2019年8月、「こんな時期」に韓国・ソウルに滞在して。あったこと、なかったこと

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

「過去最悪」なんてメディアでは叫ばれている、日韓関係。

そんな中、お盆休みをつかって4泊5日(実質まる3日観光)を韓国・ソウルで過ごしました。無事、最終日の夜。Y氏が爆睡しているのを横目にカタカタ。

 

「こんな時期にソウルへ行くなんてどうかしてる」

って言いたくなる人もいるかと思います。

何を言ってもきかないと思いつつも、母は「本当に大丈夫なの…?」「危険じゃない?」と心配だったようで。

(10年以上前、2度ほど韓国に行ったことがある父は「2泊するんか?は、3泊もするんか?4泊もして何するんか?」としか聞いてこなかったけど)

日本人にとって韓国旅行が身近になりつつあっても、ニュースを見てると不安にならないわけではない。

 

今まで2度韓国を訪れていますが、日本人であることを理由にいじわるされたことはないし、楽しく過ごして無事に帰ってきてます。

注意欠陥多動性障害ゆえ、旅中はさまざまなことがスムーズにいかないんですが←

滞在中はたくさんの人の親切に助けられ、その度に韓国が好きになる。

 

だから、キャンセルすることなく旅してきました。

無事に帰ってこれました。今回も、カムサハムニダ。

基本的に、昨今の日韓関係が原因でいじわるされたり差別を受けたりすることはありませんでした、と本題に入るまえに言っておきます。

そのうえで、実際に旅してみてどうだったか?

日韓関係が原因で治安が悪くなってないか?

3度めの韓国、出来事や素直に感じたことを残しておきます。




 

仁寺洞で、日本(安倍政権の方針)に対するデモに遭遇

 

全体的にとてもあったかくて、楽しかった滞在でした。

でもね、全部が平穏だったわけじゃなかった。昨今の日韓関係を原因に、ちょっと、冷や汗をかくようなこともありました。

 

観光1日目、午後はY氏とふたり韓服(チマチョゴリ)をレンタルして観光しました。

豪華な装飾の韓服を着たY氏は王様のようないでたち。

北村韓屋、景福宮等をめぐっていると「一緒に写真を撮ってくれ!」とか「かわいいカップルの思い出のために写真を撮ってあげたいから、スマホを渡して?」とか声をかけられました。

ちょっと奮発してデザインに凝った韓服を選んだからか、ふたりが並ぶとまるで王様と王妃のよう。

着ているあいだ、通りすがりの人や休憩したカフェでもなにかとちやほやされた記憶があります。

 

 

仁寺洞のカフェでかき氷を食べ、もうそろそろ服をお店に返しに行こうか、と思っていたところ。

後ろから大きな声で何かを言う人が、何十人か団体で歩いてきました。

プラカードを持ってたりチラシを配ったりしている様子もあったので、すぐ何かしらのデモ行進だと察しました。しかも、プラカードには韓国と日本の国旗、モノクロの戦艦の画像。

 

 

ああ、これは昨今の日韓関係について、日本政府に抗議を行っているんだなと。

ぜんぶハングルで何を書いてるか、何を言ってるのかわからなかったけど、抗議の口調でした。

ああ、日本に対するデモ行進がないわけではないのだな、と実感しました。

(テレビでも、日本大使館前で抗議する若者の姿が報道されていたし)

 

しばらく歩くと、安倍首相の写真に「NO!」と文字の入ったプラカードを持った人が、何かを大声で伝えていました。

これで、安倍政権に対する抗議活動だとはっきりわかりました。

 

日本の対応をよく思っていないから、もし私たちが日本人だと彼らに分かれば、危険な目にあうのではないだろうか…

と少しおびえながら街歩きを続けました。お互い日本語で話すのはやめて、日本語の地図もカバンにしまって。

 



 

彼らは、安倍政権のとった対応に関する抗議のチラシを道行く人に配っていました。

受け取ったチラシを手に、大きな声で何か文句を言っているようなおじいちゃんも。

なんだか怖いなあと思いながら。でも、私たちがチラシを渡されることはありませんでしたし、危険な目にあうことはありませんでした。

 

チマチョゴリを着ていたから遠慮したのか…それとも、明らかに見た目が韓国人ではないアジア人=日本人である可能性が高い。わざと日本人とおぼしき観光客を避けてチラシ配りをしていたのか…

私としてはおそらく後者だと思います。チマチョゴリを着ても、日本人の雰囲気を完全には消せていなかったんでしょうね。

 

彼らは、韓国に対する安倍政権の対応についてはとても不満があるけど、韓国を訪れている日本人観光客に不満があるわけではない。

私が「韓国の対応は間違っている!」と抗議活動をしているわけでもないし。

もしかしたら、日本人観光客にこの抗議を押し付けてもなあというところもあったりだとか…直接彼らに聞いてないから、あくまでも推測しかできないけど。

 

でも、わざと私たち日本人観光客を避けてチラシ配りしている感じがした、というのは間違いないと思います。

チラシの内容は、きっと日本人観光客に知られると都合が悪いことだったんだろうな、と。

危険な目にはあわなかったけど、現地でデモ行進に遭遇した、というのは本当なので、伝えておきます。

 

(実際には日本だけでなく、アメリカに対する抗議デモも見かけました。日本でも、他国に対する排斥デモ行進をしている人がいるのと同じだ、と考えるようにしています)

 




 

たくさんの方が韓国旅行を心配していると思うけど、基本的には、観光客として現地での時間を楽しんでいれば、何ら危険はないです。

観光客が来てくれないと商売あがったり、な場所ではとくにそう。

私たちのようにデモ行進に遭遇することもあるかもしれないけど、自分たちが波風をたてずにいれば、何も起きません。

「日本人禁止」のお店も見ていませんし。

 

それでも一方的に危険な目に合いそうになれば、通りのお店の人や警察に必死に助けを求めれば、きっと守ってくれるはずです。

みんながみんな、日本を悪く思っているわけじゃないから。街のあちこちでデモ行進に遭遇したわけじゃないし、ね。

 

それでも不安が消えないなら、韓国旅行はムリにおすすめしません。

というか、海外旅行自体やめといたほうがいいと思う。

いくら治安が良くても、日本じゃないところに行くんだから、予期せぬ事態やトラブルが起きる確率はゼロじゃないんだから。

 

関係は最悪だ、と言われていても、私たちのソウル滞在はとても楽しかったです。

明日の早朝、無事に帰国します。ソウルでのこの夜、まだ手放したくないので、このへんで。

 

(なんて言いつつ無事に帰国しました!滞在中に書いてたけどうまくUPできんかったので帰国してから。見守ってくれてありがとうございました)

 

ヨーロッパ女子ひとり旅、しばらくおやすみしています&韓国行ってきます

 

Y氏とのソウルの旅のおともはこちらでした↓

 

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です