女子ひとり旅専門家だった人が語る、カップル海外旅行のメリット

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

…と言いながら、ヨーロッパ女子ひとり旅はしばらくお休み中、と以前話しましたね(笑)

もはや「だった」と言ってもいいのではないでしょうか。うん。

 

ヨーロッパをひとりでめぐるのはすごく楽しかったけど、大変でした。

だって自分ひとりなんだもん。しかも慣れない土地、ヨーロッパで。大変に決まってるじゃない!

 

そんな旅を続けてきて、Y氏と付き合うようになって、韓国(釜山・ソウル)とウラジオストクをふたりで旅してみて。

カップルで海外を旅するメリットをめっちゃ感じたわけですよ。

付き合っている人がいるけど海外旅行はまだ…って女子にも聞かせたいので紹介します。

(※あくまでもY氏との場合です)

 




「どこに行こうか?」と話すのも楽しい

 

「最近はヨーロッパ女子ひとり旅をお休みしている」という記事でも触れましたが、

ヨーロッパ女子ひとり旅、しばらくおやすみしています&韓国行ってきます

「次はどこに行こうか?」「何をしようか?」と話す相手がいるだけで楽しい。

(↑の記事でも書いたし、なんで楽しいかよくわからないので、ここでは割愛)

そういう会話って、私たちにとっては普段の会話(今日はカフェに行こうか、とかおうちでまったりしよう、とか)の延長に近いので、何気ない話題のひとつになってますね。Y氏はもともと

Y氏
あんまり旅ってしたことないかも

って感じ。海外旅行を重ねて、ここまで何気ない話題のひとつになってくれたのが嬉しい。

 

思い出を大切な人と共有できる

チマチョゴリを着て、ガラスに映る姿を撮影したりして(北村韓屋村)

ひとり旅とカップル旅の明確な違いはこれかも。

思い出を大切な人と共有できるのって嬉しいです。ひとりで思い返してほわほわ浸るのも楽しかったけど、それとはまた別の感情がある。

旅をしているときも楽しいけど、旅のあとに「おいしかった」「楽しかった」とあれこれ思い返して笑い合うのは最高です。

 

レストランに入りやすい

(大皿料理というかカンジャンケジャンその他が2人前以上…)

とくに韓国だと、昔からひとつの料理を大人数でシェアする文化が残っていて

(美味しいものはみんなで分け合う=幸せを分け合うって価値観なんだよね)

おひとりさま歓迎のお店が少なく感じる。

分け合うの前提なメニューはとにかくボリューミーで、ひとりで入っても残しちゃうな~としり込みしたり。

ソジュやマッコリも、グラスじゃなくてボトル単位でしか注文できないことが多い

(ひと瓶をふたり以上でちみちみ分け合って飲むのが基本)

からお酒頼めないな~、ひとりでひと瓶なんてとうてい飲みきれないし。

ほかの国でも、シェアするのが前提の料理をひとりで頼んじゃって「ううう」ってなることが何度もありました(笑)

 

そんなお店も、カップル旅だったら入りやすい。

シェアするのが前提の料理も注文しやすくなりますね。

とくにY氏はたくさん食べてくれるし、大酒飲みなので私も便乗して美味しいものを楽しみやすいです。平気で韓国焼酎をひと瓶(アルコール度数15%越え)を1日2本飲み干しちゃうレベル。



おいしいグルメがもっと美味しくなる

カンジャンケジャンを手にニコニコするY氏

今まで「ひとりだと入りづらいなあ…」と思っていたお店に入りやすくなるから、グルメの旅も楽しみやすくなります。

チェーン系カフェやテイクアウトのお店ですませがちだったものも、ちゃんと時間をとって食べようと思います。

まあ、カップル旅でもチェーン系カフェやテイクアウトで済ませることもありますがね。

 

大切なひととおいしいものを共有できると、もっと美味しく感じるなあというのも。

そりゃあ気まずい相手と食べるのはつらすぎますが、大切な相手、気を許した相手だもの。もっとおいしく感じるの、気のせいじゃないハズです。

Y氏が美味しいお酒とごはん(そば以外)をこよなく愛しているので、美味しいものはなんでも幸せそうに食べてくれます

私よりもお酒と外食にこだわる人だから。だから、なおさら美味しく感じるのかもなあ。

 

「荷物見といて」ができる

プリケツ

ひとり旅では、頼れるのは自分だけ。移動や荷物の管理、その他いろいろぜんぶひとりでやらなきゃいけません。

(それが不安なら、現地オプショナルツアー等を活用するのも手ですが)

自分ひとりだけの旅で、荷物から目を離すなんてもってのほかです。日本じゃない限りは。

荷物からつねに目を離さず、気を張り詰めたまま。海外でのひとり旅を重ねるたびに、私のサバイバル能力は向上し続けています。

(あちこちひとりで旅をしたことがあっても、注意欠陥障害と診断されていますし)

 

もちろんY氏を頼りにしているわけではない

(Y氏はほぼ旅行経験なし)ですが、

よっぽどの治安が悪いところでなければ「荷物見といて」と荷物を預けることもできるわけで(スーツケースを持って入れないトイレとか)。

ふたりで大きなスーツケースひとつぶんで海外旅行したこともありますが、そういうときは運ぶのお願いしてます(重たいし)。

かつ自分も荷物から目を離さない。これで荷物は安全に運べます。

アテンドは私が先陣を切ってやることが多いので、荷物はY氏に、というのもあります。ふたりだからできることです。

 

とはいえ、今までの旅の流れで、Y氏といても荷物は極力自分で管理するようにしています。

お互いに自分と相手の荷物に気を配って、というのが一番安全だなあと感じるのです。





「楽しい」が増える!

チマチョゴリを着て歩いた韓国・ソウルは楽しさが何倍にもなった

結論、「楽しい」が増えます(笑)これってすごくいいことだと思うんです。

ひとりも楽しかったし、じっくり自分と向き合う時間も私は楽しんでいましたが、一緒に楽しめる相手がいるってやはり違う。

楽しいことを共有できると、もっと旅は楽しくなるんだなあと気づきました。単純だなあ私…

 

ひとり旅も大好きだけど

ひとり旅じゃコーヒー片手に海辺を散歩、なんてやらないです

カップル旅のメリットを長々と書いてみましたが、もちろんひとり旅も大好きです。ひとりで見て回ったヨーロッパ・韓国の景色は忘れられません。

でもカップル旅も大好きです。

どちらがいいかなんてわかんないっす。ひとり旅とカップル旅の楽しさ、両方知ってるのってすごく幸せなことだと思うんだ。へへ

海外でのカップル旅、ひとり旅を経験した今、これからの旅はもっと楽しくなりそうだと思います。Y氏が楽しいと思うことが、意外と私にとっても楽しかったりしますし。

今後の旅にもご期待ください。

 

そんなY氏と韓国・釜山を旅したときの様子↓やっぱり美味しいお酒とごはんは欠かせないですね。ソジュとかデジカルビとか。

【韓国】釜山・海雲台で2泊3日、カップル旅(2019年冬)全スケジュール公開!

Y氏といつもこの本を片手に、韓国・ソウル旅のことを話していました。ミニサイズだけどグルメのページが多くて満足↓

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です