【ウクライナ】ボルィースビリ国際空港からキエフ中心部へのアクセスを紹介!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ウクライナ・キエフの空の玄関口・ボルィースビリ国際空港は、中心部から約40キロ離れています。
空路でキエフ入りすると、どうやってアクセスするのか悩みどころ。

 

モルドバへ飛行機でアクセスしたこともあり、私は滞在中に4回訪れました(多い)

空港からキエフ中心部へ行くにはどうすればいいのか?アクセス方法をまとめておきます。

 



キエフ・ボルィースビリ空港に着いたら…

ボルィースビリ国際空港の到着フロアがあるのは1階。

到着フロアは1階、出発フロアは2階と、ひとつの建物に凝縮しています。
換金所、超小さなカフェ・売店、椅子、Informationなどがあります。

必要に応じてこの辺は使って下さい。

 

ボルィースビリ国際空港→キエフ中央駅、バス(322系統)でのアクセス

 

身軽なひとり旅や、早朝・深夜以外ならバスを使うのが便利だと思います。

特定のホテル等を経由するシャトルバスもあるけれど、市内中心部へのアクセスは通常のバスを使うのが一般的。

他の国みたいに地下鉄や電車でアクセスできないんだよな、残念。

ちなみに、322番のバスがキエフ中央駅終点です。

中央駅からは地下鉄の駅もあるので、スムーズに観光が始まるかと。

 

バスに乗りたい場合は、到着フロア出口を右に曲がって下さい。

バス乗り場までは歩いて2分くらいでしょうか。まっすぐなので迷うこともないでしょう。

多分、同じ飛行機に乗ってた人にも、このバスを使う人がいるはずなので、ついていけば間違えることもないと思う。

 

このプレートのある場所が乗降所です。

 

自動券売機や券売所はありません。チケットはバスの中を運転手が周っている時に購入します。

 

チケットはこんな感じ。全く読めない(笑)

更紙の薄い、ペラペラなやつ。いちおう下車まで紛失しないように。

 

到着した時にバスがいなくても、その場で待っていれば、数十分くらいでバスがやってくると思います。

ここで、322番のルートを掲載しておきます。

 

中央駅にむかう途中、地下鉄Osokorky駅のバスターミナルで停車します。

住宅街と市場が周りにある駅です。よほどのことがない限り、Osokorky駅で下車することはないと思います。

 

終点はキエフ中央駅(Kyiv-Pasazhyrskyi)。

 

終点のバス停があるのはこちら。大きな教会が目の前に鎮座しています。

駅の南西側?に降ろされます。

 

ここから地下鉄に乗ったり、市内中心部へ向かったりする場合は、駅構内の通路を使って駅の反対側へ出てください。

 

運賃:片道100グリブナ(約500円)
運行時間:24時間
(日中は約20分間隔で運行しますが、深夜・早朝は約40分間隔に)

Point!

  • 明確な出発時間は決まってない。ある程度乗客が集まったら発車する
  • バスの大きさはまちまち。狭い
  • 空調がきいていない
  • 大きい荷物はトランクに預けて。受け取りの時には間違えないように!
  • 通勤ラッシュの時間帯、ドニエプル川を渡る道路は渋滞しやすい。
    →余裕をもって移動しよう!

 

注意:

おそらく、出口へ向かうまでに「Excuse me, taxi? taxi?」と声をかけて近づいてくる人がいると思います。

バス乗り場に行くまでの道でも、声をかけてついてきます。

彼らはほぼ全員、空港非公認のタクシーに乗せようとしてきます。非公認なので、ぼったくりをされても文句がいえません。

ロシア語やウクライナ語ができれば価格交渉もできるだろうけど、土地勘のない場所で危ない橋を渡るのはおすすめできない。

英語がわからないフリする(彼らも英語がわからない)か、目を合わせないようにしていれば、そこまでしつこくありません。荷物を強奪するようなこともありません。

ただ「バス停どこだ…?」と迷っているそぶりを見せたり、空港内をうろうろしていたりするとしつこく追いかけられる。おどおどせずに歩こう

また、駅に到着しても、似たような感じで声をかけてくる人がいます。

同じく公式なタクシーではありませんので、気を付けてください。

 

キエフ中央駅→ボルィースビリ国際空港、バス(322系統)でのアクセス

帰国する際など、駅から空港へ行きたい場合も、乗車場所は降車場所と一緒です。

というのも、空港から駅に来たバスがそのまま折り返し運行しているから。空港からのバスを降りた場所で待っていれば、いつかバスは来ます。

バス停には、322と書いた看板があります。パッキングの業者がいるのですぐわかる。

空港でやってもらうよりも安く済むのが売りみたい(このお店はしつこくないので大丈夫)。

他の番号のバスもばんばんやってくるので、乗り間違いには気を付けて。

空港へ行くバスは車体のどこかに322って書いてあります。たぶん他にも乗る人が待ってると思うし。

駅から空港へ向かう場合も、運賃は同じ100グリブナ。約20分間隔(日中)で運行しています。

折り返し運行だから、交通事情によってはなかなか来ないことも。

私も帰国の時には30分以上待たされました(笑)

余裕をもって、が大切ですね。

 

空港はキエフ郊外、東のはずれにあります。

まっすぐな道路の続く郊外を突っ走って、工業地帯のある川沿いを超え、高層住宅の並ぶ街中をゆき、駅へ…というルートです。

一度乗れば終点まで連れていってくれるので、バスは便利です。

しかも100グリブナ(約500円)と格安。よほどのことがない限りはバスでアクセスするのがおすすめです。



ボルィースビリ国際空港→キエフ中央駅、タクシーでのアクセス

 

タクシーを頼む場合は、1階のタクシー専用ブースへ。

レンタカーやツアーのカウンターと同じところにあります。スタッフはまばらな感じです…

 

前述のとおり、ターミナル内外にはぼったくりタクシーのドライバーがうろうろしています。

つい気が緩んでその人たちにタクシーを依頼しても、正直適正な値段でしっかり送り届けてくれるかどうか…

もしかしたら、タクシーカウンターに並ぼうとすると、ぼったくりのドライバーに強引に連れていかれるかもしれませんね(笑)

タクシーで空港から出るときは、ぼったくりタクシーに捕まらないように気を付けてください。

 

駅から空港へ向かう場合も、いちおうタクシー乗り場はあります。

しかし空港同様にぼったくりが多いので、ホテルのスタッフに手配を頼むのが確実。

ウクライナ語での依頼も任せられるし、確実に正規のタクシーが手配できます。

 

空港から中心部へタクシーで移動すると、だいたい300グリブナ(約1500円)くらいだそうです。

べらぼうに高くはないので、荷物が多い、深夜・早朝の移動の場合はタクシー利用も検討しておくといいと思いますよ。

 

まとめ:公共交通機関でのアクセスはバス一択

 

キエフ・ボルィースビリ国際空港から中心部まで、公共交通機関でアクセスしたい場合はバス一択です。

他の交通機関はないといっても過言ではない。

バスもタクシーも日本で乗ることを考えればずいぶん安いと思います。

もし移動に不安があったら、ちゃんと空港のカウンターでタクシーを呼ぶのがおすすめです。

 

ちなみに、私はウクライナでは一切タクシーを使いませんでした。

バスにするかタクシーにするかは、予算と状況にあわせてどうぞ。

 

日本からウクライナへの格安航空券を予約する!

そうそう、ウクライナへ行く航空券の予約はお済みですか?

まだ予約できてないなら、スカイスキャナー
で最安値を調べるのがおすすめです!


実は予約サイトによって、同じ行き先・航空会社でも値段がずいぶんと違います。

複数の予約サイトの最安値を一度に見れちゃうから、とてもわかりやすいです。

 

スカイスキャナーなら、乗り継ぎパターンや就航している航空会社もすぐに把握できる。

はっきりとスケジュールが決まってなくても、旅をするイメージをつかむにはぴったりだと思います。

モルドバから帰国したばかりですが「次どこに行こうかな?」とスカイスキャナー
で検索して、妄想する日々を送っています(笑)



誰か、オラに仕事を…!

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 

【決定版】ヨーロッパ旅行の荷造りまでにやることリスト。初心者必読!

 







【ウクライナ】ボルィースビリ国際空港からキエフ中心部へのアクセスを紹介!” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です