【ブダペスト】観光情報あつめにも♡オーブダのかわいいカフェ「エシェルニエーシュ」

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ブダペストに到着した夜の翌日に訪れた「オーブダ」の街。

ゆったりとした時間が流れ、この街が一瞬で気に入りました。

 

かわいいデザインの博物館やローマ帝国時代の遺跡があるのは知っていたけど…

ほとんど予備知識がなかったため、まずは観光案内所で情報収集。

オーブダ地区では、カフェ「エシェルニエーシュ」が観光案内所を兼ねています。

ただの観光案内所じゃなくて、オーブダ地区の観光をスタートさせるのにぴったりな場所でした。

情報収集といっしょに楽しんだケーキやコーヒー、かわいいインテリアも紹介します。

 




 

観光の情報をあつめながら、気軽にカフェタイム

 

ブダペストの郊外電車、HEV(ヘーヴ)が停車する駅・Szentlelek terから徒歩4分。

カフェ「エシェルニェーシュ」は、オーブダ地区の観光情報を収集できるうえ、おいしいコーヒーやケーキとともに一息つける場所です。

オーブダ地区の地区や観光スポット、コンサート関係のパンフレットは、入り口真正面に集まっています。

すぐ隣には観光カウンター。

チケットがほしい、何かわからないことがあった時には、ここで問い合わせを。

ケーキやコーヒーを頼んで休憩したいときは、また隣のカウンターで。

ケーキ類はガラスケースの中から選んで。焼き菓子類も充実していました。

 

 

私がカフェのカウンターで選んだのはこちら。

ラズベリーソースのチーズケーキと、カプチーノ。

「エシェルニェーシュ」のケーキやお菓子類は、ぜんぶグルテンフリーというこだわりよう。

ブダペストには素材にこだわる人が多いのかな。

 

ラズベリーソースが甘酸っぱくて美味しかったケーキ。

チーズケーキの甘さがひかえめだったから、ラズベリーソースの甘酸っぱさが引き立つ。

ケーキはちょっと細い感じもしたけど、ちょこっと甘いものがほしいときにちょうどよい量でした。

 

かわいいアートのカフェラテ。朝もやに溶け込んだみたいな。

11月中旬のブダペストは寒かったから、このやさしいあったかさにほっこり。

 

ケーキは480フォリント(約240円)、カプチーノは440フォリント(約220円)。
(記憶あいまいですがだいたいこのくらいの値段)

おしゃれなカフェで、グルテンフリーのおいしいお菓子。

日本円にすると500円以内で楽しめちゃうという…ケーキが小さめとはいえ、この値段なら毎日通いたくなる。

あー、オーブダに住んで毎日通いたい。生活に困らない程度の、のんびりした雰囲気が好きなんだもの。

 

かわいいインテリアも、私のお気に入りポイントでした。

これが観光案内所なん…?とくに観光についてのご用事がなくても、カフェとして日常使いしたい。

新聞読んでるおじいちゃんもいた。

平日のお昼でこの空きぐあいなら、パソコンを持ち込みたい。実際、お仕事の打ち合わせ中の人もいたし。

 

窓側の席に座ると、格子越しに、街の中心・フェー広場が見える。

かわいい石畳の広場。

なんとテラス席もあるのですよー。11月のくもり空の下じゃなかなかの寒さですけどね。

 

 

現代アートギャラリーも併設。

 

カフェの奥にあったのは、現代アートを展示するギャラリー。

私が訪れたときは、カラフルな図形を組み合わせた現代アートがメインでした。

 

パステルカラーと原色の組み合わせ。

ちょくちょく展示の入れ替えもあり。

ここでお食事会やイベントもできます(要問い合わせ)。

 



 

 

「エシェルニェーシュ」という名前の由来

 

クラシックな外観の建物1階にあるカフェ。クリーム色の淡さ加減がかわいい。

 

ところで「エシェルニェーシュ」というカフェの名前の由来、気になりませんか?

実は、ハンガリー語(Esernyos)で「雨傘」という意味で。

カフェのすぐ隣、ちっちゃな広場に立つ彫刻が由来です。作品名は「雨降りに散歩」。

 

まるで時が止まったかのように、その場にたたずむ4体の彫刻。

傘をさして、ぶあついコートに身を包んだ女性たち。

明らかに時は進み続けるのに、この彫刻だけはそのままでいる。

もはや凍ってるんじゃないかっていうくらいの完成度。

ハンガリー生まれの著名な彫刻家、ヴァルカ・イムレの作品です。

ここ以外でも、ブダペストの郊外にあるメメント・パークで彼の作品を見たことがあります。

 

広場のすぐそばには、彼の作品や功績を展示したヴァルカ・イムレ資料館が。

カフェの名前の由来にもなるってことは、オーブダの人々にとっても、インパクトがあってシンボルマークのような作品ってことなのかな。

今すぐにでも雨が降り出しそうな空に、かなり溶け込んでいた作品でした。

雨が降ってたらもっと、雰囲気を取り込んだようになるのかな。

次にオーブダに来たら、ヴァルカ・イムレ資料館にも行きたい。

 

彫刻「雨降りに散歩」のことを紹介したから、カフェの周辺のことも少し。

 

カフェの隣は、オーブダ地区の市庁舎。1906年に完成した建物です。

確かに格式が高い感じがする。

 

建物が面するフェー広場では、ところどころで現代アートの展示も。

 

たぶん、カラフルなクッションは座って井戸端会議用なんだけど、どんより気味の天気だからか賑わってない。

 

 

カフェと市庁舎の前、真ん中くらいのところに謎のおじさんの彫刻。

こっちはクルディ・ジュラではなく、ペーター・スザニというハンガリーの彫刻家が2013年に作ったもの。

クルディ・ジュラの生誕80周年を記念したんだとか。

Szindbád, a hajós(シンドバッドの冒険)」というタイトルがついてるけど、ただの酔っ払いオジサンだよね…?

どこか愛らしくて味のある作品です。

 

 

「エシェルニェーシュ(Esernyos)」基本情報

 

 

住所:Budapest, Fő tér 2, 1033 ハンガリー
電話番号:+36 30 883 1953
公式サイト:https://esernyos.hu/
アクセス:Szentlelek ter駅から徒歩4分

 

 

 

「エシェルニェーシュ」での情報収集からはじめる、オーブダ地区の街歩きをまとめた記事もシェアします。

 

古代ローマの遺跡をふらふらしたり、レトロなデザインにほれぼれしたりして過ごす時間を。

オーブダ地区のんびり街歩き~古きよきブダペストの面影とともに~/LINEトラベルjp

 

 

 

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です