【ウラジオストク】空港‐ホテル間の交通手段。バスとタクシーを試してみた

スポンサーリンク
ウラジオストク(ロシア)

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ウラジオストクの空港に到着し、

入国審査や預け入れ荷物の回収を無事に終え…

ウラジオストク観光の前に、最初に立ちはだかるミッション。それは

 

カジヤマ
空港―ウラジオストク中心部にあるホテルまで、どうやって移動するか?

 

ちゃんと移動できるか不安すぎて、ウラジオストクへ行く前、ネットで調べまくりました(笑)

 

ロシア語話せない&キリル文字読めない&現地の人も英語がわからないことが多いってなるとね。

タクシーのほうが確実かな、日本の旅行代理店で手配していったほうがいいかな、と悩みまくりました。

 

でも、意外となんとかなりました。そんな心配するほどではなかった!

 

空港からの移動方法はいくつかあるので、私が実際に使った移動方法(バス、タクシー)をまとめておきます。

乗り方や金額、乗り心地等もね。

(ほかにアエロエクスプレスでも移動できますが、使わなかったので割愛)

 




 

スポンサーリンク

【空港―ホテル】ミニバスで移動してみた(バス停の場所、乗り方、金額など)

 

 

いちばん安くて、夕方以降に空港へ到着しても使える公共交通機関・ミニバス

タクシーはやっぱり高いイメージなので!ちゃんと乗れるか不安だったけどね!!

 

バス停はこちら。

 

到着ゲートをくぐった後、空港正面の出口から出て、道路をはさんだところにありました。出口のほんと真ん前です。

(2019年4月現在のバス停には「ROYCE(ロイズ)」の看板、その前にベンチがありました)

ここに停車している、107番のバスに乗ります。

 

(たぶん)ほかに空港へ向かうバスがほとんどないので、間違えようがなかったです。

時間帯にもよるかもしれませんが。

 

 

運転手さん、寝てる

 

バスの中にいる運転手さんに話しかけて、チケットを買います。

どこまで乗ってもひとり200ルーブル、大きな荷物ひとつにつき追加100ルーブルです。

(約600円)

 

ちょくちょく値上げしてるみたい。

事前にホテル最寄りのバス停を調べておいて、このときに運転手さんへ伝えておくと安心かと。

伝えたバス停についたときに、教えてくれましたよ。

 

 

チケットはこれ。意外と小さいし、めっちゃ再生紙

たぶん運転手さんが把握してると思いながらも、下車までチケットはなくさないよう。

 

だいたい定員は15人くらいでしょうか。ほんとに小さいですね。

満車になったら出発。まだ明るい時間帯なら、1時間に2~3本は出ています。

トランクや荷物棚はないので、車内後方に積みましょう(荷物が動かないよう注意して)

 

ほかのお客さんが降りるときは、荷物を取るの手伝ってあげてね。重いとかなり大変そうだったから。

 




 

【乗り心地】壊れそうだった。乗り物酔いに注意

 

見ての通り、ボロッボロのミニバスです。

 

このミニバスで、車通りや信号の少ない郊外の道路を、かなりのスピードで飛ばしてくれます。

車体がこのままどこかへ吹っ飛ぶんじゃないかと思いました。怖かった

すぐにシートベルトをしめました。道があまり舗装されてないってのもあると思いますが。

 

カジヤマ
乗り物酔いしやすい人は気を付けて!

私はちょっぴり酔いましたが、アメちゃんなめてたらなんとかなりました←

 

 

【白タクに注意】

 

到着後、まずは白タク(空港公式じゃないタクシー)の勧誘をすり抜け、バス停へ向かいます。

夕方だからか?ウクライナ・キエフの空港よりも勧誘が少なかったので、バス乗り場にはさっと行けました。

※白タクは空港公式じゃないので、法外な値段をふっかけて来るかも。ロシア語で価格交渉する自信がなかったらやめといたほうがいいよ

 

 

【まとめ】価格は安いしちゃんと到着できたけど、酔った

 

無事到着できたけど、かなり怖かったです。

なるべくお金を使いたくないから、背に腹は代えられないと思いつつ。

 

Y氏
とっても怖かった…

 

ウラジオストク駅をはじめ、ウーリツァ・アレウツカヤ通りから徒歩圏内にホテルがあれば、便利だと思います。

(鷲の巣展望台やニコライ2世凱旋門近く、海沿いは経由しないので注意)

 

価格:ひとり200ルーブル+大きな荷物ひとつにつき100ルーブル

所要時間:バス停セラヤ・ロシャジまで約1時間半

定員:15人くらい

ポイント:107番のバスを見つけられればもう安心。乗り心地に難アリ

 



 

【ホテル―空港】タクシーを使ってみました

 

 

帰国する前、ホテル―空港の移動。

ちゃんと空港まで送り届けてくれるなら、往路とおなじミニバスでいいかなあと思っていたところ

 

Y氏
無理!もう乗りたくない!お金足りると思うし荷物重いしタクシーにしよ!

 

(笑)

 

 

【乗り心地】最高です。トヨタ車だもん

 

 

往路のミニバスはとってもボロッボロでしたが、タクシーはトヨタ車でした。

たぶん日本の中古車で、右ハンドル。

カーナビも日本語表記でした(現在地はずっと「愛媛県大府市」)。

もちろん乗り心地は、日本のタクシーと(ほぼ)変わらないと思います。

 

それでも、ドライバーさんは飛ばし気味だけどね!

車がちゃんとしてるぶん、怖さはないけど!

シートベルト必須です!

 

 

【まとめ】安心のタクシー

 

ホテルのスタッフさんに行き先や時間等をちゃんとお願いできれば、問題なく乗れますね。

タクシーの運転手さんがロシア語以外NGでも心配なしです。

 

日曜の朝8時台、ほとんど車が通ってないこともあり、1時間足らずで到着しました。

めっちゃ早かった。これで1300ルーブル(約2600円)です。

 

それにしても、ウラジオストクのタクシーって安いよね…かなり安いと思います。

乗る場所によって値段や時間は変わるものの。それでも早くて安いや!

 

 

価格:1300ルーブル(目安)

所要時間:ホテル「マリンウェーブ」から約40分

定員:4人くらいまで

ポイント:運転は荒いけど、安心。ホテルのスタッフさんに目的地をしっかり伝えること

 

 

 

ミニバスでもタクシーでも、ちゃんと移動できるよ

 

価格を比べてみると…

バス:ふたりで600ルーブル

タクシー:ふたりで1300ルーブル

 

価格はそれなりに違いましたね。

乗り心地や時間を考えれば、そのくらい差があってもうなずける。とはいえ、タクシー安いと思うんだよな

 

私は正直、往復どちらもバスでよかったかなーという印象ですが。

所持金や状況をみつつ、どっちにするか決めるのがよさそう。

 

時間があえば、ウラジオストク駅からアエロエクスプレス(直通列車)を使うのもあり。

バスと時間や値段はそう変わらないです。

バスよりも乗り心地はヒヤヒヤしないはずだしね(乗ってみたかった)。

 

【ウラジオストク】私がオーロラ航空を航空を選んだ理由
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 成田空港からウラジオストクへ行くのに、オーロラ航空を利用しました。 2019年現在、日本―ウラジオストクを結ぶ空の便は、オーロラ航空と...

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました