ハンガリー・ブダペストのひとり旅にはAirbnbがおすすめ!おすすめエリアとお部屋探しのポイント

お世話になっております。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です

 

ハンガリーの首都・ブダペストで、ホテルよりも格安に、かつひとり旅にちょうどよい滞在先をお探しですか?

それなら、Airbnb(エアビーアンドビー)でのお部屋探しがおすすめです。Airbnbはアメリカ発祥ですが、ブダペストでも300件以上の部屋が登録されています。

ブダペストで暮らすように滞在するAirbnbの魅力とおすすめエリア、お部屋探しのポイントを紹介します。

歴史のある建物に暮らすように、滞在する

ブダペスト中心部には、100年前に建てられた重厚な建物が現在も残っています。

このような建物にある部屋を貸し出しているホスト(部屋のオーナー)も多く、歴史のある建物で暮らす体験ができるのが魅力です。

ブダペストの街には、市民の胃袋を支える市場があちこちにあります。

ドナウ川にかかる自由橋のたもとにある「中央市場」は、ブダペストの台所と呼ぶにふさわしい規模を誇ります。肉も野菜も乳製品も、ここを訪れれば新鮮なものが揃います!ハンガリー産のお土産を探すのにもぴったりです。

現地の人のように、市場で食材を揃えて料理を作る。キッチンが備わった部屋に滞在できる、Airbnbならではの体験です。




ブダ側とペスト側、どちらに滞在する?

ブダペストの中心部は、大きくざっくりと2つのエリアに分けることができます。

ドナウ川をはさんで東がペスト側、西がブダ側です。同じブダペストの街ですが、それぞれ違った表情を持っています。このふたつはそれぞれ、鎖橋によって1849年に結ばれました。

 

ブダ側は、かつて中欧最大の都市として栄華を誇りました。エリアの大半が丘陵地帯となっています。王宮やゲッレールトの丘は街のランドマーク的存在です。

 

いっぽうペスト側は商業や政治を中心に発展し、平坦な土地が広がっています。繁華街が集まるにぎやかなエリアです。

ブダ側とペスト側、どちらに滞在するかによって、生活のスタイルにも影響してくるでしょう。

ブダペストのひとり旅でAirbnbのお部屋を探すなら、「ペスト7区」がおすすめです。

ヨーロッパでもっとも大きいドハーニ通りシナゴークの裏から、市民公園までを指します。古い集合住宅があつまり、ひとりや少人数での滞在にちょうどいい設備・広さのお部屋が多いのが特徴です。

地下鉄やトラム、バスも通るエリアなので、観光に便利です。

また、ペスト7区は、戦前にユダヤ人が多く住んでいたという歴史を持っています。戦時中にはゲットーがつくられていました。今でもシナゴークや、ユダヤ教の教えに基づいたメニューを提供するレストランなどがあります。日本にはなかなかない文化に触れることができるエリアです。

また、レストランやバーが多い繁華街という一面も持ちます。このエリアの廃墟の中庭部分にオープンしたバーは、混沌としていて異空間のような雰囲気が人気です。

オープンからすでに10年以上が経つ「シンプラケルト(Szimpla Kert)」は、今や廃墟バーの老舗のような立ち位置です。ひとりでグラスを傾けるお客さんも多く見かけます。このようなディープなスポットが好きなら、ペスト7区で過ごすのは退屈しないでしょう。

メイン通りのエルジェーベト環状通から東側は、レストランやバーの数が減り、静かな雰囲気の住宅街が広がります。街の喧騒から少し離れたところに滞在したい人におすすめです。

ペスト7区を歩いていると、ところどころでカラフルなストリートアートに出会います。古い集合住宅の壁に描かれているのは、ほとんどが市の許可を得て描かれたアートです。このエリアを彩る顔として、現地の人にも親しまれています。

日常のふとした瞬間を彩るアート作品があるのも、ペスト7区ならではです。



お部屋選びのポイント

ちなみに、ブダペスト中心部のAirbnbのお部屋には、このような特徴があることが多いです。

・建物自体は古いけれど、内部はリフォームされていて清潔
・建物の古さゆえに、エレベーターがないことも。自動ドアやアナウンスはないことが多い。階段は急で狭い
・部屋にたどり着くまでに、扉が2つ以上あることも。少々鍵のかけ方がややこしいことも
・バスタブがあっても、お湯をためて使うのには適さない
部屋のスリッパを用意したほうが無難
・ペスト7区の古い集合住宅には、中庭があることが多い(ユダヤ人が多く住んでいたことの名残)

こちらのお部屋は、ペスト7区にあるRekaさんというホストのお部屋です。ホストの隣の部屋を個室として利用しました。

バスルーム・キッチンは共用ですが、個室内に自分だけのリラックススペースが充実しており「暮らすように旅する」にはぴったりの場所でした。

この部屋のレポートはこちら。部屋を選ぶうえで知りたいポイントを、細かくレポートしました。↓

http://kajiyamashiori.info/budapestairbnb/

まとめ

Airbnbでブダペストに滞在するイメージ、わきましたか?

ほんと、ブダペストはAirbnbで長期滞在するのがぴったりな街です。日帰り旅行スポットも郊外にいっぱいあるし…!
まだ次の旅先が決まってないなら、ぜひエアビーで長期滞在するブダペストを検討してください!

え、まだエアビー使ったことがない?会員登録済んでない?
それなら画像をクリックして、エアビーに登録してみてください。

私カジヤマシオリからの紹介ということで、割引クーポンもらえるってよ。

ハンガリー旅行振り返り③【ホンマに物価安い】ブダペストの物価。

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です