【ハンガリー】手作りレモネードがおいしいカフェ!ブダペスト「Bench Cafe」

お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。

 

ハンガリーの首都・ブダペストでは、いくつもかわいいカフェに出会えました。

土曜の昼、ふらっと立ち寄った「Bench Cafe」はひとりでもゆったり過ごせるし、どの時間帯にもしっくりくる万能カフェ。

ブダペスト滞在におすすめしたい!おいしいドリンクにスープ、かわいいインテリアを紹介します。

 



おしゃれなドリンクが豊富!

 

私が頼んだのは、レモネード。ブダペストにいたときは、なぜかレモネードにハマっていたので。

「Bench Cafe」はドリンクメニューが豊富なカフェです。

コーヒーだけでも何種類もあったし、夜はカクテルも注文できます。

 

 

いざ注文してみると、超特大のレモネードがやってきました。

手作りです。レモン、ライムが皮付きのまま、ごろごろ入っています。

めっちゃ多いなと思ったら、なんと500mlもあるそうで。

こんなにあったら、飲み干すのかなり時間かかりますね…

 

対比のために手を添えてみた(笑)

きゃしゃでちっこいことで有名な私の手とはいえ、この大きさのグラスにたっぷり。

ひやっとした感覚が気持ちよかった。

 

 

飲んだ瞬間、身体をきりりとした冷たさが駆け抜ける。

甘さはほぼゼロ。だからこそ、レモンそのままのすっぱさを感じる。心地よい爽やかさです。

ライムもほどよく効いていて、夏にゴクゴクと飲み干したい!

 

この特大サイズで870フォリント(約435円)ですよ。

ソフトドリンクとはいえ、手作りのおしゃれなレモネードがこのお値段とは…!

大満足です。

 

 

ハンガリー名物「グヤーシュスープ」もあるよ

 

昼間に訪れたところ、朝食メニューを注文できませんでした。

朝食メニュー、いっぱいあったから心を躍らせていたんですが、しかたない。
ほかにちょうど良いメニューなかったから、ハムエッグ食べるつもりだったのにー。

 

ちょっとパニックになって、実は前日に食べていた「グヤーシュスープ」をセレクト。
他に読めるメニューがなかったから(笑)

基本的に外れがない印象だし、オーストリアで食べてもおいしかったので、注文。

 

 

赤くてかわいい鍋に入ってます。グヤーシュ色。

チーズ風味のふんわりパンと、パプリカのスライスつき。

もう、見た目だけで満足…!

鮮やかな赤色がインテリアに映えます。

 

 

ふたを開けると、赤色のおいしそうなグヤーシュスープ。

しっかり煮込まれて、野菜の旨味が溶け出した、という感じのスープ。

だから透明さよりもどろっと感があるよね。ホーロー鍋の内側も、柄になっていておしゃれです。

 

 

スプーンをつっこんで、具材の様子をうかがう。

じゃがいもはホクホクな食感が、見ただけで伝わってくる。角切りの牛肉もたっぷり入っています。

ニンジンは入ってなかったですね。

ニンジンのないグヤーシュスープ、なんだか新鮮。

食べてみても、野菜の旨味がぎゅってしていておいしかったです。

野菜のやさしい甘みと、パプリカペースト&パウダーの辛みが合わさって、なんとも素敵なフィーリングに。

レトルトで作ってるんじゃない、ちゃんとした手作りのおいしさでした。

 

やっぱり、グヤーシュスープはどこで食べてもおいしいよ。

ハンガリーの家庭料理、ソウルフード。

このおいしさにきゅんとして「日本でも作ろう」って踏み出したのです。

朝食メニューが食べられなかったら、グヤーシュスープを。



コンセプトは「ベンチ」。

 

「Bench Cafe」という名前のとおり、お店のコンセプトは「ベンチ」

カラフルでかわいいインテリアにこだわっています。

椅子ひとつひとつがベンチっぽいデザインで、鮮やかな緑色。

ふつうのベンチは長いこと座っているとお尻が痛くなるけど、お店だからちゃんとクッションがしいてありました。これで座り心地も文句なしです。

肌寒い秋に訪れたら、カラフルなブランケットも用意されていて嬉しかったです。へへ

 

お酒メニューも多いからか、スポーツ観戦ができる大きなテレビもありました。

サッカーや水球の大会の時期にはお客さんでいっぱいだろうな…

(ハンガリーはサッカーワールドカップにしばらく出場してないけどね…)

2階席もありました。

外から見たら大きいお店には見えなかったけど、少人数でワイワイするのにも雰囲気がよさそうです。

 

 

お店の外にテラス席もあったんだけど、人通りが多すぎてたぶんおちつかない…(笑)
何人かの仲間でワイワイ、ならしっくりきそうです。

もちろんカウンター席もあるよ。ひとりで飲むのもいいよね。

 

 

Wi-Fiつながる!観光の合間に◎

 

「Bench Cafe」は無料Wi-Fiがつながるカフェです。

 

特にパスワード等も必要なし!私もつなげてみましたが、わりとさくさくつながったので助かりました。

観光スポット巡りの合間に立寄ったので「次どこ行こうかな~」って計画するのの役に立ちました◎

 

せっかくだから、リアルタイムで母親にLINEした。

グヤーシュスープの写真送って「パプリカのスライスって食べるもの?」って謎の会話(笑)

こういうことを問題なくできるの、治安が良くてゆったりしてるブダペストならではだと思うんですよね。ふむ

 

空いてる時間帯なら、パソコン作業にもよさそうです。

空いてれば、ひとりで来ても4人掛けのテーブルに座れます。「好きなところに座って」って感じだった(笑)

観光スポットからも近いよ!私が泊まっていたアパートからも近くて、徒歩3分。

「Bench Cafe」のあるエリアは、観光スポットやシナゴーグだけでなく、集合住宅も多い。

ここで朝ごはんもよさそうだな…と妄想してしまった(笑)

 

 

土曜日には、カフェの入っている建物の中庭一帯で、雑貨マーケットが開かれていました。

ハンドメイドの雑貨も、ヴィンテージものもずらり。

とくに目当てのものがなくても、ふらふらしてるだけで楽しかったです。

 

ペスト7区でカフェをお探しなら、「Bench Cafe」をレコメンドしたい。

 

【ブダペストの朝ごはん】イチオシ!ペスト7区のおしゃカフェ「Cirkusz Cafe」

ペスト7区のおすすめカフェ、まだまだあります。

ブダペストではこのようなかわいいカフェが目白押しなので、

カフェ好きさん、街歩き大好きさんにおすすめですん

 

 

またブダペストの街中をふらふらしたいなあ…

 

 

「Bench Cafe」基本情報

 

「Bench Cafe」公式ホームページ

 

ランキング参加中!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です