【韓国】ソウル・東大門「広蔵市場」は最強の韓国グルメスポット♪おひとり様にも◎

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindemer)です。

 

韓国・ソウルにいたときは、東大門エリアを中心に観光していたのですが…
市場やショッピングモールが多いエリアで、活気にあふれていて。

 

私が立ち寄った「広蔵市場(クァンジャン・シジャン)」には、
衣料品や雑貨、食材だけじゃなく…グルメ屋台が充実していました。

市場の雰囲気や、私が楽しんだ韓国グルメをお届けします♪

もちろん、おひとり様でも楽しめますよ!お腹をすかしてレッツゴー!

 



 

いざ、広蔵市場へ!!

 

 

市場への出入り口は複数ありますが、まずはこの入り口から。市場の西にあります。

ここから入っていくと、服屋さんやお布団屋さん、家電屋さんなど、日用品類のお店が出迎えてくれます。

お店がずらり、続きます。

 

 

世界各国の旗がぶら下がっているのがツボ(笑)
日本もあったし。

 

歩いていくにつれて、食品系の店舗に変わっていきます。
乾燥食品や野菜、キムチやお魚など。

素材系が「ごろっ」って陳列してありました。見た目がすごい

 

 

ほんとに、市場なだけあっていろんなものが集まってますね~
平日の昼間にもかかわらず、たくさんの人が集まっています。

観光客にも人気の市場だけど、それでも客層は圧倒的に韓国人が多い。

 

 

どっさりてんこ盛りのキムチ。唐辛子の香りが鼻をくすぐる。

キムチの店舗はいくつかありましたよ。

 

そのまま、市場の中心に向かって歩いていくと…
そこからは、広蔵市場の名物ともいえる「グルメ横丁」

 

 

ここまでは日用品や食材がメインだったけど、ここからはグルメを楽しむゾーンです。

相変わらず、国旗が天井にずらーってぶら下がってるけど。

 

 

必見!「グルメ横丁」で楽しむグルメ♡

 

 

グルメ横丁で楽しめるグルメは、ほぼ韓国ご当地のものといっても過言ではない。

ここで食べ歩きすれば、韓国グルメ制覇できちゃうんじゃないか?って勢いで。

ごはん系・食べ歩きにぴったりなものはもちろん、タピオカドリンクやフルーツジュースも売ってました。

しかも、ボリュームたっぷり。腹ペコのときは何軒もはしごしましょ。

 

 

私が見かけた韓国グルメは、

  • トッポッキ
  • 麻薬キムパ(海苔巻き)
  • チヂミ
  • ビビンパ
  • 豚足
  • マッコリ
  • ユッケ
  • グクス(麺料理)
  • 冷麺
  • スジェビ(すいとん)

 

などなど。すさまじいラインナップ。

イートインスペースもあって、ランチや軽めのディナーに◎です。

 

こんなにあると、正直目移りします。

どこの屋台のおばちゃんも「オソアセヨ~(いらっしゃいませ~)」って積極的に声かけしてくれるし、活気にあふれていて…

お店に並ぶ素材(キムチや野菜など)や、看板の写真を参考に選んでみて。

 




 

 

私が立ち寄ったのは、こちらのお店。
おばちゃんがふたりで、てきぱきと切り盛りしていました。

市場南の出入口近くにあるお店です。

 

 

「グルメ横丁」入店~注文の流れ

 

 

入るお店を決めたら、おばちゃんに誘導されるままに席へ。

複数人いる場合は、指で人数を伝えて。

てきぱきと座る席へ誘導してくれます。手際の良さにびっくり。

 

 

座ると、メニューを出してくれます。グルメ横丁の屋台は、英語・日本語・中国語表記が必須。

指さしで注文できます。ここのお店は、ご飯ものも麺類もひととおりそろっていました。

辛いグルメだけじゃないのね。

セルフサービスの水を飲みながら、注文したものを待っていると…

 

 

ものの数分で出てきました。ポリ・ビビンパ。

麦ごはんのビビンパです。キムチと葉っぱのみそ汁つき。

 

具材は、

豆もやし
大根キムチ
葉野菜
にら
海苔
ひき肉
コチュジャン
すりごま

です(もっと種類があったかも)。

下の麦ごはんが見えないくらいにボリューミーな具材。

 

食べる前に、ビビンパにかかせない「混ぜ」から。

ビビンパに慣れない私がビビンパの器をかかえて、「うんしょ、うんしょ」ってスプーンを両手に持ってかきまぜていたら…

おばちゃんにビビンパの器を強奪され、「混ぜが足りんっ」と言わんばかりにかき混ぜられました。(笑)

 

さっそく一口。具材ざっくざくで食べごたえある!

野菜シャキッシャキ、ごはんアッツアツでスプーンが止まらない。麦ごはんと野菜の食感は相性がいいんだ。

そして…大根キムチとコチュジャンがめっちゃ辛い。

ほかの野菜やごはんで中和されるはずなのに、明らかにキムチとコチュジャンの辛さが勝っている。

攻撃的だけど、美味しい辛さ。

おばちゃんが「よく混ぜろ」って意味がわかったよ。めっちゃ辛いやん

 

 

つけあわせにもキムチ、辛い漬物。おかわり自由です。

ビビンパだけでもじゅうぶん辛かったのに、つけあわせも辛いなんて(笑)

おいしいキムチだったけど、あんまり食べれませんでした。辛い

 

 

東大門エリアを観光中、サクッとランチやディナーがしたくなったら「広蔵市場」へ。

覚えておいて損はないはず!活気ある雰囲気を感じるだけでも楽しかったですよ。

 

 

広蔵市場

 

住所:88 Changgyeonggung-ro, Jongno 4(sa)-ga, Jongno-gu, Seoul
アクセス:鍾路5街駅から徒歩5分
時間:9:00~。時間はお店によって異なりますが、グルメ横丁は23:00くらいまで開いてることもあります。

 




 

 

広蔵市場をめぐった後は…

 

 

広蔵市場を散策して、韓国グルメでお腹いっぱいになったら、東大門の散策がおすすめ。

ショッピングも歴史探訪も外せません。

夜遅くでも◎楽しめるスポットをちょこっと紹介。

 

 

東大門(興仁之門)

 

東大門」という地名の由来にもなっている、東大門へ。

このエリアの、昔からのシンボル的存在ですね。

1396年に建てられましたが、今の門は1869年に建て直したものです。

とくに博物館があるわけでも、入場観光ができるわけでもないんですが、その周りを歩いて散策できます。
夜のライトアップも素敵ですよ。

 

 

門の前からは、ソウルハニャン(漢陽)都城がつづきます。

ソウルをかこむ18キロほどの都城。ここから駱山公園、大学路へもアクセスできます。

 

都城道に沿って歩いていくと、街を見渡せて、歴史や文化をいっしょに楽しめます。

結構きつい山道なので、はりきってどうぞ…

 

 

東大門デザインプラザ(DDP)

 

 

プラザ入り口のこの大きなアートが何というか。

超近代的な建物「東大門デザインプラザ(DPP)」

夜になると、ライトアップされてひとあじ違った表情に。
ファッションモールのネオンともウマーく調和していました。

 

 

春~秋は、マーケットもチェックしてみて。

毎週金・土曜日の夜には、建物をぐるっと囲むようにしてお店が並びます。

ハンドメイドや一点モノの雑貨が多かったです。グルメ屋台やストリートライブで、賑わっていました。

 

 

眠らない街・東大門でショッピング三昧。

 

 

DDPをふらっとしたら、お次は本格的にショッピング!

あのアートが見つめている先は、実はショッピングモール(笑)

東大門といえば「眠らない街」というイメージが強いです。

深夜も営業しているショッピングモールが軒をつらねます。

どれも10階建て前後の高層モール…!ネオンの並びに圧巻です。

 

 

いくつかありますが、事前にお目当てのファッションモールをおさえておくと迷わない。

 

おしゃれなデザイナーショップはdoota!(ドゥータ)、価格自慢のミリオレ東大門ハローapM、トレンド揃いで若者向けのLOTTE FITTIN(ロッテフィットイン)と、自分の好みにあわせて巡って。

だいたいどのモールも深夜まで営業していますが、営業時間はまちまち。

お休みも異なるので、事前確認は必須ですよ…!

 

 

【韓国】ソウル・鍾路3街駅周辺のおすすめ観光&グルメスポット

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です