セルビアは本当に怖い国なのか?現地在住者にインタビュー!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です!

旧ブログのリライト記事いきます!というのも、セルビアという国がとても気になっているから。

行ってみたい!

 

ということで、
セルビアってどんな国?」というテーマでお送りします。

ヨーロッパの東寄り、ちょうどこのへんにあります。私がこないだ訪れたハンガリーやモルドバも近い。

今いちばん気になっている国といっても過言ではありません。

なぜかって?それはオンライン英会話のアプリで、セルビアの先生からレッスンを受けていたからです



さて、英会話アプリで出会ったセルビア人先生は3人。

 

とても美人で(みんな女性)、キュートで、丁寧に文法間違いや新しい単語を教えてくれて、わからないと言いやすい。

日本人はシャイだというイメージを持たれていることが多く、恥ずかしがらずに話せばもっと仲良くなれると思う。

そして、日本にとてもいいイメージを持っている。彼女たち自身も、自分の国に誇りを持っている。

だけど、日本でのセルビアのイメージ、どうでしょうか?

旅行先としてはあまり人気ないですよね。観光名所ってどこだろう?食べ物は?国民性は?言語は?存在すら知らないという人もいると思います。



 

よく知らなくても、もしかしたら、紛争のイメージを持っている人がいるのではないでしょうか。
1980年代後半、たしかに紛争がありました。そのイメージから「怖そう」「治安悪そう」という声をよく聞きます。

だけど、私と英会話の練習をしてくれるセルビア人の先生たちは、みんなフレンドリー。すっごくかわいい。怖い国なわけない!

と思って、日本人があまり旅先に選ばない、セルビアという国について、先生に聞いてみました。

 

セルビアって本当に怖い国なの?

私がまず先生に伝えたのは、

日本ではセルビアという国の人気は低い。それゆえ、私はあまりセルビアという国を知らない。食べ物、おみやげ、観光名所、ほとんどわからない。だけど、日本人はセルビアという国になじみがないが故に、暗い、こわい、危険というイメージを持っていることが多いと思う。うちの父親もそう言っていた。おそらく、それはいつかテレビで見た紛争の様子から受けた印象だと思う。実際はどうなの?どんな国なのか教えて!」

というニュアンスのもの。

それに対して、先生が言ったことをまとめておきます。

怖くない
・テロはほとんど起きない
・テロリストがいるのは大きな国だけ
みんな戦争は嫌いだ
・確かに、紛争のあった過去は忘れてはいけないけれど
・とてもすばらしい自然を持っている
・移民政策(シリアなどからの移民を不法に滞在させない)
・基本的には平和だけれど、南のほう(コソボとの国境付近)は危険。先生自身もあまりコソボをよく思っていない。
・北エリアはとても平和。

というものでした。

 

たしかに、あとからインターネットで実際に訪れた日本人の感想を見てると、イメージと違ってとても平和で、人も優しくてという声が多かったですね。

ヨーロッパはどこもかしこもテロリストがドンパチやっているのではないということです!

 

今までオランダやイギリスを訪れたように、海外にいるということを忘れず、犯罪から身を守るという意識をもっておけばいいということ。

いろんな人が「セルビア怖い」って言っているということを伝えたからか、すっごく冗談めかして「私って怖い?」って聞いてくる先生も(笑)ジョークなのでとてもチャーミングですが←

 

あと、危険なのはコソボとの国境あたり。基本的に首都ベオグラードや第二の都市・ノヴィサドがある北エリアは治安がよいということをみんな言ってました。

今のところコソボとの国境あたりへ行ったり、国境越えして隣国へ行ったりする予定はありませんので、心配はないかなと。

フランスやイギリスに比べて情報が少ないけれど、規模の大きな国よりは安全ってことなのでは?



セルビアのおすすめ都市はどこ?

 

とある先生は、自分の住む街を教えてくれました。

スボティカ(Sbotica)という、ベオグラードからバスで3時間くらいの街。

地球の歩き方(中欧編)にはちょびっと紹介されていました。

(そもそも地球の歩き方以外、セルビアのガイドブックがないwそれも中欧諸国のなかのひとつ、10ページにも満たない)

 

ベオグラードほどには大きくないものの、それなりの規模。まる1日観光するのは時間が余りそうな印象。

そしてハンガリー国境の都市だそう。

 

40分もあればハンガリーに入れちゃうので、ハンガリーとセットで観光するのをおすすめしてもらった。

国境近く、セゲドという町です。

私的にはパプリカ畑のイメージしかないけれど←

大きなショッピングモールやスパ施設があるそうで、先生も大好きなんだとか。

 

まとめ

セルビアは怖い国ではない。

私は「怖い」というイメージを持っていません。ぜんぜん怖くないと思う。

むしろ日本人によいイメージを持ってくれている。紛争を経験しているから、戦争を嫌い、平和を愛する人が多い。
私はそう思っています。

だから、いつかセルビアを訪れてみたいと本気で思っています。「怖い」というイメージが間違ってるの、みんなに知ってもらいたいな…

さっそくセルビア行きの最安値の航空券、調べよう…


ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 

※2017年1月8日の旧ブログの記事を、2018年1月にリライトしたものです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です