【ブダペストの朝ごはん】ペスト7区「ケーレヴェーシュ(Koleves)」の絶品ブランチ

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

ブダペスト滞在中には、ペスト7区にあるカフェで朝ごはんをよく食べていました。
その中でも「Cirkusz Cafe」のエッグベネディクトは絶品でした。帰国してからもずっとあの味を欲しています…

【ブダペストの朝ごはん】イチオシ!ペスト7区のおしゃカフェ「Cirkusz Cafe」

このカフェのほかにも、おすすめしたいところが。

「Cirkusz Café」のから徒歩1分のところ(!?)にある「ケーレヴェーシュ(Koleves)」というレストランです!

(店の目の前の道路は思いっきり工事中ですが、お店は営業してますよ)

ルダシュ温泉のあとに遅めの朝食(ブランチだね)をいただきました。

アットホームな雰囲気の店内、朝食、お店の名前の由来にもなっている「石のスープ」を紹介します!




 

アットホーム。ひとりでも利用しやすい

基本おひとりさまなので、ひとりでも居心地がいいのか?おひとりさまにめんどくさそうな顔されないか?というのをチェックすることが多いのですが…

大丈夫。

ひとりで来てる人もちらほらいたし、混んでなければ長居しやすいと思います
時間帯が平日のAM11時ごろだったのもあるかもしれませんが…
インターネットで見てみると、やはり夜は混むようです。

あったかみのあるインテリアが気に入りました。

無料Wi-Fiもあります。パソコンしてる人や打ち合わせしてる人もいましたね。

バーカウンターが店の奥にどんってあって、その奥でドリンク作りや調理をしていました。夜にお酒を呑みに来るのもよさげ。グラフィックがおしゃれ。

英語メニューもあるので安心しました。

 

気になる朝食メニューは?

モッツアレラチーズとミニトマト、ルッコラのスクランブル(790フォリント)

美味しいパンもたっぷりついてます。自家製パンです。
めちゃ量が多いということはありません。ちょうどよかったです。

チーズと卵。モッツァレラチーズの固さがちょうどよく、卵との相性がばつぐん。

スクランブルエッグの具になるとこんなにもおいしくなるんですね。私はトマトが大嫌いな5号車推しなのでアレですが、トマト、おいしい…(アレ?)。

チーズって加熱するととろけると思うんですが、固さがほんとうにちょうどいいんですよ。どのタイミングで卵と炒め合わせてるんだろ?気になる。

ほかにも3種類ほどメニューがありました。

ハムエッグもありましたね。どれも700~900フォリントくらいの価格帯。リーズナブルだと思います。

 

クランベリージュース(320フォリント)

 

この鮮やかな色からも想像できるとおり、クランベリーの味がとても濃かったです。
でものどごしはよくて、飲みやすかったです。
朝食の時間帯は、水は無料でサーブされます。




店名は「石のスープ」!?ユダヤ料理も

店名が気になって(ハンガリー語)、調べてみると、どうやら「石のスープ」という意味らしいです。

ヨーロッパに伝わるお話で、協力を集めるために引き合いで出されることもあるそうです。飢えた旅人があるおうちへ食事を求めて尋ねるのですが、その家の人に断られて、その辺の石ころを「これは煮るとスープになる魔法の石だ!」とハッタリかけるお話しです。旅人の巧みな話術で材料を家の人に持ってこさせて、おいしいスープを本当につくってしまったんだとか。

似たようなお話がヨーロッパじゅうにあるそうです。

店名のような石のスープは提供していませんが、マッツォ(イースト菌を使わないパン)でつくった大きな団子が入ったスープが名物です。

ランチ以降にいただけるメニュー。これを目当てに食べにくる人が多そうです。

ユダヤ教徒が会するシナゴーグがすぐ近くにあって、ユダヤ教徒が多く住むエリアでもあったからか、ユダヤ教徒が食べる習慣のない豚肉は使わないレストランです。

コーシェル(ユダヤ教の教え)に沿ったレストランではないものの、ショーレット(豆の煮込み)というユダヤ料理がメニューにありました(週末限定)。

石のスープ…今回初めて知ったのですが、とてもユニークなお話ですね。

これはオオカミが主人公の「石のスープ」。かわいい。

 

さいごに

店の前の道路が工事中で、狭い通りに面しているのでちょっと見つけにくいかもしれません。
市民にも愛されているレストランという印象を受けました。朝食もおいしかったけど…マッツォ団子のスープ、せっかくなら食べてみたかった!!

あのスクランブルエッグを再現してみたい…

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

【ブダペストの朝ごはん】ペスト7区「ケーレヴェーシュ(Koleves)」の絶品ブランチ” への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です