謎のおばけジャガイモを食らう!エディンバラ「SPUDULIKE」

 

お世話になります。カジヤマシオリ(Kindermer)です!

今日は、エディンバラ(Edinburgh)滞在中に立ち寄ったレストラン「SPUDULIKE」を紹介します。

ややファストフード店寄りかもしれません。気軽に入れるので、覚えておくと安心かも。

エディンバラ・ウェーバリー駅のフードコートが便利

スコットランド国立美術館でフェルメールをめいっぱい堪能し、

ホリールードハウス宮殿宮殿のクイーンズギャラリーへ向かう途中。

のどかわいたしお腹空いたし、もうそろそろ小休止ということで、

「まあ駅の方に行けば何か食べられるんじゃない?」と思って、エディンバラ・ウェーバリー(Warvely)駅へ向かいました。

美術館からは約10分歩けば、駅に着きます。

イギリスの大きな駅って、電光掲示板がバカでかいです。

数時間先までの列車の情報も載ってるし、停車駅も全部書いてある。どれも駅名が長いのでその分場所とってます。

どのターミナルに列車が来るか決まってないのに載ってるのもあります(笑)

駅構内にもコスタやコンビニがありますが、フードコートやファストファッションのお店が入ったモールが隣接しています。

 

フードコートの様子

こちらがフードコートの様子です。

同じ建物にセインズベリーズ(スーパー)、マックやKFC、サブウェイもあります。
お寿司やヌードル店もあります。

かっちりとしたレストランって、女子ひとりだとなかなか入りにくい。

そんな時はチェーン系カフェやフードコート、テイクアウェイのお店が利用しやすく、助かってます。

ちゃんと座ってお食事したいけれど気軽に使えるところがいいという人にもおすすめです。みんな好きなもの食べれるし。

駅に隣接しているので、列車が来るまでのちょっとした時間を過ごすのにもぴったり。

イギリス旅行初の食事。チェーン系カフェやファストフードは最終手段と決めてふらふらしていました。

そこで、今まで見たことないお店を見つけました。

SPUDULIKE

何のお店かあんまりわからなかったのですが、
ちゃんと陶器のお皿で出てきて、お客さんもお店専用の席で落ち着いて食事してるイメージのお店です。

2時過ぎごろに伺ったので、お客さんの数もまばらです。
店員さんがとても陽気。ずっと歌ってた(笑)

よくわからずテイクアウェイのレジに並んでしまったためテイクアウェイのお客だと思われ、
「テイクアウェイじゃないよ!」と否定するわたし。みなさん気を付けてください。

ポテト料理がメインのお店です。

ジャガイモなのはわかるのですが、見慣れない料理ばかりだったので、

結局無難そうな生ハムとカットしたジャガイモと、パルメザンチーズスライスと葉っぱ(種類不明)にビネガーをかけたものを注文しました。
それとあったかい紅茶、店員さんに勧められるままガーリックブレッドを2枚追加。
見慣れない料理はまた後でご紹介します。

ほんとうにボリュームがすごいんです!

日本の感覚ではシェアして食べる感じだと思います。
だけど一人分らしいです。びっくりです。

ひたすら食べました。ひたすら食べました。
もう晩御飯食べなくてもいいくらいの気持ちで食べました。

シェアする人がいないむなしさも抱えながら食べました。

ガーリックブレッドも食べる。2枚単位でしか注文できません。




お味はとても無難です。
ハムの塩気とビネガーの酸味で、淡白なポテトが食べやすくなりました。
あと謎の葉っぱもアクセントになってます。
チーズも好きなのでうれしかったです。

ちゃっかり箸上げなんかしちゃってます。

おいしいんですが、ほんとに食べごたえがありすぎます!

約20分かけて必死に食べすすめ、きっちり完食いたしました!

殺人級のじゃがいも料理に、あたたかい紅茶がうれしいです。ドリンクの種類もいっぱいあります。

ハムとじゃがいものやつは4.84ポンド、ガーリックブレッド2枚で1ポンド、紅茶1.2ポンドという価格です。
このボリュームで8ポンドちょっと!お得だと思います。こんなに食べれるはずがないので、シェアすればもっとお得です。

さて、次はSPUDULIKEの見慣れないビジュアルの料理について紹介します。

 

謎のおばけジャガイモとは

(SPUDULIKE 公式ホームページより:http://www.spudulike.com/)

これです(唐突)

フレッシュなジャガイモをオーブンでやいて、チーズとかたまごマヨネーズとかいろいろ添えてある料理だそうです。
実際に見てみると、このジャガイモは超巨大です。お皿にごろんって出てきていました。

こんなジャガイモ日本で見たことない。どこで育ててるんだろうと気になります。もしかしてイギリスでは普通にスーパーで売ってるんですか?
というビッグなジャガイモです。

みんなふつうに食べててびっくりした…

写真はクラシックビーンズ。
この大量の豆に超淡白な味のじゃがいも。この組み合わせが延々と続きます。完食する自身がありません。

SPUDULIKEのホームページを見ると、お店はイギリス国内いろんなところにあるみたいです。

こちらもチェーン店でした。発祥はエディンバラのようですが。
ロンドン中心部には、トッテナム・コートからオックスフォードストリートの間にあるだけだそうです。スコットランドがメインなんでしょうか?

だから今まで見たことなかったんだろうな。コスタとかカフェネロは街名歩いてたらあちこちにあるのに。

チェーン系カフェは飽きたけど、気軽に利用できて、ちょっとでいいからちゃんとしたところでお食事したい、というわがままをかなえてくれました。

ただしじゃがいも好きに限る。(笑)

機会があれば、ぜひこのジャガイモにチャレンジしてみてください。

 

 

一人旅の定番!?イギリス・3大カフェチェーンをレビュー(CafeNERO/COSTA/Pret a Manger)


ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です