【韓国】ソウルひとり旅で楽しんだ「CHEF!」が面白過ぎた。見どころとおすすめ席を解説

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

ソウルでのひとり旅に、おすすめの過ごし方のひとつ。
それは、ひとりミュージカル!

ソウル中心部の劇場では、連夜個性的なミュージカルが上演されています。
中でも、私がとくに推したいのが「CHEF!」。

 

いやー楽しかった。楽しすぎて、久しぶりに心の底から笑顔になれました。

 

私がソウルの夜にひとり楽しんだ、ミュージカル「CHEF!」を紹介!
チケットの買い方から、見どころまで詳しく解説するよ。
(上演中の写真はありません、ご了承ください)

まずは、「CHEF!」にハマっちゃった理由を4つ。

 




 

 

韓国語が分からなくても、まるごと楽しめた!

 

「CHEF!」の最大の特徴は、やはり言葉を越えた「楽しい」に出会えることかな

というのも、CHEF!はボイスパーカッション、ヒューマンビートボックス、ブレイクダンス、歌、コミカルな演技がメインの公演です。

だから、言葉が分からなくても大丈夫。

韓国語+英語+中国語+超簡単な日本語、の単語が飛び交うけど、難しいセリフのやりとりがないので、置いてきぼりになりません。

 

野菜を切る音やゲップ、おならの音まで(笑)ヒューマンビートボックスで表現しているのも見どころのひとつ。

キャストたちの表情もすごく豊かだし、笑わせるときは思いっきり笑わせようとして(笑)ワクワクの連続でした。

 

ダンスもボイパも歌も、みんな腕前はプロ!絶妙に融合しているようでも、戦いが繰り広げられているようでもあります。

もはや、息を飲むような時間が続く…

さまざまな要素が組み合わさって、見ごたえのあるステージが出来上がる。いやはや、すばらしい…

 

 

日替わりのキャストたち。キャストが違えば、アドリブも!?

 

 

私的にツボだった要素をもうひとつ。それは、日によってキャストが変わるってこと。
いわゆる日替わり。

今日は誰が演じているのかは、見に来るまでわからないんです
「今日は誰だろう…?」っていうワクワク感がたまりません。

 

ストーリーの流れは同じでも、演じる人が変わるだけでテンポが変わるから。

いつ見るかによって、ステージが違うのも楽しいポイントだと思います。だから、一度ハマるとまた見に行きたくなっちゃう!

 

 

キャストが個性的♡クセになる(笑)

 

日替わりの個性的なキャストたちも、私を虜にした理由です。

厨房を取り仕切るシェフはふたり。二人のリーダーシェフ同士の料理バトルがストーリーの軸です。

ふたりの主導のもと、個性豊かな4人のシェフとMC役のシェフ2人が力をあわせ、華麗な手さばきとパフォーマンスで料理を仕上げていきます。

私が実際に見た、それぞれのシェフの印象はこんな感じ。
(日によってキャストが変わるので、別の日は違う印象かも…?)

 

 

料理バトルを繰り広げるメインのシェフ

RED CHEF:包容力のある美声を聞かせてくれる。めっちゃ西洋料理が得意そう。優しそうなおじさん。

GREEN CHEF:ロボットダンスが得意。クセ者っぽい。職人気質っぽい。カンフーとか空手とか得意そう。

 

個性豊かで才能あふれるシェフ

CUTIE CHEF:キュートなしぐさは女の子の鏡。天使のような歌声でメロメロに。ピンクのミニスカートエプロンがとびっきりかわいい。きゃぴきゃぴしてる。だけど時々暴力的?

SEXY CHEF:まなざし、歩き方、歌声すべてがセクシー。吐息までバラ色。流し目がセクシーでたまらんかった。時々バイオレンス、デスボイスを響かせる(もちろんヒューマンビートボックスです)?このギャップがめっちゃ好きです(告白)

B-BOY CHEF:筋肉美。マッチョ。笑顔が爽やかなんだけど、ときどきおバカ?筋肉隆々な腕で自分の身体を支え、豪快にブレイクダンスをする。そのたくましい腕で中華鍋をふるう姿を見せておくれ。

ROKYE CHEF:新人のシェフ。まだまだドジばかりの日々みたい。つねにおバカ。でもブレイクダンスのパートになると、一気にかっこよくなる。華奢に見えて、この子は細マッチョ…!?

 

バトルを進める・盛り上げるシェフ

MC CHEF:B-BOYな格好だけど、意外と表情豊かで素朴な少年だと思う。だけどボイスパーカッション、重低音を響かせたら右に出るものはいない。実はニワトリを肩身離さず持ち歩いてるけど、料理バトルの最中に…!?

RYTHEM CHEF:バスケットボールとかスケボーが得意そう。ボイスパーカッションのへこだわりは人一倍。ヒューマンビートボックスならまかせろ!ちょっぴりおふざけがすぎるシーンもちょくちょく。

 

このように、個性がかぶるキャラがひとりもいないんです。
この個性が合わさると、考えもしなかった化学反応が…!?

完全なネタバレになっちゃうので、見てからのお楽しみね。

 

 

「CHEF!」チケットの買い方は…

 

CHEF!の公演のチケットを買うには…

インターネット予約
(公式サイト、www.kperformance.org:韓国観光社運営の予約サイト、代理店サイト)
電話予約
劇場のチケット窓口で予約

などの方法があります。

でも、電話予約は韓国語ができないとハードルが高いし、代理店は手数料が取られるし。
直前まで見に行こうか迷ってたので、私は劇場のチケット窓口で予約しました。

 

チケット窓口はこちら。丁寧に、日本語や英語、中国語での案内も。

カタコトの英語でも、チケットが欲しいことと人数が伝わればOK。

 

パンフレットをもらうのを忘れずにね。日本語で超おおまかな流れがつかめるパンフレットでした。

現地で、公演の45分ほど前に購入しても大丈夫でしたよ。

ただし、日によってはSOLD OUTなこともあるので、当日の場合は早めの購入がおすすめです。

ツアーや社会見学で来ている人で、席は8割方埋まっていました(とある水曜日の17:00の回)。

他のミュージカルと迷ってるときや、気分で決めたいときにも。

 

ネットで事前に購入したい場合は、現地オプショナルツアー予約サイトの「VELTRA」がおすすめです。
日本語のサイトで予約できます。

ときどきモニターツアーや割引もあり。

予約確認書(バウチャー)を印刷し、チケットカウンターで見せると、チケットを受け取れます。

CHEF!以外にも取り扱いミュージカルがいくつかあるので、演目の把握がてらのぞいてみては?



 

CHEF!チケット詳細

VIP席 60000ウォン
R席 50000ウォン
S席 40000ウォン

席の位置をざっくり説明すると…

真ん中の前から4列目~5列がVIP席、両サイドと真ん中後ろ2列がS席、あとはぜんぶR席です。

 




 

CHEF!おすすめの席は?

 

ちなみに私が座ったのは、真ん中2列目のR席です。

「前過ぎてよく見えないんじゃ…?」と思ったけど、実際はそんなことなく。

ステージとすごく近くて、シェフたちの熱気がじかに伝わってくるよう。

汗だくになってるのも、激しいダンスで息が荒くなってるのも、じっくり見えました。

ちっちゃなアドリブ的な演技も、キャスト同士のアイコンタクトも楽しめましたよ。

もともと観客席と舞台が近い公演だからこそ、その良さを存分に楽しむことができました。

レッドシェフとばっちり目が合ったのも、ならではな体験?(笑)意外と前寄りの席、おすすめです

 

あと、通路側の席もレアな体験ができると思います

公演中、シェフたちが通路に降りてくることも。ハイタッチしたり、一緒に盛り上がったりして。
これはあくまでも私の感想なので、参考までに。

 

 

CHEF!公演情報

 

劇場:鍾路シネコア劇場(鍾路3街駅から徒歩8分くらい)
住所:鍾路区三一大路386 シネコアビル地下
時間:約1時間半

ストーリーのあらすじ:

レッド・シェフとグリーン・シェフの料理対決!寿司、ピザ、チキンヌードル、ビビンパを、個性あふれる6人のシェフたちと作り上げていく。果たして、対決の勝者は!?フィナーレには、全力のソロパフォーマンスも。五感をフルに使って楽しむ、新感覚のミュージカル!

時間:火~土は17:00と20:00(月は20:00、日は18:00のみ)。祝日や日によって変更もあるので、↓の公式ホームページを要確認!

公式ホームページ:http://www.musicalchef.net/view/index.html

 

夕食後の時間の有効活用や、雨の日のプランにもピッタリです♡

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です