝ごはん】イチオシ!ペスト7区のおしゃカフェ「Cirkusz Cafe」

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

 

1週間というブダペスト滞在。

エアビーで見つけたお部屋での滞在中、朝ごはんはどうしていたのか?

前日までにスーパーで買ったパンや日本から持参したお味噌汁もそうですが、近くにあるカフェでも朝ごはんを食べてました。

そのカフェが「Cirkusz Cafe」です!

おしゃれで居心地がよくて、朝食メニューがおいしい。滞在中2回も通ってしまいました。
すっかり気に入ってしまったCirkusz Cafeの魅力、紹介します!

 



「Cirkusz Cafe」

お店が面しているのは、ドブ通りという小さな通り。狭くて街灯ありません…

落書きも目立つというか、ブダペストは落書きが本当に多い。ここだけじゃないです。

カジンチィ通りのすぐそばですね。私の滞在していたお部屋からは徒歩5分程度、デアーク・フェレンツ広場からは徒歩10分程度という距離。

大きな通りには面していないけれど、バーやレストランが集まる繁華街にあります。

私にとっては便利な立地でした。このカフェの近くにホテルや部屋を確保する人も多いのではないでしょうか?

 

店内は広々、超おしゃれ

 

店内のインテリアでまず身につくのはコレ。大きなグラフィックです。

ちょっぴりレトロさもあるけれど、不思議な世界観のこのデザイン…マジックなのか超能力なのか、サーカスっぽいのもある…

と思ったら、店名の「Cirkusz」って「サーカス」って意味の単語ですね。納得です。
このグラフィックがお気に入りです!

 

 

店内は広々。ソファ席もあるし、6人掛け以上の大きなテーブルもあります。天井が高い。

カウンター席もあります。Cirkuszはカフェ兼バーですので、夜はカウンターでお酒をたしなむのもよさそうです。

 

ひとりでも居心地がいい!

 

何より、おひとりさまでの居心地がすごくよいのです

私だけでなく、ほかにもおひとりさまがちらほら。過ごしやすかったです。雰囲気もいいし。

スタッフさんの対応もフレンドリーで、ほどよくほっといてくれました。混み合う午前中は早くお皿下げたくて仕方なさそうでしたが(笑)

Wi-Fiもさくさくっとつながります。観光途中の休憩にもぴったりな立地だし、情報収集はかどりそうだ。

テーブルもちょうどいいので、パソコン持ち込んでお仕事してる感じの人も見かけましたよ。

コンセントは見当たりませんでしたが、混んでなければ長居しやすいと思います。

 

ちなみにお水は有料じゃなくてサービス!日本と同じで、何かしら注文すれば机に置いてあるお水はご自由にどうぞ、という形式でした。たっぷり置いてありました。

ますます長居パターンです…

 

肝心のメニューは?

豊富な朝食メニューは、午後でも注文可能なのがうれしいポイントです。
英語メニューもあります。メニューに写真が載ってないのでなかなかイメージが難しいかもです…

メニューは公式ホームページにもありますので、気になる方はこちらから↓
Cirkuszメニュー一覧

エッグベネディクト(1800フォリント)

 

人生で初めてエッグベネディクトを食べました。

エッグベネディクトってこんなにおいしいんですね…

ふたつ並んでいるのがふつうなんですか?なかなかにボリュームがありました。だけどぺろりと全部平らげたのは、おいしかったから

 

上にかかったチーズソースが美味でした。ぜんぜんくどくなくて、でもがつんとくるチーズ。

 

 

たまごのとろ~り加減が何とも言えない絶妙さ。たまりませんね!

すごくお腹いっぱいになりました。

エッグベネディクトなんて日本でも食べれるだろ!とつっこみがありそうですが、たとえそうであっても、ここのを食べる価値があると思えた味でした。

値段も1800フォリント(日本円で約900円)。
日本でこの値段で食べれるお店って少ないんじゃないでしょうか?

 

ハンガリアンブレックファーストプレート(1800フォリント)

 

どの辺がハンガリアンなのかよくわからないけれど、そんな名前の付いた朝食プレートもありました。

中身は、フォアグラのパテにサラミと生ハム、トマトとパプリカときゅうりが添えてあって、食パンが2枚付き。ハムとサラミと食パンはとてもおいしかったです。かなりがっつり系です。

おいしかったですが、やはりエッグベネディクトのほうがすき。

朝食メニューは他にも、イングリッシュブレックファーストプレートやフレンチトーストも!種類豊富で目移りしました。

 

ジャスミンティー、カモミールティー

コーヒーもありますが、私は2回の来店ともにお茶にしました。

お茶の種類も豊富です。

お茶はどの種類も650フォリント(約325円)でした。ちゃんと葉っぱから入れてくれます。

茶こしがカップの上についていて、飲む直前に自分で外せるタイプだったのがうれしかったです。

 

カモミールティーとジャスミンティー、どちらもほっとするような味わいです。

たっぷり注いでくれていて、満足感がありました!

 

はちみつも選べる!

 

日本では、紅茶にはレモン、砂糖、ミルク…というパターンが多いかと思いますが、
なんとはちみつも選べました

さすがはちみつが有名なハンガリーです。はちみつにすると、ちょうどよい優しい甘みが体にしみました。

ブダペストはすごく寒かったですから…

 

 

まとめ

ブダペストでお気に入りのカフェ「Cirkusz Cafe」について紹介しました。

おしゃれな内装も、朝食メニューも、ドリンクメニューも、居心地の良さも!

 

お酒やグヤーシュスープも出してるみたいなので、タイミングがあえば夜にも行ってみたかったです。

レモネードだけで何種類もあった!ホットチョコレートも気になります。

また行きたくなるカフェです。ペスト7区に長期滞在される方におすすめです!

Cirkusz公式ホームページ

 

 

廃墟バーのシンプラケルトやシナゴークも近い!

 

※フォリント=日本円 のレートは、このサイトでは1フォリント=0.5円に設定してあります。ざっくりとした感覚で値段を分かってもらえれば。

 

【ブダペストの朝ごはん】ペスト7区「ケーレヴェーシュ(Koleves)」の絶品ブランチ

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ