【節約ヨーロッパ旅行】カタール航空を使ってみたレポート♡機内食やサービスの様子も!

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindemer)です。

 

何かとお金のかかるヨーロッパ旅行。

少しでも航空券を安く済ませるために、直行便ではなく中東での乗継便を使う人も多いかと思います。

カタール航空(Qatar Airways)もそのひとつ。カタール航空でヨーロッパへ行くには、いちどカタールの首都・ドーハの空港で乗り継ぎが発生します。

私も、少しでも安くしたい一心で、カタール航空を使って日本~キエフの旅へ出ました。

 

成田空港の、カタール航空チェックインカウンター。

よほどのことがない限り欠航(ディレイ)や大幅な遅れはないと思いますが、私が乗った時の成田―ドーハ便は、なぜか予定より20分ほど出発が早まりました。焦りました。

やはり早め早めのチェックインって大切ですよ…!

 

節約志向のヨーロッパ旅の定番。

カタール航空、実際に乗ってみた感想をまとめておきます。

 

カジヤマ
気になる機内食や設備についても!

 




 

航空機の座席

 

 

日本―ドーハ便は3×4×3列、

 

ドーハ―キエフ便は3×3という配列でした。日本―ドーハ便の飛行機は、新しめの設備。

 

エコノミーだから窮屈なのは仕方ないんですが(真顔)、通路側にすればそこまで気にならないかと。

ただ、ドーハ―キエフ間は約6時間ものフライトなのに、この配列はちょっぴり息苦しくないか…?

 

トイレの位置はぜんぜん覚えてないんですが(おい)、だいたいフライト時間が半分過ぎたあたりから混みはじめますよねー、やっぱり。

エコノミーは人数に対してトイレの数が少ないので、トイレの外に列ができることも。

CAさんが清掃に入るタイミングもなかなかないから汚くなりやすいし。念入りに手を洗いました←

 

 

気になるアメニティは…

 

航空会社によっては、長距離のフライトを快適に過ごせるよう無料のアメニティを用意していることも。

カタール航空は、そのアメニティがとくに充実していることで有名です。

 

カタール航空のアメニティはこれでした。搭乗した時点で、席にひとつずつ置いてあります。

(おそらく)カタールの海に浮かぶ船とビル群。

私は帰りの便でもらったポーチのデザインのほうがかわいくてお気に入りだったけど(写真忘れた)。

 

中身は

  • くつした
  • 歯ブラシ
  • アイマスク
  • リップクリーム(チューブ)

 

いずれも簡易的なもの。

チャックで保管できるのって便利です。自分が使うまで未開封ってわかるし。

大きさ的にはこのくらいがちょうどいいですね。座席の前ポケットに入れてもかさばらず。

 

 

機内設備

 

機内の設備がどうなってるかが、過ごしやすさのカギ…!?

 

エンターテインメントモニター

 

カタール航空は長時間のフライト、乗り継ぎ前提のフライトを想定してか、エンターテインメント機能はかなり充実していたと思います。

日本―ドーハ間は、画面も大きめ。イヤホンあり。

 

カジヤマ
映像が鮮明で見やすい!

 

席の番号が初期画面に表示してあるから、間違えないね!

 

ドーハ―キエフ間は少し画面が小さめでした。

タッチパネル式だったけど、ちょっと反応が悪いときもあったかもしれません。

 

イヤホンは、通常の一つプラグのやつで使えます。

 

 

「今どの空路を経由して、どこの空を飛んでいるのか?」

が分かる表示に切り替えもOK。

 

 

リモコンはこんな感じ。手にフィットしやすい大きさでした。

USBプラグにケータイをさせば、充電もOK。

 

映画

 

日本で公開中の映画が、日本語でいくつか公開してありました。すごくリアルタイムで。

ハリウッド系もいっぱいあった。アジア各国の映画や、中東系の映画もちょこちょこ。

「バーフ・バリ」は日本語吹き替えなかったけど。

 

 

口コミで気になっていた「ボス・ベイビー」を見ながらうとうと過ごした記憶。

 

カジヤマ
ZZZZ

 

 

ドラマ

 

日本のドラマや吹き替えはなかったけど、海外で有名なドラマはだいたい揃っていたような。

 

個人的には、ディズニー・チャンネル系のコメディドラマが揃っていてうれしかったです。

ずっと「やりすぎ配信!ビザードバーク」「ガール・ミーツ・ワールド」を見て過ごしていました。ぜんぶ英語だったけど。

 

カジヤマ
ほかにもニコロデオン系もあったし、フィニアスとファーブは安定だよね

 

音楽

 

自分の興味のあるものばかり探していたのでアレですが、洋楽が充実していました。

個人的にはScouting For GirlsGeorge Ezraみたいな、日本ではまだ注目度が低いバンド・アーティストのアルバムが充実していて良きかな。

 

オーディオブックや、子ども向けの音楽、クラシックも。

 

ゲーム

 

ひとりで熱中できるゲーム、ふたりで遊べるゲーム、子ども向け知育ゲームなど充実。

チェスやパズルゲームみたいな、往年のクラシックゲームも揃っていました。

 

時差ぼけに抗おうとして、寝ないようにひたすらテトリスのタイムトライアルに挑戦した結果(笑)

たしかポーランド航空を使ってブダペストに行ったときも、ひたすらテトリスしてたような。

 

いろんな人が使うことをちゃんと想定してるプログラムだなあと感心しましたよ。さすが。

 

 



 

カタール航空の気になる機内食は…

 

 

つづいては機内食。

いわゆる「ビーフORチキン?」みたいな感じで、いくつかパターンの中から選べます。

私が選んだヤツだけですが、写真つきでレビューします。

 

カタールはイスラム教徒の多い国。

そのため、カタール航空の機内食もハラル(イスラム教の食の戒律)にのっとって作ったものです。

例えば豚肉は使われていません。

 

その他、さまざまなバックグラウンドをもつ人にあわせたメニューが。

ベジタリアンメニューをはじめとする特別食を希望する場合や、アレルギー等心配なことがあれば、事前の問い合わせがマストですよ!

 

まずは成田―ドーハ―キエフ便の機内食から。

成田―ドーハ便は、フライト中に2回の機内食チャンスがあります。

 

1回目は、

白身魚とじゃがいものクリームがけ、パン、コーンと豆のキヌア、抹茶ケーキ

 

カジヤマ
実はキヌアそんなに好きくない

 

 

パンの下にはキットカットと、パンに塗るバターが隠れていました。

 

 

抹茶ケーキは甘い。抹茶の苦みよりも甘い。

抹茶クリームがしっかり。

 

2回目は、

いかとにんじんときのこのおかゆ、パン、ブルガリアヨーグルト、フルーツ(オレンジ、ブドウ、メロン)

 

乾燥しやすい機内でのみずみずしいフルーツ、うれしかったです。

 

 

おかゆ。

 

カジヤマ
カジヤマシオリ的機内食No.1

 

あっさりめのやさしい味付け。いかの食感もちゃんとしてます。

濃い味付けの機内食も多いからねえ…

 

日本発の便だから、日本人向けの味付けなんだろうか。ヨーグルトもジュースも日本製だしねえ。

 

 

ドーハ―キエフ便の機内食は1回。

 

メインはオムレツとじゃがいも、まるごとマッシュルームとチェリートマト。

クロワッサンとジャム、ストロベリーヨーグルトとカップケーキ、オレンジジュース。

 

 

このオムレツ、くどい味わいであまり食べられなかったよ。

 

次に、キエフ―ドーハ―成田便の機内食を。

 

 

キエフ―ドーハ便はフライト中、1回のみの提供でした。

 

牛肉の甘辛煮、にんじん、ごはんというラインナップ。

ごはんは細長くてパサパサしてた。

 

 

さらに、パンとチョコレート(ゴディバ)、フルーツケーキとキヌア。

キヌアあんまり好きじゃないんだよな…

ケーキはそれなりに食べれました。

 

 

次はドーハ―成田便の機内食。

2回提供のタイミングがあったけど、どっちも和食にしました。

 

 

最初は、牛肉とじゃがいも、かぼちゃと豆の煮物、ごはんの和食でした。

牛肉は甘辛い味付け。悪くないと思います。

 

 

その他、

巻きずしとひじきの煮物、チョコレートケーキ

 

 

ミニサイズのおそば。

どの航空会社でも、日本発着の便ではよく出されますよね。

ワサビがどっさり麺の上にのっかっててなかなか辛かったぞ。

 

 

最後は、白身魚のフライとかぼちゃの煮物、ごはんの和食です。

シンプルな味付けでおいしかった。

 

 

その他、パンやストロベリーヨーグルト、カップケーキ、水。

このカップケーキとストロベリーヨーグルトって固定メンバーなん…?

 

カタール航空の機内食は、フォークやスプーン、ナイフ類がちゃんと鉄のやつです。

カトラリーはプラスチックなことが多いので、これには驚きました。

 

スナック、ドリンクサービスあり

 

機内では、ちょくちょくドリンクやスナックを配っていました。

食事の時にもドリンクは好きなものをくれます。

コーラやジュースのようなスタンダードなソフトドリンクから、ビールやワインも。

 

ミニサイズのポテトチップス。

 

ソルト&ビネガーで、さっぱり食べやすかったです。ぜんぜん脂っこくなくて、歯ごたえが楽しい。

やっぱりカタール語も書いてありますね(笑)

 

あたたかいお茶類は紙のカップで。

 



 

 

実際にカタール航空を使ってみて…

 

座席、エンターテインメント機能、機内食、設備、サービス…

総合的に見てみて、カタール航空はちゃんと整っているなというのが印象です

 

トランジットを含め長時間のフライトになることを見越してか、設備やエンターテインメント機能も充実しているし。

機内食も、過度な期待をしなければ、まずまず食べれるものが多いと思います。

かなり長時間のフライトで身体がバキバキになるのは致し方ないものの。

 

カジヤマ
どうしてもという場合は、ビジネスクラスにアップグレードしたり、快適に過ごせるグッズを持ち込んだりしましょうネ。

 

そもそもキエフに行く日本人がそういないからか、ドーハ―キエフ間は行きも帰りも日本人は私だけだったようです。8割方がヨーロッパ人か中東の香りがする人。

とくに何かあったわけじゃないんだけど…

 

キエフ―ドーハ間で隣3列に座っていた若者たちのマナーが超悪かった。

うるさいどころか、ちらかしてこのありさま。前の座席もめっちゃ蹴ってたし、座席めっちゃ叩いてた

 

カジヤマ
なんでそんなに楽しそうなの…?

 

マナーの悪いお客さんばかりが使うような航空会社ではないと思いつつ。

でも、どこでも一定数いると思うんだ…

 

2018年の4月中旬に利用しましたが、日本―キエフが往復で7万円ほどでした(燃油サーチャージ・諸税その他含む)。

帰りに8時間のトランジットにはびっくりしましたが(笑)

 

カジヤマ
この値段でヨーロッパに行けるのはすばらしいよ!

 

この値段なら、蒸し暑い中東での乗り継ぎも、8時間のトランジットもなんてことないさ!

 

【カタール】8時間のトランジット…ドーハ・ハマド空港での過ごしヒント

 

カタール航空でヨーロッパへ♡

 

時期や行き先にもよるものの、ヨーロッパへの航空券で最安値が出てくることが多いカタール航空。

でも、利用する予約サイトで値段がぜんぜん違うんですよ。

 

目的地への最安値チケットがある予約サイトはどこ?

どんな航空会社や乗り継ぎルートがあるの?と気になったら、まずはスカイスキャナー
を使うのが鉄則です。



出発地・行き先・日程を入力すれば、すぐに最安値が把握できます。

今すぐ予約しなくても、だいたいの予算の把握やスケジュール・目的地決めには役立ちますよ。

カジヤマシオリのヨーロッパ旅のマストアイテムです!



ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です