【ウラジオストク】話のネタに!「塩チョコ」「海藻チョコ」食べてみた

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ロシア・ウラジオストクで山のようにお土産を買ったなかでも、

ガイドブックで見かけて気になっていたのが「塩チョコ」と「海藻チョコ」。

 

 

ウラジオストクが本社のチョコメーカーが生産していて、もうご当地チョコの雰囲気(笑)

好奇心でしかないのですが、職場でお世話になってる人に頼まれたというのもあって、ね。

 

お土産、話のタネにもなる!?

塩チョコ・海藻チョコ、食べてみました。




「塩チョコ」はジャリジャリ感が美味しかった

 

ちょっとは味の想像がついてる「塩チョコ」。日本でも塩の入ったチョコはめずらしくないし。

 

チョコの中に塩の粒がダイブしていくデザインのパッケージ。高級感があります。

大きいサイズは150ルーブル(約300円)ほどと、日本のスーパーで売ってる板チョコの2倍ほど…

とても美味しいんだろうと期待をこめて…

 

 

チョコに使われている塩はウラジオストク近海のものです。

お土産にぴったりなフィーリング。自分でも食べればええねん、となぜか4枚も購入してしまいました…

 

封を開けてみると、派手にクラッシュしていました。ばらばら

質感はほんとうに板というか、パリッパリ。

(固いというよりもパリッパリ。歯でかじって食べるぶんには問題ない固さです)

 

こういうチョコは衝撃に弱いんだと思います…ちゃんと梱包してスーツケースに入れてたわけじゃない、とはいえ…

割れたチョコを渡せたらどうなるか…という間柄の相手には渡さないほうがいいかと…

 

食べてみると「じゃりっ」って音がしました。砂をかんだときのイヤなじゃりじゃり感ではなく、食べてて楽しい感じのじゃりじゃり感です。

単に塩辛いのではなく、マイルドなしょっぱさです。甘さひかえめのチョコの甘さを完全に消し去らない程度の塩。

 

でも、ずっと食べてるとしょっぱいのが口の中にたまりつづけて、塩辛くなってきて「もういいや」ってなってしまいました。

じゃりじゃり感のある食感は楽しかったのにな…

 

私は大きいサイズの板チョコを買いましたが、小さいサイズ(100ルーブルほど)で十分だと思います。

塩っぽさに途中で飽きちゃったよ…

 



 

「海藻チョコ」は普通においしいチョコ

 

 

さて、次は話のネタに買った海藻チョコ。

海藻を使ったチョコなんて聞いたことないし、楽しみ!

 

パッケージは塩チョコと同系統だし、値段もいっしょ。

袋をあけてみると、こちらもパリッパリに割れていました。

覚悟はしていたけど…

 

さて、気になるお味。食べてみると…あれ、普通においしいチョコやん。

海藻だから海の風味なのかな、とかダシ系の味も想像していましたが…甘さのほどよいおいしいチョコでした。

 

断面を見ても、じっくり味わっても海藻っぽさを感じませんでした。

まずくはないしおいしかったんですが、拍子抜けしました…健康に良い、とかないのかなあ…

 

 

ウラジオストクの「塩チョコ」「海藻チョコ」食べてみて

 

「塩チョコ」「海藻チョコ」どちらも、ヨーロッパのチョコ特有のでろ甘感があるのかなあと思いましたが…

でろ甘感はなかったです(アリョンカチョコや個包装チョコは甘みが強かったけど)。

口の中に残らない、適度な甘さ。日本の板チョコよりも甘さひかえめかもしれません。

塩や海藻の本来の味を重視した結果かも。

 

海藻と塩というチョイスは、雄大な海に面したウラジオストクならでは?なのかな。

割れやすいこと、意外と海藻チョコはインパクトがないことを含め、検討してみるといいかも。

 



 

「プリモルスキー・コンディテル(Primorskiy Konditer)」直営店

 

「塩チョコ」「海藻チョコ」いずれも、ウラジオストクに本社をおくチョコレートメーカー「プリモルスキー・コンディテル」のもの。

 

創業110年以上の老舗ながら、コンスタントに新作を出し続けているようです。

観光客のお土産としても話のネタになりそうな、それでおいしいチョコレートをこれからも期待しています。

 

「プリモルスキー・コンディテル」のチョコはスーパーでも見かけますが、ウラジオストク中心部では賑やかな噴水通りに直営店があります。

私が訪れたときは、中国人の団体客がチョコの入ったガラスケースの前を占領して、店員さんにずっとあれこれ言っていてすごくうるさかった…

ので何も買わず出てしまった。結局スーパーで購入しました。

 

スーパーに行った方がのんびり選べるかもです。

 

 

 

住所:Ulitsa Aleutskaya, 25, Vladivostok

時間:9:00~21:00(月曜日のみ~21:00)

アクセス:ウラジオストク駅から徒歩10分

 

【ウラジオストク】実際に買ったお土産を紹介(雑貨編)。おすすめショップも!

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です